FC2ブログ

『コロナ黙示録』 海堂尊 著 レビュー



コロナ黙示録

本 内容(「BOOK」データベースより)

豪華クルーズ船で起きたパンデミックと無為無策の総理官邸。病院で起きていること。混乱する政治と感染パニックの舞台裏!世界初の新型コロナウイルス小説。桜宮市に新型コロナウイルスが襲来。その時、田口医師は、厚労省技官・白鳥は―そして“北の将軍”速水が帰ってくる!世界初の新型コロナウイルス小説!

単行本: 384ページ
出版社: 宝島社 (2020/7/10)


アヒル。 目次

1章  田口、作家になる    2019年11月 東城大学医学部付属病院・学長室
2章  イケメン内科医      2019年11月 東城大学医学部付属病院・不定愁訴外来
3章  北の城塞         2019年12月 北海道・札幌
4章  政策集団・梁山泊    2019年12月 銀座・麒麟タワー十階・「梁山泊オフィス」
5章  廊下イーグルの文才  2019年12月 東城大学医学部付属病院・不定愁訴外来
6章  札幌雪まつり       2020年2月 北海道・雪見市救命救急センター
7章  五輪狂騒曲        2020年2月3日 銀座・麒麟タワー十階・「梁山泊」オフィス
8章  大宰相・安保宰三    2010年代 永田町・首相官邸及びその周辺
9章  検疫争議         2020年2月  霞が関・合同庁舎5号館
10章 ダイヤモンド・ダスト   2020年2月 横浜港・クルーズ船船内
11章 ナパーム弾投下     2020年2月 横浜港・クルーズ船ダイヤモンド・ダスト号船内
12章 光冠の肖像        2020年2月 北海道・雪見市救命救急センター 
13章 檻の中の将軍      2020年2月 北海道・雪見市救命救急センター 
14章 シンコロ対策本部・イン・桜宮  2020年2月 桜宮・東城大学医学部付属病院黎明棟
15章 ナパーム弾、桜宮に炸裂す   2020年2月 桜宮・東城大学医学部付属病院黎明棟
16章 北海道・緊急事態宣言発令   2020年2月 北海道・雪見市救命救急センター 
17章 大宰相と女帝       2020年2月 東京・首相官邸
18章 いのちの選別       2020年3月 桜宮・東城大学医学部付属病院オレンジ新棟
19章 星に祈れ          2020年3月 桜宮・東城大学医学部付属病院オレンジ新棟
20章 小さな英雄         2020年3月10日 桜宮・赤星邸
21章 地方紙ゲリラ連合    2020年3月10日 桜宮・時風新報編集部
22章 潜入・梁山泊        2020年.3月17日 銀座・麒麟タワー十階・「梁山泊」オフィス
23章 令和冷春          2020年3月 東京・首相官邸
24章 梁山泊始末記       2020年5月15日 銀座・麒麟タワー十階
終章 いちごの季節        2020年5月29日 桜宮・アグリパークいちご園



海 読後レビュー。

*若干のネタバレ含みます。ご承知の上、ご覧ください。

世界初の新型コロナウイルス小説は、桜宮サーガ豪華メンバー全員集合でした!!
今回は主要登場人物が最初に記載されているので、その名前を見ただけで、「おーーーーーーーーーーっ」と鳥肌が立ちました。

現在の日本のそのままの状況で、桜宮に北海道、東京が舞台となった物語は、とっても面白かったです!
「チーム・バチスタ」や「極北」シリーズから年月が経ち、彼らの背景も変わり、それぞれが成長したり、あぁ物語の中で時が動いている・・・と感じました。

物語の軸は今の日本で起きていることです。
いつものメンバーに加え、首相官邸メンバーや都知事など、違った名前にしているものの、読んでいれば、その人が浮かびます。フィクションですが、ノンフィクション部分と混じり合い、え?これ本当?と思うようなことも。

始まりはいつも通り、田口が高階学長に呼び出されるところから。
「作家になりませんか?」
とwebサイトでの執筆を依頼します。
新連載のタイトルは「イケメン内科医の健康万歳」(笑)
驚いたことに田口が世間から見たら「イケメン」の部類に入ると皆が認めていました。
そうだったのか。ぐっちー。イメージを改めなければ!
そして当然、これは白鳥からの依頼でしたが、その裏には厚労省や首相の事実を暴露するという理由がありました・・・。

