スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

「イノセント・ゲリラの祝祭」 海堂尊 著 レビュー

「イノセント・ゲリラの祝祭」  海堂尊 著

本 内容
東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者で、万年講師の田口公平は、
高階病院長から呼び出され、厚生労働省主催の会議に出席するよう言われる。
「チームバチスタの栄光」などに続く、田口・白鳥シリーズ最新刊。

アヒル。 目次

第一部 ・・・ 回廊の迷い人
 序章 賢人と街人     
 1章 神々の楽園              8/25
 2章 降りかかった災厄          12/13
 3章 廊下トンビの献身          12/14
 4章 がんがんドンネル魔人の講釈   12/14
 5章 隣席のストレンジャー        12/20
 6章 厚生労働省の歩き方        12/21
 7章 『モデル事業』の落日        
 8章 上州大学医学教室教授・西郷綱吉
 9章 ミスター厚生労働省・八神直道
10章 国策論争
11章 ひねくれ彦根
12章 火喰い鳥の暗躍
13章 泣き虫医政局長・坂田寛平     12/24
14章 静かなる顔合わせ           1/18
15章 無声狂犬(サイレント・マッドドッグ)  3/2
16章 過去の残像                3/25
17章 ハンブルクのヴォルフガング(狼)   4/16
18章 ミラージュ・シオンの帰還        4/25

第二部 ・・・ イノセント・ゲリラの咆哮
19章 火喰い鳥の退場             4/28
20章 警察医・デッドエンド           4/30
21章 プリンス高嶺               5/12
22章 遠来の旧友                7/14
23章 フィクサー・ヒコネ
24章 田口、奮闘す               8/13
25章 ヒコネ・ホーミング
26章 ミスター厚生労働省・八神の背信   8/23
27章 霞ヶ関の月旦(げったん)        8/26
28章 欧州からの突風(ダウン・バースト)  9/20
29章 死因究明事務所         
30章 姿を見せないヒロイン          10/25
31章 破壊神降臨
32章 司法と医療の分離をめざして
33章 イノセント・ゲリラの咆哮
34章 火喰い鳥の飛翔
35章 海風の行方                10/26


単行本: 373ページ


海 読後レビュー。

田口・白鳥シリーズ第4弾!海堂作品としては10作目。

今回は、ミステリー要素はなかったですね。
ただひたすら、今まで海堂先生が、言い続けてきたテーマがまさに、この本のテーマでした。

先日、「死因不明社会」を読んだばかりなので
この本は、その続き、もしくは小説版・・という感じで、違和感なく入り込めました。


舞台は、「螺鈿迷宮」から半年後、バチスタからは2年後です。
東城医大の隣には、来年着工される20階建ての超高層病院、通称「ホワイトサリー」が見えます。
またここを舞台に物語が始まるんでしょうね。

さて、いつも通り、高階病院長に呼び出される田口先生。
厚労省のロジカル・モンスター、白鳥からご指名で、会議に出席を要請されます。

で、この会議は、2年前から、厚生労働省主導で行われている、
医療関連死モデル事業の一貫。
厚労省の偉い役人や、各方面の識者が集まって
「医療事故調査委員会」を創設検討することになってました。

厚労省内のやり取り、会議の一方、
「ナイチンゲールの沈黙」で登場した、白鳥の大学時代の同期、加納警視正も玉村警部補と一緒に登場。こちらは、桜宮市で発生した、宗教法人「神々の楽園」の信者リンチ死事件を担当。
これが、「「医療事故調査委員会」の創設検討の発端でもありました。

医療問題が多発している今、早急な対応が臨まれるにも関わらず
歪んだ医療行政に危機感を持たない厚生労働省と
崩壊しかけている医療現場に目を向けようとしない教授たち。
「死因究明」に「エーアイ」を使おうと言うと、解剖派から反対に遭い、
一向に進まない会議。

しかし、白鳥、そして彦根が現在の腐った医療制度をぶっこわそうとしてます。
今回はその宣戦布告みたいな感じかな。

田口先生の役回りは、いつでも同じ感じ。
でも、きめるところは決めてくれます。
しっかり物事を見極めてうまく治めてくれちゃう頼もしい役どころ。
白鳥も彦根も、そして、八神や西郷、シオンまでもが
田口先生の不思議な魅力(?)にはまっていくようです(笑)

そうそう、何度も出てくるのが、「北」

あの「ジーン・ワルツ」で出てきたマリア・クリニック院長の息子、三枝久広の事件。
これが司法と医療の崩壊のキーになっているようです。
今、姫宮が潜入捜査を命じられているそうな。

ということは、次回作?!・・っていうか、「極北クレーマー」?(ネタバレメモへ)

それ以外にも、今作には、これからの作品への広がりを感じさせる部分が多いので
要チェックです!


