「オレンジの星座」(野性時代第162号掲載)レビュー!

「オレンジの星座」(野性時代第162号掲載)レビュー!



小説 野性時代 第162号 2017年5月号

本 内容
桜宮サーガのスピンオフ。看護師の如月翔子は手術を拒否し続ける少年の「南十字星を見たい」という願いを叶えるべく奔走する。田口・白鳥コンビも登場!

「オレンジの星座」は上下版で22ページ
出版社: KADOKAWA/角川書店 (2017/4/12)


海 読後レビュー

小夜の事件、そして速水と花房が去ってから1年後の話。
オレンジ新棟では佐藤が救急部ユニットの部長代理となり、猫田が救急と小児病棟の師長を兼任。
如月は救命救急部の主任に昇格、小児病棟の看護師長もどきを兼任。
毎年恒例のクリスマスパーティの準備をしている時期のこと。

今回の少年は中学生の村本亮くん。天文マニアの中学生。髄膜腫で入院しており、手術で摘出すれば治る病気なのに手術を拒否している。手術を受ける気持ちになれるよう、如月たちスタッフはクリスマスの願い事を叶えようとしていた。

「南十字星を見たい」
その願いのために、便利屋の城崎に依頼する如月。
なんと城崎はあの事件の1年後にもう便利屋を開業していたんですねぇ。
城崎の便利屋と言えば、そう、あの彼も登場です!

猫田の昔話も出てくるし、そこにあの人!の姿も垣間見えて、桜宮サーガファンにはたまりません。
願い事のために必要な費用は、白鳥が捻出。
さすができるお役人。ただ、お役所なのに2週間くらいの期間でよくオッケーがでましたね(^^;
そこがロジカルモンスターの白鳥ならではの仕事ぶりなんでしょうね。

ところで、城崎のふりがな・・・「きのさき」ってなってたけど、「しろさき」ですよね・・・・?

<登場人物>

田口公平 : 不定愁訴外来担当(通称・愚痴外来)神経内科学万年講師 
         あだ名は「グッチー」「行灯」など

白鳥圭輔 : 厚生労働省大臣官房秘書課付技官 &
          医療過誤死中立的第三者機関設置推進準備室室長 
         通称「ロジカル・モンスター」「火喰い鳥」。厚生労働省の問題児。

高階権太 : 東城大学医学部付属病院院長。消化器腫瘍外科教授。

オレンジ新棟

オレンジ新棟

猫田麻里  : オレンジ新棟総師長。
如月翔子  : 救命救急部ユニット主任。小児病棟の看護師長もどき。
森野弥生  : 看護師。
佐藤伸一  : 救命救急部ユニット部長代理。
副島真弓   : 小児科助教授。

患者・ほか   

村本亮   : 髄膜腫患者。中学生。天文マニア。
牧村瑞人  :  元網膜芽腫患者。今は城崎の助手。
城崎     : 便利屋。

*名前のみ
浜田小夜  : 元小児病棟看護師。
速水晃一  : 元救急救命センター長。「ジェネラル」。
花房美和  : 元救急病棟看護師長。
水落冴子  : 伝説の歌姫。彼女の暗い歌を聞くと、皆絶望的になる。速水は大ファン。
藤原真琴 : 不定愁訴外来看護師。ベテランで影の実力者。
奥寺隆三郎 : 小児科前教授。
権堂昌子   : 看護主任
スポンサーサイト
海堂尊-小説 | 2017-05-23(Tue) 13:17:58 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説