テレビドラマ「チーム・バチスタの栄光」第11話(最終回)レビュー

第11話   「」            2008.12.23.O.A


 *内容は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。


本 内容

桐生は「ケース27」の術死は、自分の医療ミスによるものだと認めた。
容態の急変により急遽行われることになった次のバチスタ手術は、垣谷が初執刀することになる。

白鳥は、桐生の資料を見て何かに気づき、田口は医局で偶然、ある写真を見つけて驚愕する。それは病院のベッドで笑っている小学生ぐらいの女の子の写真。その写真に写っているマークは・・。すると背後から黒崎教授に写真を取り上げられ、人には触れられたくない過去だってあるだろと言われる。マークはサザンクロス病院のマークだった。

一方、オペ直前で垣谷が失踪、騒然となるオペ室。
『全てはサザンクロス病院から始まっていた』
互いの情報を持ち寄り、確信した田口と白鳥。ケース1とケース27のビデオを
改めて見直すと、医療ミスでないという事実がわかってきた。

氷室の殺人で、病院にはサクラテレビから取材要請。
高階は、スタッフの動揺を鎮めてくれるよう、藤原に頼む。

垣谷は屋上にいた。
そこへやってきた桐生が、「私にはオペはできない」という垣谷に「オペ室の患者を救えるのはあなたしかいない」と説得する。

10年前、サザンクロスで何があったのか?
そして、オペ室では垣谷が執刀医として、バチスタ手術を行う。

オペの様子を見る、白鳥、田口、桐生、黒崎。
桐生と鳴海は事前に切除範囲を決めていた。しかしケース27では別の部位を切っていた。
それは桐生の目のせいではなかった。
桐生の目を利用して、ミスを誘発させた可能性があると桐生にいう白鳥。

垣谷のオペは完璧だという桐生。

ケース27だけターニケットが長く、通常よりも心臓を大きく吊りあげていた。
すると心臓は回転して、通常見えている部分と違う部分が見える。
視野狭窄の桐生は、必要以上に回転していた心臓に気づかずに、別の部位を切ってしまったのだ。
必要以上に吊りあげられていたことが、意図的なものなら?

桐生は10年前、サザンクロス病院で、日本人の女の子の心臓移植手術を行っていた。
その女の子は、垣谷えみ。垣谷の娘だったのだ。
移植手術は成功したが、女の子は、後日、拒絶反応で亡くなっていた。

1年前、桐生が東城医大に招へいされた時、垣谷だけは、チーム・バチスタに入れてほしいとは言わなかったが、桐生に依頼された。桐生は、垣谷のことを覚えていなかった。
黒崎教授は、知っていて、チームに参加するのを止めていたが、垣谷は、参加した。

手術を続けている間に、垣谷は一流だと思っていた桐生の目に疑念を持ち、娘が死んだのは桐生の目のせいでないか?バチスタの成功は鳴海のおかげではないか?と思いながら、垣谷は続けていた。

そして、ケース27。鳴海が遅れていたが、オペの開始を急がせ、桐生の目がどうなのかを確かめようとした。心臓に集中していたメンバーの目をそらせ、3秒の間に、心臓をずらして、桐生を試したのだ。
患者が死ぬのがわかっていたのに、そのまま手術を続行した。
ということが、白鳥と田口の推論。

証拠はない。
真実は垣谷にしかわからないのだ。

そして、垣谷が執刀したバチスタのオペは成功した・・・。と思われたが、血圧が低下し、メンバーは慌てて対処しようとするが、垣谷の手は止まってしまう。

そこへ桐生がやってきて、鳴海に「バチスタ手術だけではだめだったのか?」と聞き、SAVE手術を行うことにする。自分にはできないという垣谷に、桐生が指示するという。「垣谷先生ならできます」という桐生に、垣谷はうなづき、SAVE手術が始まる。
鳴海が変性部位を見極め、垣谷が執刀。