今回初お目見えも多いですが、
意外だったのが、白鳥の上司、坂田局長!(名前は何度も出ていますが)
関西弁のおっちゃんキャラです。
えー、坂田局長ってすごいスマートなエリートのイメージだったんだけど・・・
と違和感を覚えながらも、なかなかの好印象でした。

それに、白鳥のこれまた同期のミスター厚労省・八神。末は事務次官と言われているエリート。
白鳥の同期って、みんなすごいなぁ・・・。

そしてそして、この本の準(?)主役でもある、房総救命救急センターの病理医・彦根新吾。
・・・彦根・・??どこかで・・??

と思ったあなた!下記のネタバレメモへ!(笑)

この彦根とシオンの関係も気になります。シオン、どこかで出てきたっけ?
いやー・・・・出てないはず・・・。


<登場人物> 

東城大学医学部付属病院

田口公平 : 不定愁訴外来責任者(通称・愚痴外来)神経内科学万年講師。
        東城医大リスクマネジメント委員会委員長。厚労省の会議に招へいされる。

高階権太 : 東城大学医学部付属病院院長。消化器腫瘍外科教授。
         小柄なロマンスグレー。50代半ば。

藤原真琴 : 不定愁訴外来専任看護師。

兵藤勉   : 神経内科学教室助手兼医局長。「廊下トンビ」情報通。

島津吾郎  : 放射線科教室准教授。田口の同期。エーアイ・センター設立準備担当。
          国際的に名が通った臨床研究者。

名前のみ登場
佐伯清剛
速水晃一
三船事務長
鳴海涼
曳地委員長
笹井教授

厚生労働省  
 
白鳥圭輔 : 医療過誤死中立的第三者機関設置推進準備室室長 
        通称「ロジカル・モンスター」「火喰い鳥」。厚生労働省の問題児。

坂田寛平 : 厚生労働省医療政策局局長。白鳥の上司。関西弁。
         黒縁めがね。口ひげ男。泣き虫。

八神直道 : 医療安全啓発室課長。厚生労働省の次世代のエース。
        帝華大卒のエリート官僚。
        「ミスター厚生労働省」。白鳥の同期。 特技は「リスク回避」。
        座右の銘は「無味無臭、無為無食」

細井寛之 : 厚生労働省事務次官

姫宮    : 白鳥の部下「氷姫」。厚生労働省主席で入省した超エリート。
         現在、極北市で潜入捜査中。

*名前のみ
袴田局長 : 大臣官房秘書課付、坂田の上司。
鴨下局長
岩根事務次官 : 2年前の厚生労働省トップ。
砂井    : 白鳥の部下になる予定
剣崎太郎 : 参議院議員。白鳥より10歳下の元厚労省官僚。

医療事故調査委員会・創設検討会メンバー

田島勇作 : 相模原大学法学部教授。「医療関連死モデル事業」から一貫して座長を務める。

日野真人 : 帝華大学法学部教授。元長崎高検検事長。

小倉勇一 : 医療事故被害者の会代表。
        「バチスタ・スキャンダル」の唯一事件と認められた被害者の遺族。

田辺義明 : 墨江総合法律事務所所長。

高安秀樹 : さくら新聞論説委員。

浅井貞吉 : 帝華大学医学部付属病院心臓外科教授。

相川太一 : 日本医師会常任理事。

西川洋子 : NPO法人「ペイシェント・バイスタンダーの会」理事長。

西郷綱吉 : 上州大学医学部法医学教室教授。(上州大は群馬県)帝華大出身。
         東京都監察医務院非常勤職員。
         太目の体型と太い眉。田口の第一印象は「怒れるパンダ」。 30代前半。
         香水男。 「医療事故調査委員会創設検討会」ではアドバイザー
         名前の由来は、父親が可愛がっていた土佐犬の名前。土佐闘犬界では
         生涯無敗、永世横綱だった。

田村幸三 : 帝華大学医学部病理学科教室教授。
        「医療関連死モデル事業」の参加者。
        「医療事故調査委員会創設検討会」ではアドバイザー。

片岡徹審議官 : 警察庁から、アドバイザーとして参加
栗岡誠参事官 : 法務省からアドバイザーとして参加



警察庁・桜宮警察署

北田錠一郎 : 警察庁刑事局局長

斑鳩芳正 : 警察庁刑事局新領域捜査創生室室長。「無声狂犬(サイレント・マッドドッグ)」
        桜宮警察署に出向し桜宮署広報課室長を務める。

加納達也  : 警察庁刑事局刑事企画課電子網監察室室長。 警視正。
          「電子猟犬(デジタル・ハウンドドッグ)」
          桜宮署に出向中の警視正。 白鳥の大学時代の悪友。
          「神々の楽園」事件後、出向から2年たち、本庁に戻った。

