映画 「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」 レビュー


                     *画像はオフィシャルブックの画像です。


映画「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」レビュー

本 内容(東宝HPより)
日本初となる国際Aiセンター(Ai=オートプシーイメージング:死亡時画像診断)発足の目玉として導入されたMRI“リヴァイアサン”。顕微鏡レベルの解像度を誇る巨大な機器は世間から大きな注目を集めていた。国と自治体、東城医大が三位一体で取り組む死因究明システムの一大改革に、東城医大の心療内科医田口と厚生労働省でAi導入を推薦する白鳥が奔走。落しとなる大講堂でのシンポジウムは10日後。そんな中、東城医大に一通の脅迫状が届く。
「三の月、東城医大のケルベロスの塔を破壊する」
ケロベロスとは、ギリシア神話に登場する、3つの頭を持つ冥界の番犬。すなわち“ケルベロスの塔”は“死への入り口”--Aiセンター。
いったい誰が、何の為に?
時を同じくして、司法解剖では死因が判別できない前代未聞の集団不審死事件が発生。その中には白鳥のよく知る人物が--。
AIセンター始動の日……医学界の根底を大きく揺るがす“最悪な日”が、今はじまる。


救急車 レビュー

非常に楽しかったです。ぐっちーと白鳥のコンビは最強ですね!

冒頭、思わず違う映画のスクリーンに入ってしまった?と思うほど陰惨なシーン。
そしてすぐに戦車登場。え?もうぐっちー、戦車乗ってる?

マンモスMRI/リヴァイアサン、そして原作よりも重めのキャラ(といっても変わり者には変わりありませんが)の東堂が登場。あの「HAHAHA」と笑う豪快な東堂を生瀬さんでイメージしてたんですけど、ちょっと違いました。

厚労省で唯一、白鳥の味方である上司、かつ東堂の友人が集団で死亡。
解剖でも不審なところが見つからなかったけれど、リヴァイアサンで東堂が死因を究明し、殺人事件となります。
その犯人と東城医大への脅迫状を送った犯人を捜す白鳥と田口。

そこに薬害被害の話やドラマ「螺鈿迷宮」で家族を奪われた復讐が絡んでくるのですが
結構早く、犯人はわかっちゃいます。

「三の月、東城医大のケルベロスの塔を破壊する」という脅迫状のわりに
これで破壊ー?と突っ込みたくなり、
最後、病院のシステムをハッキングまでしちゃってシステムダウンさせるんですけど
そんなことがあなた一人でそんな簡単にできるのかー!とまたまた突っ込みたくなりました。

しかし、
チーム・ジェネラルのシーンは懐かしく、
白鳥の相変わらずの推理力や知識の豊富さに感嘆し
ぐっちーの人の良さに、心が温かくなりました。
田口と白鳥の掛け合いも見事で
この2人のシリーズがこれで終わってしまうのは、本当に残念です。

白鳥の長ゼリフと田口の「白鳥さん?!」の“セリフ格差”も
十分堪能しましたが、また観たいシリーズです!


キャスト

田口公平:伊藤淳史 
白鳥圭輔:仲村トオル
別宮葉子:桐谷美玲
滝沢秀樹:松坂桃李
速水晃一:西島秀俊
長谷川崇:戸次重幸
佐藤伸一:木下隆行(TKO)
三船大介:利重 剛
和泉 遥:加藤あい 
藤原真琴:名取裕子 
桜宮すみれ:栗山千明 
東堂文昭:生瀬勝久

スタッフ

原作:海堂尊(『ケルベロスの肖像』)
監督:星野和成
脚本:後藤法子
音楽:羽岡 佳
ほか

配給:東宝

公開:2014年3月29日 

映画公式ホームページ

(C)2014「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」製作委員会
スポンサーサイト


海堂尊-映画 | 2014-04-05(Sat) 16:27:27 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説