チーム協力の元、進むオペを見ていた田口の目には、氷室や酒井が見えていた。

鳴海の見立てによる桐生の指示のもと、手術は成功。

倒れかけた垣谷を支え、「お疲れ様でした」という桐生。

オペ後、田口は垣谷に
「ケース27で、心臓をあそこまで吊りあげたのはなぜですか?」と聞く。

「桐生先生、本当に申し訳ありませんでした。あなたにミスを起こさせたのは私です。」と垣谷は言う。

「心臓が再鼓動しなかった瞬間、とんでもないことをしてしまったと後悔していた。」

そして「娘のオペの時、先生の眼は何でもなかったんですよね?」と桐生に確認した。

患者の娘が「パパを助けてくれてありがとう」と駆け寄る。なんとも言えない表情の垣谷。

一方、「心おきなく医者をやめられる」という桐生に「下垂体手術を受けて戻ってきてください」という田口。

5件の術死のうち、ケース27は垣谷の言葉だけなので、証拠不十分で垣谷は不起訴処分。垣谷は病院を辞めた。氷室が4件の殺人と思われたが、立証されたのは最後の1件だけだった。

「もう兄さんの背中を追いかけるのはやめる。アメリカに戻って病理医としてやりなおす」という鳴海に、ほほ笑む桐生。

田口が家でニュースを見ていたら、白鳥が出ていた。
ニュースキャスターは海堂尊!
白鳥はAiについて、話をしていた。

病院長に呼ばれた田口は、白鳥に厚生労働省の会議に出るよう言われる。
なんと、名刺には、白鳥の助手とあった。

そして・・・1通目の「術死は続くいつまでも・・」の怪文書は、白鳥が書いていた!
こういうのでもないと調査が続けられないでしょ、という白鳥にあきれる田口。

そして二人は「医療事故調査委員会」へ――。


救急車 

いやー、前回の前振り通り、真犯人は垣谷でしたね。

でも、この場合、真犯人ってのはちょっと違うかな?
未必の故意だもんね。

そして5件の術死のうち、氷室が4件もやっていたのね。
最後の1件だけかと思ってた。
もちろん立証されたのは最後の1件だけだから、実は残りの3件は違ってたり・・・??
ここが気になるところですが。

あと、怪しすぎた鳴海は、全然関係なかったですねー(^^ゞ

でも、最後のオペの終わり方は良かったですね。

チーム・バチスタが一丸となってオペを成功させました。
田口じゃないけど、感動しました。

海堂さん、どこに出てくるんだろう・・・と思っていたら、
最後のキャスターでしたね!!ほんとに特別出演だわ!!

で、なんとなんと
最後は、白鳥が「イノセント・・」に続く会議にぐっちーを出席要請!
えー、いきなり「イノセント・・」に飛んじゃうのね。
しかも、名刺とか作って、白鳥の助手の肩書きになってるし!!

続編は「ナイチンゲール」かと思っていたけど・・・。


期待以上に、盛り上がらせてくれた「チーム・バチスタの栄光」ドラマ。
非常に面白かったです!!


スポンサーサイト


海堂尊-テレビドラマ | 2008-12-23(Tue) 23:18:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2)
コメント
半信半疑で見始めたTVバチスタですが
終わってみればとても面白かったですね。

海堂さんの出演シーンも良かったですね^^
白鳥の肩書きを読んでいるときのたどたどしさは
素に見えたんですが・・・(笑)
2008-12-24 水  09:24:50 |  URL | ゴウ #- [編集]
> 半信半疑で見始めたTVバチスタですが
> 終わってみればとても面白かったですね。

私もあまり期待せずに、見始めたんですが
展開はかなり楽しめましたね。
ぐっちーは、やっぱり違和感残ってますが(^^ゞ

> 海堂さんの出演シーンも良かったですね^^
> 白鳥の肩書きを読んでいるときのたどたどしさは
> 素に見えたんですが・・・(笑)

かなりたどたどしくて、大丈夫?と心配してしまいました。
でも一言だけでしたね。
初のドラマ出演、緊張したでしょうねー。

2008-12-24 水  13:51:00 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説