玉村誠   : 桜宮警察署 警部補。加納の部下。

老刑事   : ごましお頭。あと半年で引退。
若い刑事

戸山署の鈴木署長 : 神々の楽園の所在地の管轄警察署長。

<その他>

彦根新吾 : 房総救命救急センター診断課・病理医。
        「ひねくれ彦根」「医療界のスカムラージュ(大ぼらふき)」「クラッシャー」
        中肉中背。銀縁眼鏡。地味だがよく見ると端正な顔立ち。

クリフ・エドガー・フォン・ヴォルフガンフ  : ジュネーブ大学画像診断ユニット教授

桧山シオン :  ジュネーブ大学画像診断ユニット准教授。
          ドイツで欧米版のAi「ヴァートプシー」の技術の研究をしている。
          「ミラージュ・シオン」

高嶺宗光 : 内閣府主任研究官。財務省から内閣府に出向中。白鳥と同期。
        「プリンス高嶺」

小原    : 文部科学省。白鳥と同期。

別宮葉子 : 時風新報社桜宮支所社会部主任(補佐から出世)。27歳。
        「神々の楽園」信者リンチ事件について記事を書いている。
須永医師 : 「須永整形外科医院」院長。神々の楽園事件で、警察医として心不全と判断。
        のちに、警察医指定を取り消される。

<神々の楽園>
中村清子    : 神々の楽園の信者
中村浩昌    :  〃
中村和敏    : 清子と浩昌の息子、12歳。突然死。
老婆    : 和敏の祖母。和敏の火葬を阻止し、原因を調べさせようとする。
浅沼岳導 : 神々の楽園の教祖。教導善師。逃亡先のフィリピン・マニラ郊外で拘束される。
         本名・田中久夫
日上導師 


登場人物作品関連図はこちらをクリック!

●時期
(おそらく)2007年8月25日~2008年10月26日まで

<メモ>
 
  *以下内容的にネタバレ含みます。見てもいい人はカーソルでドラッグして下さい。


・8月の神々の楽園での12歳の子供の突然死は急性心不全とされたが、加納と玉村が東城医大で、遺族による承認解剖をさせたら、内臓が破裂していた。大量出血による外傷性ショック死。
司法解剖に切り替え、神々の楽園教壇に強制捜査を執行。本庁に頼んで帰還を延ばした。
12月4日、別宮葉子によって、桜宮警察の初動捜査ミスが暴かれ、記事にされた。

・東城医大付属病院の隣に建設される20階建ての超高層病院。通称「ホワイト・サリー」。2年後に完成予定。上層部にVIP病室を多数設置。12階以上すべてが、現在1室だけ存在するVIP特室「ドア・トゥ・ヘブン」と同じになる。「ドア・トゥ・ヘブン」は希代の名院長、佐伯清剛総剛外科学教授が教授の反対を押し切って設置した。

・厚労省から東城医大に解剖を土台とする「モデル事業」の一員に加わらないかと打診を受けた。
厚労省の会議で、エーアイ・センター背う率を画策している非主流派(白鳥たち)が東城医大の現状を説明するように要請し、高階から田口が依頼されたのだ。

・東城医大では、半年前に島津がエーアイセンター設立の準備を任されていました。
ミスター厚労省・八神も知らないうちに、白鳥からの要請で高階病院長が指示していたんですね。

・12月の時点で、碧翆院の火災から半年たつ。

・田口せんせが、高階病院長に呼び出されたシーンとか、
12章の12月20日ひかり422車中にて。ここ、どこかで読んだことあるわ・・と思っていたら
「東京都二十三区内外殺人事件」(『このミステリーがすごい! 2008年版』に収録)とかぶってました。そうかそうか。田口せんせが東京に向かうひかりの中で白鳥と会った後、こんなことがあったんだ・・・。そして、「イノセント・・」にもこの出来事が数行で書かれています(笑)
うまいですねー。海堂先生。

・田口の出席する検討会「医療関連死モデル事業特別分科会・病院リスクマネジメント委員会標準化検討委員会」さらに隣に「共同開催・医療安全啓発室・医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室」とあった。

