「ナイチンゲールの沈黙」 海堂尊 著 レビュー

ナイチンゲールの沈黙ナイチンゲールの沈黙
(2006/10/06)
海堂 尊

商品詳細を見る




「ナイチンゲールの沈黙」 海堂尊 著 

本 内容(「BOOK」データベースより)
東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口公平に依頼する。その渦中に、患児の父親が殺され、警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。小児科病棟や救急センターのスタッフ、大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、事件は思いもかけない展開を見せていく・・・。

アヒル。 目次

第一部 天窓の迦陵頻伽(かりょうびんが)

 序章 剖検室の夜
 1章 病棟のナイチンゲール
 2章 酔いどれ迦陵頻伽
 3章 ドア・トゥ・ヘブン(天国への扉)
 4章 極楽病棟
 5章 オレンジの黄昏
 6章 廊下トンビの襲来
 7章 悪の華
 8章 ミニボトル・コレクション
 9章 屋上の貴公子
10章 天窓の黙示録
11章 がんがんトンネルの魔人
12章 吊し上げカンファレンス
13章 小児科愚痴外来
14章 暗闇の迷路
15章 ハイパーマン・バッカス
16章 デジタル・ハウンドドッグ
17章 隠密捜査
18章 地下室のカノン

第二部 ナイチンゲール・ラプソディ

19章 虚飾の歌声(ヴォイス・オブ・ヴァニティ)
20章 小児愚痴外来の異星人(エイリアン)
21章 火喰い鳥 vs. 電子猟犬
22章 デジタル・ムービー・アナリシス(DMA)
23章 マリアの肖像
24章 ふたりの歌姫
25章 マタイ受難曲
26章 曼珠沙華
27章 若き闘牛士(マタドール・ジャンヌ)
28章 幼き容疑者
29章 硝子の檻
30章 ラプソディの告白
31章 対決
32章 C'est la vie.(セ・ラ・ヴィ)
33章 La Mer(ラ・メール)
34章 堕天使と聖天使
終章  窓

全413ページ



海 読後レビュー。

海堂尊さんの第2作目。バチスタの続編という感じ。
田口&白鳥シリーズとしても2作目です。

場所は同じく、桜宮市 東城大学医学部付属病院。
世の中を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」から9ヵ月後のお話。

お馴染みの田口先生、藤原看護師、そして、白鳥調査官も加わり、事件に巻き込まれます。救命救急センターの責任者で将軍(ジェネラル)とよばれている、イケメンながら田口先生の同期の速水医師、さらに、白鳥の学友、警察庁エリートの加納警視正も登場。物語にまたまたスピンオフが出てきそうな人物登場です。

小児科病棟に勤務する浜田小夜は、レティノという眼のガン(網膜芽腫)の子供の担当。
牧村くんという中学生にしては大人びすぎている男の子とアツシくん5歳。
その子達のメンタルケアのため、田口先生が話を聞いているときに
牧村君の父親が殺された・・・という事件が起きた。

小夜の特技は歌うこと。小夜の歌はすばらしかった。
その歌に目をつけた人物、城崎。
城崎は水落冴子という有名な歌手のマネージャーで、冴子は、この病院に入院していた。
城崎と冴子は、小夜の歌に何かを見つけた・・。
島津は、小夜と冴子が歌を歌っている様子をMRIで見て、驚きを隠せなかった・・。

父親殺しと小夜の歌に何の関係があるんだろ・・と思っていたのですが
少しずつ種明かしされていきます。

牧村くんと小夜の関係、小夜の過去、田口先生と白鳥の名コンビ。
今回も、非常にスピード感のある文章と展開、面白い話でした。
ただ、最初から犯人がわかってて、そのどんでん返しがなかったのが残念かな。
登場人物も多かったし、それだけにあちこちの作品にリンクするんだけど。

実際ありえないような猟奇殺人に、共感覚という言葉。
ついていけない人も多かったようですね。

さて、これは第2作目で、第3作目が「螺鈿迷宮」」。
「螺鈿迷宮」への伏線がこの2作目にいっぱいあるので、順番に読むのがおすすめです。


<登場人物>

田口公平 : 不定愁訴外来担当(通称・愚痴外来)神経内科学万年講師 
         あだ名は「グッチー」「行灯」など

白鳥圭輔 : 厚生労働省大臣官房秘書課付技官 &
          医療過誤死中立的第三者機関設置推進準備室室長 
         通称「ロジカル・モンスター」「火喰い鳥」。厚生労働省の問題児。

高階権太 : 東城大学医学部付属病院院長。消化器腫瘍外科教授。

藤原真琴 : 不定愁訴外来看護師。ベテランで影の実力者。

オレンジ新棟

2F・小児科病棟

奥寺隆三郎 : 教授
副島真弓   : 助教授(レティノ・グループ)
内山聖美   : 医長
猫田麻里  : 看護師長 。いつも目をつぶって寝ているようだが、いざという時には頼りになる。
権堂昌子   : 看護主任
浜田小夜   : 看護師・オレンジの歌姫。彼女の歌を聞くと、皆、頭の中に映像が浮かぶ。