そんな中、新型コロナウイルスが日本を襲い、打つ手打つ手が愚策の官邸や厚労省を尻目に、白鳥が大活躍。

東城医大では田口が新型コロナウイルス対策本部の委員長に任命されます。
白鳥の差配で新型コロナウイルス患者が発生したダイヤモンド・ダスト号に乗り込み、ゾーニングなど基本的な対策が全くできていないことを動画で配信した名村教授が東城医大で指揮。ダイヤモンド・ダスト号の養成患者を受け入れて新規感染者を一人も出さない「桜宮モデル」を確立しました。
いつも思うんですが、田口って三国志の劉備みたいですよね・・・。周りの優秀な人に支えられてトップに立つ人徳者。
今回も名村教授、優秀な如月師長や若月師長(「黎明」で登場したホスピス棟の看護師)、それに姫宮、シオンまで!

北では将軍・速水のいる雪見市救命救急センターで医師・大曾根が新型コロナウイルスに感染。
極北市民病院長・世良と連携し、患者受け入れ態勢を整えました。
速水も陽性を疑われる中、大きな決断をし、なんと、東城医大に!!びっくり!
久しぶりに帰ってきた速水。懐かしの面々とのやりとりもファンには嬉しいものでした。
世良とのやり取りの中では、「奥さんは元気にしているか?」と切ない会話もありました。
「ナニワ・モンスター」で活躍した喜国さんは蝦夷大学に行っていて、なんと、「8割パパ」となってました。
「8割おじさん」がモデルですね・・・。
保阪看護師が新型コロナウイルスに感染した自分の祖母と大曾根の命の選別に立ち会った時の辛さ、周囲の意見など、今回外国では医療機器不足でこういった選別がずっと行われているのかと思うと、心が痛みます。

「スカラムーシュ・ムーン」で失脚した村雨や彦根も立ち直り、政策集団・梁山泊を設立していました。
白鳥や鎌形も属しているんですが、その最初の目的は有朋学園問題で自殺した職員の無念を晴らすということだったんです。
時風新報の別宮、日高弁護士の2人が活躍するんですが、梁山泊がそれにどういう支援ができていたのかはよくわかりませんでした。資金があるのは納得。
そうそう、彦根の言葉遣いに違和感が。
「うげ」「げぇ」「うわ」とか言う人でしたっけ?
絶対そういうこと言わない人のイメージでした。失脚して人が丸く?なったんでしょうか。

新型コロナウイルス関連だけではなく、ちょうど今週、現実でも森友学園問題で自殺した近畿財務局元職員の奥様が損害賠償を求める裁判が始まり、ニュースになっています。
物語では、日高が弁護を務め、戦うことになり、現実とシンクロしていて、本当に何が事実で何がフィクションかわからないほどです。

そして、今回の物語が、今までのものと違うのは、医療現場の戦いと政権内の状況、政権批判が交互に描かれているところかと思います。
「イノセント・ゲリラ」でも痛烈に厚労省批判をしていましたが、それとはまた違い、首相個人やその周囲もターゲットとして、
面白おかしく描いているものの、かなり痛烈です。手厳しいというより、少しバカにしている?というか(^^;
名前は現実の方の名前をもじっているし(安保首相)、首相夫人の「なかよし会」、お友達を大切にするなど、本当にこういう方なのかな?と
正直、これ大丈夫?潰されへん?と心配してしまいましたよ。
この部分が激烈なため、
政権を支持していない方には、物語の面白さがプラスされ、
政権を支持している方は、全く受け入れないかもしれません。
物語の面白さがマイナスされないためには、この政権批判部分はフィクションとはいえ、もう少し減らして、医療側の部分をもう少し足してもよかったかも。
あー、どうかな。反対に激烈部分が話題になればいいのかな。

せっかくの桜宮サーガ豪華メンバー大集合のお話で、世界初の新型コロナウイルス小説。
多くの皆さんに手に取ってほしいです。

私は、新型コロナウイルス関連の知識(ECMOのこともよく理解しました!)も身についたし、物語自体はとても面白かったです!