・「医療関連死モデル事業特別分科会」は田口が出席した日に終わり、八神により「医療事故調査委員会創設検討会」が新たに創設された。

・霞が関中央合同庁舎第5号館24F・スカイレストラン「星・空・夜」に白鳥の仕事机がある。

・「カッコーズ」東京23区と千葉の境にある墨江駅近くの振興ファミレス。彦根が入り浸っている場所。

・「医療事故調査委員会創設検討会」への白鳥の推薦枠に、白鳥は彦根を推薦したが、辞退された。そこで、田口を推薦した。

・彦根新吾・・・そうです。「ひかりの剣」でちょぴっとだけ登場した、田口たちの2学年下の後輩です。
雀荘「スズメ」の「スズメ四天王」の一人。合気道部。
あの彦根くんが、白鳥に次ぐキャラとなって登場しました。
東城医大を卒業後、帝華大学の外科医局に入局後、病理医となっていたのです。
「医者のストライキ」を呼び掛けて決行!反対にあい、1日しかストできなかったが、それ以来
彦根は、要注意人物となっています。
で、この彦根くん、千葉の房総救命救急センター診断課・病理医・・・。
おやおや、もしかして、海堂せんせ?? とうとう、自らが登場??

・12/21、白鳥が八神に田口をメンバーとして推薦後、加納とばったり会い、「東京都二十三区内外殺人事件」を解決し、桜宮へベンツのアカブリオレでドライブしてます。

・神々の楽園事件を担当捜査官・警察医の処分で落着させた斑鳩室長。北田局長からの指示。
これが「南」の事件。
裏の任務は「エーアイ・センター潰し」。成立前にスキャンダルまみれにし、潰すつもりだ。
初期検視業務の代行のために、司法の手にエーアイ・センターをおさめようとしている。
しかし、加納が桜宮警察署に2年前に出向になったのは、おそらく「エーアイ・センター」設立の動きを知った北田局長が、動きを封じるために仕向けたもの。加納がいる間は、「エーアイ・センター」は設立の動きを見せなかったので、加納の出向は解除になったのか??
「北」は極北市の産婦人科医の事件。医師法21条届出違反を拡大適用して終息させようとする。

・クリフはシオンに結婚を申し込んでいた。しかしシオンはマリオネット。告白しても返事はもらえない。
って、一体どういうことだろう・・?だいたい、クリフを返してもらうって、どういうことなんだろう?
彦根は来春シカゴの学会でエーアイ関連の演題を10題提出するとクリフにいう。

・ハンブルク空港で、西郷と彦根は偶然会う。西郷はシオンを知っているよう。彦根とシオンを「ヤマビコ・ユニット」と呼んでいる。

・4/28の第3回「医療事故調・創設検討会」で田口は会の進め方に疑問を抱き、発言する。白鳥は「この調子で検討会をぶっ潰しちゃえ」というが、八神や田島座長から叱責される。
西郷は、監察医制度を医療事故調の土台にすべきという提案をする。厚労省が監察医制度を拡充しないので、検視から司法解剖と言った捜査過程を集約させ「死因救命事務所」創設したいというが、八神は本検討会の対象外と一蹴する。西郷はパブリック・コメント(パブコメ)というこの案件に対する意見を広く一般から求める仕組みを用いることを提案し、採用される。
しかし、これは八神の思うつぼと白鳥が言う。パブコメは官僚が国民の声を聞きましたというアリバイ工作にすぎないという。

・内閣府が関係省庁間を調整し、省庁横断する検討会を死因究明問題について立ち上げることになった。白鳥が仕掛けたが、内閣府の黒幕は、財務省から内閣府に出向中の高嶺宗光。
分配円卓会議・自室的な省益分配会議を高嶺や白鳥の世代が主催できるようになった。
高嶺は、白鳥と同期。しかも、加納と文部科学省の小原。4人で大学時代「確率研究会」なるものに入っていたらしい。4人合わせて「確研カルテット」・・。
すごいメンバーでしたね(^^ゞ  小原・・・これって、どこかで聞いた名前よね・・。と思って調べてみたら・・・。 「医学のたまご」で伸一郎にあのテストの作成を依頼した文部科学省の小原女史!

・白鳥が左遷されたのは、社保庁関連団体が刊行するハンドブック監修者として名を載せるのを断ったため。個人には少しの分け前、残りはプールされ裏金になる。融通の利かない白鳥と姫宮。しかしこのコンビが成果を上げ続けており、姫宮の評価は霞が関でウナギ登りに。

・不定愁訴外来では患者が減ってきていた。田口が、患者の愚痴から、リスクマネジメント委員会のターゲットを探しているとか、厚労省の医療事故調査委員会に通報できる例を探しているとかいわれ、臨床医が受け持ち患者の不定愁訴外来受診を自主規制していたため。

・彦根が田口を訪ねてきて、「今の解剖制度を潰してほしい。エーアイ主体の新システムを再構築したい」という。田口は白鳥の切り札だから頼むと。
検討会で「エーアイをシステム導入するのが合理的かつ現実的な解決法だ」と言って参考人招致ということになれば、初めにクリフを推薦、次に本命の桧山シオンを推薦するよういう。
彦根は最強の切り札と自分で言う。