1F・救急救命センター(ICU併設)

速水晃一  : センター長。田口と同期で「ジェネラル」の異名を持つ。
佐藤伸一  : 講師 
花房美和  : 看護師長。猫田とライバル。
如月翔子  : 看護師。小夜の友人。迅速に的確な対応をする。

患者・ほか   

牧村瑞人  :  網膜芽腫患者。14歳(中3)。大人びていて、反攻的。
佐々木アツシ  : 網膜芽腫患者。5歳。 「~であります。」という軍隊言葉がかわいい。
杉山由紀  : 白血病で骨髄移植後。16歳(高2)。小児科病棟でお姉さん的存在。 
田中秀正  : そ径ヘルニア。10歳。 
牧村鉄夫  : 瑞人の父親。アル中。

水落冴子  : 伝説の歌姫。彼女の暗い歌を聞くと、皆絶望的になる。速水は大ファン。
城崎     : 冴子のマネージャー。昔、冴子と関係が。医学部中退。
          一世を風靡したバタフライ・シャドウのベーシストだった。

加納達也  : 桜宮警察署 警察庁刑事局刑事企画課 電子網監察室室長
          桜宮署に出向中の警視正。 白鳥の大学時代の友人。 44歳。
          モデルのような顔で長身。

玉村誠   : 桜宮警察署 警部補。加納の部下。

桜宮巌雄  : 碧翆院桜宮病院院長。


登場人物作品関連図はこちらをクリック!


●時期
2006年12月14日~26日(バチスタの時期を2006年としたため)

●用語(解説は後日アップします)


<メモ>

  *下記、ネタバレを含みますので、見たい方だけドラッグしてください。

・牧村瑞人の父親殺しの犯人は、浜田小夜。乱暴されそうになって、無我夢中でつかんだ時計で
殴ったのだ。その後、飛び込んできた瑞人が、自分の犯行にしようと父親を刺す。
小夜は、死体を解剖し、犯行時刻をごまかし、アリバイを作ったのだ。

・桜宮署の玉村は、でんでん虫(璧翆院桜宮病院)に出入りしていた頃、双子の美人女医(すみれとさゆり)意外に、若くてきれいな助手「マスク美人」がいた。どうやら、その「マスク美人」が浜田小夜らしい。

・小夜たちが城崎に連れられて行ったジャズバー「Black Door」。初めて水落冴子の歌を生で聞いた場所。「夢見る黄金地球儀」で小夜が歌うバーでもあり、「螺鈿迷宮」で天馬が行きつけのバー。

・牧村瑞人と浜田小夜は、「夢見る黄金地球儀」で4Sエージェンシーとして登場。

・佐々木アツシくんは、「医学のたまご」でスーパー高校生として登場。

・序章「剖検室の夜」は、桜宮病院・桜宮巌雄(「螺鈿迷宮」)が解剖している様子。

・加納と白鳥は大学同期。確率研究会(確研)で麻雀の確立研究をしていた。

・加納が桜宮警察署へ出向したのは、桜宮の不穏な動きを封じるため。この不穏な動きは、おそらく「イノセント・・」に続く、エーアイ・センター。でも、結局、加納が出向している間、エーアイ・センター設立への動きを阻止することはなかったですよね・・。

・小夜は瑞人が好きだった。瑞人は、由紀に恋していたようです。
小夜は、自分のために父親を殺した瑞人へ、さらに思いが募り、瑞人が両眼摘出手術を受けに行く時、自ら唇を重ねました。瑞人14歳・・・中学2年ですよ!!


スポンサーサイト


海堂尊-小説 | 2008-10-30(Thu) 13:32:07 | トラックバック:(1) | コメント:(10)
コメント
おじゃまします(^^;
城崎さんは桜宮病院の長男ではないでしょうか?巌雄先生と話してることがかぶるので・・。もうお気づきだったらすみません。
2008-11-22 土  01:45:58 |  URL | niko #- [編集]
はじめまして♪こんばんは♪
城崎さんは、桜宮病院の長男・・・!?
でも、確かに話がかぶる部分もありますね。
そして、医者の家で・・・。
そうかー。私、「ジーン・ワルツ」で出てきたマリア・クリニックのまりあ院長の旧姓が城崎だから、そっちの方の身内かと思ってました。桜宮病院だとすると、どうして城崎なんでしょう・・。桜宮じゃなくて。
まだまだ読み足りないですね(^^ゞ
再読してみます!!
nikoさん、教えていただきありがとうございます♪