本当に大切なものが何か。
このコロナ禍でそれに改めて気づきました。
忙しい現実に追われて、蔑ろにしていた大切な人・大切なものを失わないよう
毎日を大切に生きていきたいと強く思いました。



スポンサーサイト



海堂尊-小説 | 2020-07-16(Thu) 11:54:09 | トラックバック:(0) | コメント:(4)
コメント
管理人さん、こんにちは。

レビュー楽しませていただきました。
今回は本当に桜宮現代編のオールスターですね。
「そう言えば、桜宮サ-ガの人物に内科医はいないけど、どうするんだろう?
まさか行方不明のあの落第生?」と思いつつ一気読みしました。(出なかった。残念です)

おっしゃるように、話の重心が昔の「人を治さねば(渡海先生)」から
「国を治さねば(彦根)」に傾いてきて、現場の方々の話が二の次に見えるのは
少々淋しい気がします。

Amazonレビューの中の(もしかして第1・2章は読者へのメッセージですか?)が
妙に引っかかります。

それにしても、世良先生のハーレーは頑丈ですね。少なくとも30年物(笑)
2020-07-17 金  20:03:37 |  URL | Caseone #- [編集]
Caseone さん

こんにちは♪
返信が遅くなりました(^^;

> 「そう言えば、桜宮サ-ガの人物に内科医はいないけど、どうするんだろう?
> まさか行方不明のあの落第生?」と思いつつ一気読みしました。(出なかった。残念です)

えーっと、えーっと、あの落第生って誰だっけ??もしかして天馬君ですか?
そういえば、天馬君、どうなったんでしょう・・・。すっかり忘れてました。その後の話のどこかで出てきてもいいのに。

> おっしゃるように、話の重心が昔の「人を治さねば(渡海先生)」から
> 「国を治さねば(彦根)」に傾いてきて、現場の方々の話が二の次に見えるのは
> 少々淋しい気がします。

話の重心が「人を治さねば」から「国を治さねば」に傾いてきているとは、うまい表現ですね!!

> Amazonレビューの中の(もしかして第1・2章は読者へのメッセージですか?)が
> 妙に引っかかります。

レビュー見ましたが、あれ、どういう意味かはっきりわかりません。
「テレビは本当のことを・・・」ってところですかね??

> それにしても、世良先生のハーレーは頑丈ですね。少なくとも30年物(笑)

本当に(笑)大切にされてるんでしょうね。
2020-07-27 月  10:22:35 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
海堂尊ファンさん、こんにちは(^^)。
リアルタイム過ぎて、動揺しながら読んでしまいました。
コロナのことも現政権の酷さも色々と思うところあったのですが、何より〈田口センセがイケメン枠〉に驚愕しました(笑)。
あと、速水がいつも最終局面で女性においてかれてしまうとか(笑)。

どうもキャラ読みが過ぎてるなぁ。でも、キャラ読みは止められません。
そんなキャラ読み派には情報過多な作品でしたね!重要人物がどんどん出てくるし、色々な「知られざる情報」の公開もありましたし。そういう意味でも、大満足でした。

物語終了(2020年5月末)から3カ月たった今現在、首相交代もありリアルも日々更新していますが、それを切り取って物語化してくれた海堂さんに感謝!ですね。

https://mina-r.at.webry.info/202008/article_3.html
2020-09-03 木  11:51:11 |  URL | 水無月・R #- [編集]
水無月・Rさん

お久しぶりです!こんにちは!

>何より〈田口センセがイケメン枠〉に驚愕しました(笑)。

本当にビックリしましたね(笑)長年、頭の中で描いていた顔のイメージが(笑)

> あと、速水がいつも最終局面で女性においてかれてしまうとか(笑)。

そういう星の下に生まれついているんですねぇ。それはそれで将軍らしいですね。

> そんなキャラ読み派には情報過多な作品でしたね!重要人物がどんどん出てくるし、色々な「知られざる情報」の公開もありましたし。そういう意味でも、大満足でした。

うんうん!私もキャラ読み派なので、とても楽しませていただきました!

> 物語終了(2020年5月末)から3カ月たった今現在、首相交代もありリアルも日々更新していますが、それを切り取って物語化してくれた海堂さんに感謝!ですね。

首相が辞任されるとはねぇ・・・。物語終了時には思ってもみませんでした。
日々情勢が変わり、自分たちの生活も1年前とは大きく変わって、
コロナも少しずつインフルエンザや風邪のように、誰でもかかる普通の病気になっていくんでしょうね・・・。
「その時を切り取る」って、事実報道やノンフィクションだけでなく、こういった物語として残していくのも大切な気がします。
2020-09-04 金  10:30:05 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説