・2年前、彦根は第二医師会(勤務医中心の組織)に医療ストライキをするよう提案していた。ストは1日で中止されたが、日本医師会が彦根を取り入れようとした。

・8/13の第4回「医療事故調・創設検討会」で田口は、彦根に言われたとおり、エーアイの導入検討を提案した。高安、小倉、西川などがエーアイのような素晴らしい検査を導入しないのはなぜかというと田口は「厚労省が認知せず、費用ねん出を出し渋ってきたから」と島津の受け売り。厚労省の心臓部でケンカを売った田口は「ううヘタこいた」・・・ぐっちー、やはりあなたは素晴らしい!!
彦根の思惑通り、シオンを参考人招致することも決定。

・細井事務次官は、白鳥が厚労省のスターであるが特異点であり、いずれ致命的弱点になりかねないので、ぎりぎりまでひっぱり利用するだけ利用するようにと、坂田局長にいう。八神は細井の娘婿。
官僚は誰とでも取り換えがきくべきという細井に、坂田は白鳥と一蓮托生することを心に決める。

・9/20のさくら新聞に極北市の三枝久広石を逮捕したと報道してますが・・・
「ジーン・ワルツ」ではすでに逮捕された後だったような・・。
でも時期的に「ジーン・ワルツ」の方が「イノセントゲリラ」よりも前のはず。
ん?矛盾してません??
・・・・と思っていたら、「野性時代」インタビューで、「医学のたまご」は2022年の設定とありました。
帯には2020年ってあったのに。2022年なら、「ジーン・ワルツ」は2008年になります。
あれ?そうすると「イノセント・・・」は2008年・・・。「チーム・バチスタ・・」は2007年2月になるけど・・?

・10/25のさくら新聞に日本法医学会が「死因救命センター」を全国一律に設置するという提言の検討に入ったという記事が掲載された。西郷の提案していた「死因救命事務所」の拡大版。

・10/25の第5回「医療事故調・創設検討会」にはシオンは事故に遭い、現れず、代わりに彦根が登場した。そこで、彦根は解剖至上主義者に徹底的に論破する。

・日本の解剖率は2%。9割は死因不明遺体。

・イノセント・ゲリラとは、違法な国家に戦いを挑む医師のこと。=彦根。医翼主義者。
国家は滅びても医療は残る。医療を国家の土台に据えると彦根は言う。
しかし田口は相手を完膚無きまでに打ちのめすのは勝利としては最良ではないと感じた。

・彦根が考えているのが「医療と司法の完全分離」さらには、医師自身の手で運営される「医療庁」の設立。 医療行政全般に携わり、いずれは医療省い格上げを目指す。
現場のイノセント・ゲリラがメールで参戦を表明してくれるかもしれないという彦根に、とうとう白鳥が参戦。彦根の話は実現不能だから、とりあえず実現可能な医療事故調にエーアイを土台にするということで手打ちにしようという。
来週早々、内閣府主導の「新たなる死因救命制度の確立」の関係全省庁のう弾的合同検討会に彦根を招待。彦根はとりあえず矛をおさめた。

・第5回検討会の翌朝、彦根に会いに行った田口。「カッコーズ」にいた彦根のけがはダミーだったことを知る。彦根は白鳥に携帯を通話中のまま渡して検討会の内容を聴いていた。
シオンは暴走救命救急センターの彦根の自室にいた。
シオン、気になりますね。田口先生に会いたがっていたのに、最後はやっぱり会わないって、なんかとっても意味深。ぐっちーと過去に何かあった人なのかな・・。気になるー。

・「北」がキーワード。次の舞台は、極北市か?!
姫宮だけでなくて、極北救命センターに行った速水や花房も登場するような予感です。
っていうか、現在週刊朝日に連載中の「極北クレーマー」につながってるのは予測できますね。
(私、これ読んでないんですが・・・(^^ゞ)
さらにさらに、文中、碧翆院の話が出た時に、田口せんせの、
おそらく「螺鈿迷宮」のすみれを思わせるような述懐部分がありました。
実際には、北に向かったのは、小百合だと思いますが、
この小百合も絡んでくるかもしれませんね!!