2008-11-22 土  22:26:10 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
昨日『バチスタ』の方で、こちらのブログを紹介させて頂きたい、と願い出ました水無月・Rです。
早速のご快諾、ありがとうございます!
とても嬉しいです。

現在『イノセント・ゲリラの祝祭』を読んでおりますので、こちらの記事に紹介させて頂きますね。
それと、ブログのサイドバーに読書ブログさんのリンクを作ってますので、そちらにリンクを貼らせて頂きますね。

『ナイチンゲール』も、キャラ立ちまくりな登場人物たちが、所せましと暴れまくりで、とても楽しかったです。
2009-01-23 金  22:09:09 |  URL | 水無月・R #- [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-01-23 金  22:11:31 |  URL |  # [編集]
水無月・Rさん、こんばんは!

> 早速のご快諾、ありがとうございます!
> とても嬉しいです。

いえいえ、私も嬉しいです!

> 現在『イノセント・ゲリラの祝祭』を読んでおりますので、こちらの記事に紹介させて頂きますね。

ありがとうございます♪
今までとはちょっと色合いが違ってますが、伏線はりまくりの「イノセント」、お楽しみください!

> それと、ブログのサイドバーに読書ブログさんのリンクを作ってますので、そちらにリンクを貼らせて頂きますね。

はいっ!よろしくお願いします♪

> 『ナイチンゲール』も、キャラ立ちまくりな登場人物たちが、所せましと暴れまくりで、とても楽しかったです。

ですねー。なかでも、アツシくんがかわいくてたまりませんねー♪

2009-01-24 土  21:39:32 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
水無月・Rさん

> 早速トラックバックを、たくさん送って頂き、本当にありがとうございます。

水無月・Rさんのブログは、作家さんごとに記事をまとめて下さっているので、非常にやりやすくて一気にトラバさせていただきました!びっくりさせちゃいましたね(^^ゞ

> 私のほうからもお返ししたいのですが、ウェブリブログとFC2ブログの相性が悪いのか、うまくTBがつかないようです。(他のFC2ブログの方ともなかなかうまくTBできません(>_<))。
> 時間によって上手くつながることもあるようですので、複数回試してみます。重複することになってしまったら、申し訳ありませんが、削除をお願いします。

そうなんですね。難しいようでしたら、無理しなくてもいいですよー!!
お手数おかけしちゃって、すみません!!
2009-01-24 土  21:42:45 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
最近桜宮サーガにはまったのですが、こんがらがってしまうことも多々ありこちらにお世話になっています!
ところで小夜は桜宮の養子だったことがありますが、ということはおそらく城崎とは義兄妹になるのではないのですか?(華緒以外の城崎姉妹の息子ならいとこ?)とりあえず戸籍上は親戚になるのではないでしょうか。
海堂尊ファンさんのご意見を聞かせてください
2011-02-24 木  18:09:56 |  URL |  #- [編集]
   さんへ

お名前がなかったので、   さん(笑)、 はじめまして。

> 最近桜宮サーガにはまったのですが、こんがらがってしまうことも多々ありこちらにお世話になっています!
> ところで小夜は桜宮の養子だったことがありますが、ということはおそらく城崎とは義兄妹になるのではないのですか?(華緒以外の城崎姉妹の息子ならいとこ?)とりあえず戸籍上は親戚になるのではないでしょうか。
> 海堂尊ファンさんのご意見を聞かせてください

そうですね。桜宮家の養女だったので(現在はどうかわかりませんが)、城崎とは兄と妹の関係なのでしょうね。城崎はおそらく桜宮家の長男と思われるので、戸籍上(小夜が養女のままで、城崎が籍を抜けていなければ)は義兄妹ですね!
2011-02-24 木  20:21:24 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
4Sエージェンシーはアリアドネで城崎・牧村で出ましたよね。それとなぜ城崎なのかは歌手のプロデューサーだから仮名を使っている?
2013-03-23 土  13:16:39 |  URL | RAINBOW n700 #O.aEKX1E [編集]
RAINBOW n700さん

こんばんは。

> 4Sエージェンシーはアリアドネで城崎・牧村で出ましたよね。それとなぜ城崎なのかは歌手のプロデューサーだから仮名を使っている?

そうですね。「アリアドネ」では牧村も4Sエージェンシーでした。城崎は仮名使ってましたっけ?
2013-03-23 土  22:52:57 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2008/12/22 17:22 | 初心者のための読書ガイド | 海堂尊『ナイチンゲールの沈黙』 今回は海堂尊『ナイチンゲールの沈黙』です。 『ナイチンゲールの沈黙』は『チームバチスタの栄光』に続く、田口・白鳥シリーズの二作目です。 文庫版上下巻のカバーから抜粋 「第四回『このミス』大賞受賞作、300万部を突破した大ベストセラー『チームバチスタの?...


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説