TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第1話レビュー

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第1話レビュー


TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第1話  2018.4.22OA

本 内容(TBS公式HPより抜粋)
東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)によって、難しい心臓手術が行われようとしていた。三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎啓介教授(市川猿之助)もこの手術を見学、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)や医療ジャーナル誌編集長・池永英人(加藤浩次)も注目する手術だ。そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。医師たちが対応にあたるが状態は悪化、研修医の世良雅志(竹内涼真)や新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。そんなとき、手術室に一人の男が現れる。同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、鮮やかなオペをしてみせるが…。


 *以下は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。

救急車レビュー
第1回目、これからが期待できる内容でしたね!
二ノの渡海、原作のイメージとは少し違いましたが、ドラマの渡海をしっかり演じてましたね。
そんなに体は大きくないのに、存在感がすごかったです!
表情、目線、しぐさ、歩き方、手術シーンから、助けてやるから金を出せという悪い奴なのに医師としてまっすぐなところも伝わります。
めっちゃ楽しみになってきました。
佐伯教授役の内野さんはちょっと抑えた演技ですが、やはりすごみがありますね。
原作の佐伯教授と渡海の関係性とはちょっと違うイメージで、渡海は佐伯の言うことを素直に聞いてる感じですが
ブラックペアンの秘密は原作と同じなんでしょうか・・・。

世良役の竹内涼真くんはいかにも新人で、頼りないけど誠実で、今後どのように成長するかも楽しみです。
花房役の葵わかなさんは可愛い♪なかなかいいですね。
猫田役の趣里さんは水谷豊さんの娘さんとのこと。原作ではもっとつかみどころがない感じですが、ドラマではできる看護師ですね。
そしてシーンの端々にちょろっと登場するムーミンに似てる森田甘路さん、なんと田口先生でした!
世良が研修をするので、まだ医学生のはずなのですが、ドラマでは世良と同期の研修医になってましたね。
速水や島津も出てますが、なんと島津は女性になってます。木下も治験コーディネーターで女性になってるし、
設定はちょっと違うようですね。
高階役の小泉さんは、切れ者のように見えたのになぁ。まさかの脾動脈瘤見逃し。
渡海の腕の良さはわかったけど、今後どういう展開になるんでしょう。
要求したお金はどこに消えてるんでしょう?まさか速水と同じ・・・?
 
第1話は主要キャラクター以外に、登場している人が多かったですね。医療系のドラマは仕方ないのかな。
今後は、もっと主要キャラに焦点が当てられて物語が進むのでしょうが
どうなるのか楽しみです。

公式サイトの山岸先生の医学解説は、とてもためになりました。
あぁあの手術ってそういうもので、そんな難しいものなんだ・・・とか
これを読むとドラマをもっと楽しめること、間違いなし!


「ブラックペアン」 第1話あらすじはこちら
スポンサーサイト


海堂尊-テレビドラマ | 2018-04-23(Mon) 23:33:50 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説