・医療事故被害者の会代表の小倉勇一は、バチスタ術死した最後の小倉勇吉さんの息子さん。
 「イノセント・ゲリラ」では、最後の方にバチスタ・スキャンダルの公判が始まっています。

・9月20日のさくら新聞で、極北署が三枝久広医師を逮捕、勾留したと報道あり。




スポンサーサイト
海堂尊-小説 | 2008-11-13(Thu) 12:06:02 | トラックバック:(2) | コメント:(22)
コメント
こんばんは。登場人物の把握だけで、いっぱいいっぱいです。一気に増えましたね。
エシックスの沼田よりも、官僚のロジックのほうがストレスフルでした。しかも、これが純粋な創作に見えないところが、どーにもこーにも。
2009-01-11 日  23:40:33 |  URL | 香桑 #cLv.su1A [編集]
こんばんは♪
ほんとに登場人物が多くて、私も、何度も初めの登場人物一覧をめくって見ました(笑)
これは今までの海堂さんの作品の中でも大きく好き嫌いが分かれるかもしれませんね。
ますます官僚から目をつけられそうな感じです(^^ゞ
2009-01-12 月  21:50:44 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
初めまして。
極北とイノセントを読んで願望込みで思いました。
”桧山シオンは、桜宮すみれ””西園寺さやかは、桜宮小百合”ということはないのかな?
桜宮巌雄だったら、身代わりの死体の追加など朝飯前だし可愛い娘2人の内1人だけ逃げられるようにするなんて、考えられないし。
あと、イノセントから田口先生に東城大学病院に対する愛着がまったく感じられないのはどうしたことか?
島津先生に対して”AIセンターがどうなろうが関係ない”と言ったり今までのキャラからは想像できない発言が多かった。
田口先生とすみれ先生は、ジェネラルとハヤブサと同じくらい一心同体なのではないかと螺鈿迷宮から疑うようになりました。
2010-04-19 月  13:43:38 |  URL | TOM #- [編集]
TOMさん

> 初めまして。

はじめまして!こんばんは!衝撃のタイトルにびっくりしました!!

> 極北とイノセントを読んで願望込みで思いました。
> ”桧山シオンは、桜宮すみれ””西園寺さやかは、桜宮小百合”ということはないのかな?

えぇーっ!!さやかは小百合とは思いましたが、前者は、全く想像もつかない考えでした!
シオンは確かに田口先生を知っていそうな雰囲気ではあったんですけど・・・。
でも、すみれだとすると、でんでん虫が焼け落ちてからあんまり時間が経ってないので、彦根とコンビを組むにしても、ドイツでヴァートプシーを研究するにしても、ちょっと難しいような気もしますが・・・。

> 桜宮巌雄だったら、身代わりの死体の追加など朝飯前だし可愛い娘2人の内1人だけ逃げられるようにするなんて、考えられないし。

あれは勝手に小百合だけが逃げたのかと思ってました・・・。でもわからないですね・・。

> あと、イノセントから田口先生に東城大学病院に対する愛着がまったく感じられないのはどうしたことか?
> 島津先生に対して”AIセンターがどうなろうが関係ない”と言ったり今までのキャラからは想像できない発言が多かった。
> 田口先生とすみれ先生は、ジェネラルとハヤブサと同じくらい一心同体なのではないかと螺鈿迷宮から疑うようになりました。

なるほど!深い読みですね。田口先生は今まで振り回されてきたので、あの態度かと思ってました。どうなんだろう・・・。何回も読みなおしてみないといけませんね!
そして早く「イノセント」の続きが読みたいです。


2010-04-19 月  21:41:18 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
こんにちは。
レスありがとうございます。
”桧山シオンは、桜宮すみれ”は、私の“願望”です。なにしろ根拠は下記の2点のみですから。
★桧山シオンの別名が、”ミラージュ(まぼろし)・シオン”
★桜宮巌雄は警察関係、ヤクザ関係に顔が利くので、他人の戸籍を買ったりするのは簡単。
要は、“なりすまし”を以前から行っていて、2重生活をしていたのではと無理やり考えました。
桜宮病院で散々AIをやっていたので、“画像データが歌いだす”のも当然ですし。
反証もありまして、
★ヤマビコユニットを前から知っている白鳥が、桜宮すみれに会った時に気がついているはず。
★“なりすまし“が准教授に簡単になれるのか?(そもそも桧山シオンの母校は何処?)

要は、すみれ先生が、田口先生の前にもう一度現れたら物語がどう転がるのか見てみたいのです。
これまで“昼行燈“田口先生の言動で違和感があったのは、ナイチンゲールで重度の肝硬変で余命いくばくもない冴子に、”病室“でどんどんアルコールを毎日与えたことと、桜宮巌雄院長が浜野小夜の母親が犯した殺人を無かったことにしたことを、肯定したことでした。(あくまで私の感想です)
しかし螺鈿迷宮で、すみれ先生が研修医時代に田口先生に世話になっていて、情報収集に再度乗り込んだ時には、噂になるくらい愚痴外来に入り浸っていたと明かされた時は、びっくりしました。
冴えないただの万年中年講師と思われていた田口先生は、すみれ先生を通じて昔から桜宮の医療の表も裏もすべて知っていて、倫理感も桜宮一族のそれと非常に近い可能性がある。
再度、白鳥&姫宮が桜宮一族と対決した時、後ろから白鳥&姫宮の止めを刺す田口先生を想像できないこともない。(99%あり得ないと思いますが、ジーンワルツの結末を考えるとやりかねないかなと。)
そう考えるとほぼ確実に生きている小百合だけでは盛り上がらないので、すみれ先生には是非とも再登場して頂きたいと考えています。
2010-04-20 火  12:40:59 |  URL | TOM #- [編集]
TOMさん

> こんにちは。

こんにちは!

> 反証もありまして、
> ★ヤマビコユニットを前から知っている白鳥が、桜宮すみれに会った時に気がついているはず。
> ★“なりすまし“が准教授に簡単になれるのか?(そもそも桧山シオンの母校は何処?)

確かにその通りですね。白鳥が気づいてない時点で別人と思われますね。
“なりすまし“が准教授に簡単にはなれないでしょうし・・。
シオンについては、ミステリアスに書かれており、やはりこれから明らかになっていくのでしょうね。キーパーソンになるでしょうし・・。

> これまで“昼行燈“田口先生の言動で違和感があったのは、ナイチンゲールで重度の肝硬変で余命いくばくもない冴子に、”病室“でどんどんアルコールを毎日与えたことと、桜宮巌雄院長が浜野小夜の母親が犯した殺人を無かったことにしたことを、肯定したことでした。(あくまで私の感想です)

冴子についてはどうせ助からないなら、少々のアルコールをあげて落ち着いてもらおうということかと思っていました。
巌雄院長はおそらく今までいろいろなことをしてるでしょうね・・。

> 冴えないただの万年中年講師と思われていた田口先生は、すみれ先生を通じて昔から桜宮の医療の表も裏もすべて知っていて、倫理感も桜宮一族のそれと非常に近い可能性がある。
> 再度、白鳥&姫宮が桜宮一族と対決した時、後ろから白鳥&姫宮の止めを刺す田口先生を想像できないこともない。(99%あり得ないと思いますが、ジーンワルツの結末を考えるとやりかねないかなと。)
> そう考えるとほぼ確実に生きている小百合だけでは盛り上がらないので、すみれ先生には是非とも再登場して頂きたいと考えています。

すみれと田口先生については、それほど深く考えていなかったのですが、
TOMさんは、恋愛への発展・・ではなく、すみれの野望のほうで物語が動くという考えをお持ちなのですね。

そして白鳥と田口先生が対決?!いやーどうなるんでしょう・・・。
いろいろな想像が膨らみますが、海堂先生なら、皆が納得いくびっくりストーリーを考えてくれていると思います。
すみれが生きている・・・なんてそれこそまさにどんでん返しですね!!

2010-04-20 火  12:55:29 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
こんにちは。
レスありがとうございます。
>すみれが生きている・・・なんてそれこそまさにどんでん返しですね!!
仮に小百合が再登場しても、私には快楽殺人者の復活にしか見えないので、どんでん返しですが、すみれに登場してほしいと期待しています。
2010-04-21 水  12:56:07 |  URL | TOM #- [編集]
TOMさん

こんばんは!

> 仮に小百合が再登場しても、私には快楽殺人者の復活にしか見えないので、どんでん返しですが、すみれに登場してほしいと期待しています。

すみれの登場含め、今後の展開楽しみですね!続編、早く出るといいですね!
2010-04-21 水  22:04:47 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
ついさっきイノセントゲリラを読み終えたのですが、ちょっと疑問があり、ネットでも調べてみたのですがどうもわからないのでこちらに。

常に香水の匂いを撒き散らしている西郷教授の、香水を付けている本当の理由なんです。

たしかどこかで、解剖の匂いはつくはずがないと田口センセーが誰かに言われていた気がしました。

よろしくお願いします。
2010-06-22 火  23:21:24 |  URL | 砂糖 #cxq3sgh. [編集]
砂糖 さん

はじめまして。こんばんは!

> ついさっきイノセントゲリラを読み終えたのですが、ちょっと疑問があり、ネットでも調べてみたのですがどうもわからないのでこちらに。
>
> 常に香水の匂いを撒き散らしている西郷教授の、香水を付けている本当の理由なんです。
>
> たしかどこかで、解剖の匂いはつくはずがないと田口センセーが誰かに言われていた気がしました。

西郷教授が香水をつけている本当の理由ですか。
うーん、本当の理由って書いていましたでしょうか?
白鳥(?)か誰かがやはり解剖の匂いを消すために・・・といっていた気もしますが
本当の理由はちょっとわかりませんね・・。

今、ちょっと忙しく、すぐに調べられないので、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、ご回答をお願いいたします!

砂糖さん、すぐにお答えできなくてすみません。



2010-06-23 水  23:15:48 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
さっそくのお返事、ありがとうございます。

香水の本当の理由はイノセントゲリラには書かれていないと思うのですが、誰かが『西郷教授はああ見えて小心者だから』、みたいなことを言っていた記憶があるので、解剖の際に付く匂いを消すためではない理由があるんだと思っていまして。

私もまた調べてみます。
2010-06-23 水  23:52:45 |  URL | 砂糖 #cxq3sgh. [編集]
砂糖さん

> さっそくのお返事、ありがとうございます。

いえいえ、結局調べられていないので・・・(^_^;)

> 香水の本当の理由はイノセントゲリラには書かれていないと思うのですが、誰かが『西郷教授はああ見えて小心者だから』、みたいなことを言っていた記憶があるので、解剖の際に付く匂いを消すためではない理由があるんだと思っていまして。

もしかしたら、9月の新刊で出てくるかもしれないですね!

> 私もまた調べてみます。

はい、お願いします♪
2010-06-24 木  21:31:42 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-01-10 月  22:48:33 |  URL |  # [編集]
昂透月弥さん

はじめまして。こんばんは!
鍵マークがついていたので、返信はどうしようかと思ったのですが、ここに書きますね。

本サイトについて、お気に入り頂いて、とても嬉しいです♪
これからもできるだけ充実させていきたいと思っています。

さて、好きなキャラ投票の追加件数を最大に設定しましたので、追加できると思います。
ぜひ投票してくださいね!!お待ちしてます!
2011-01-12 水  22:33:36 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
すみれ→バイオレット→むらさき→紫苑→シオン
なのでは?
2011-04-05 火  23:24:20 |  URL | しうりお #HfMzn2gY [編集]
しうりおさん

こんばんは!

> すみれ→バイオレット→むらさき→紫苑→シオン
> なのでは?

私も最初、シオンは知り合い?と思っていたんですが
今では別人と思っています。

理由は、やはりドイツで准教授ということ、ヴァートプシー・イメージングの第一人者であること。
螺鈿迷宮からあまり年数も経ってないのに、その設定は無理かなーと。

ただ、やはり何かしら関係のある人というニュアンスは話の中でありますねー。
これもどこかで明らかにされるんでしょうねー。


2011-04-06 水  22:42:31 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
とある人から、西郷先生がね、「○ねしょしたんだって・・・」と、聞いた。
まじっすか・・・?
「○ねしょ教授?」
2011-11-20 日  16:15:49 |  URL | 鷹ちゃん #- [編集]
鷹ちゃんさん

こんばんは!

> とある人から、西郷先生がね、「○ねしょしたんだって・・・」と、聞いた。
> まじっすか・・・?
> 「○ねしょ教授?」

うーん・・・そんなこと書いてましたっけ・・・。
今調べる時間がないので、今度調べてみますが、
「イノセント」の中ですよね?
今しばらくお時間ください。

2011-11-20 日  22:36:52 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
ヨヨヨヨヨ
2015-03-20 金  17:16:03 |  URL | アマギ #- [編集]
最新作って出ましたか?
2015-03-20 金  17:21:00 |  URL | コロンブス #- [編集]
アマギさん

こんばんは!

> ヨヨヨヨヨ

ん?どういうことでしょう??
2015-03-20 金  22:29:46 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
コロンブス さん

こんばんは!

> 最新作って出ましたか?

んー、どれを最新作というのか、難しいところですね。
単行本で言えば、「アクアマリンの神殿」が一番新しいですが、
短編で言えば、「このミステリーがすごい。四つの謎」や「このミステリーがすごい。大賞作家書下ろしBook vol.8」が一番新しいと思います。
ちなみに2つとも加納&玉村コンビの短編です♪
2015-03-20 金  22:32:44 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009/01/11 23:33 | 香桑の読書室 | イノセント・ゲリラの祝祭  海堂 尊 2008 宝島社 こんなに不吉な予感がいっぱいで終わられると、どうに

2009/02/08 16:36 | 月の鼠 | 343「イノセント・ゲリラの祝祭」海堂尊 〈図〉 図書館の整理休館が終わったら借りようと思っていた本(ちなみに漫画)がどうやらその整理で消去されてしまったらしく、ふてくされ気味です(これらの本て捨てられちゃうのでしょうか?)。あああ、こんなことなら休館前に借りに行くんだったよ~~~。でもその前に予約の本と..


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。