「カレイドスコープの箱庭」 海堂尊 著 レビュー



カレイドスコープの箱庭

本 内容
東城大学病院は存続の危機に立たされながらも、運営を続けていた。そんな折、肺癌患者が右葉摘出手術で亡くなったのは、病理医の誤診が原因ではないかとの疑惑が浮上。田口医師は実態を把握せよという高階病院長の依頼を受け、仕方なく、呼吸器外科や病理検査室などの医師や技師たちに聞き取り調査を開始する……。万華鏡のように、見る角度によって様々な形となって姿を現す大学病院。果たして事件の真実とは――。海堂ワールドを俯瞰できる登場人物相関図や、600名近くに及ぶシリーズ全登場人物表なども収録した完全保存版。

アヒル。 目次

novel
カレイドスコープの箱庭
data
海堂尊ワールド
・作品相関図
・登場人物相関図 過去
         現代
         未来
・全登場人物表
・桜宮市年表
・大学・病院施設MAP
・作中用語解説
・医療用語辞典


単行本: 287ページ
出版社: 宝島社 (2014/3/5)


海 読後レビュー。

田口・白鳥シリーズ(今はバチスタシリーズと言われていますが)真の最終章!
このコンビの本当に最後の事件ということで、主役級が勢ぞろいです!!
豪華ですよ~。今回。彼らが登場した時「おーっ!」と声あげちゃいましたもん、私。
ちなみにタイトルの「カレイドスコープ」は万華鏡のこと。

時は2009年10月19日。AIセンターが炎上してから3ヶ月弱。
東城大学医学部付属病院の病理検査室を舞台に誤診調査を命じられた田口。それと同時にAI標準化国際会議も任せられちゃいます。

誤診調査は田口が命じられたんですけど、結局真実を見抜けずにいたところを、頼まれてもいない白鳥が勝手に首を突っ込み・・という。
でもケルベロスで白鳥の活躍を見れず残念だった私には、この白鳥の傍若無人な活躍が楽しかったです。
他の本などで“探偵”に部類されている白鳥ですからね。やっぱり。
それに、今回は新しいコンビ名が!
「トリー&グッチー」(爆)

そういえば、私、ドラマ化や映画化されたら、原作を読む時、その俳優さんのイメージで読んでしまうんですけど
海堂さんの原作に関しては、そういうことが一切ないんですよね。
映画も見たし、ドラマも欠かさず見ててすごく楽しんでるんですけどね。
田口は田口で伊藤敦史くんも竹内結子も、白鳥は白鳥で仲村トオルも阿部寛も全く浮かばない。
常に私のイメージした田口や白鳥、高階病院長に藤原さんなんですよね。
まぁ、原作と映像化ではずいぶん違うせいもあるけれど・・・。

脱線しましたが、
AI標準化国際会議までの道のりも派手で面白かったです。
まさかあそこであの人が出てくるとは!
さらに会議に招集されたかつての主役たち。
みんなうまい登場なんですよね。あぁそうか。って納得するような。
なんかね、とても感慨深かったですよ。みんなそれぞれの道を歩いているんだって。
田口もめっちゃ成長?してますし(笑)

ここに書いちゃうとネタバレになってしまうので書きませんが、
この話は桜宮サーガを愛するファンに向けてのプレゼントのような感じでした。

データブックでは、今まで、島津吾郎と吾朗、清川志郎と司郎、笹井浩之と角男などの名前が統一されていなかった分もすべて統一されました!やっとすっきりしましたね。

各作品の相関図や登場人物の相関図もあり、とてもわかりやすくなっています。キーワードも『ジェネラル・ルージュの伝説』のキーワードからさらに増えて、見てるだけで楽しくなります。海堂さんのユーモアあるネーミングがまた笑わせてくれますね。これ見てると、また該当本を読みたくなりました。で、また読んでます(*^_^*)
登場人物一覧ではセリフの有無も分けられているので、この人、この作品に出てるの?と気になったら探してみましょう(笑)
唯一残念なのは「ジェネラル・ルージュの伝説」にはあった、各作品の海堂さん自身の解説がないところかな。

それを除けば小説もデータブックも私は大満足です!


<登場人物> 

(注)登場人物一覧を見るとネタバレしちゃいます。ネタバレしたくない人物は白色の字で記載しました。本を読んだ方はドラッグしてみてください。未読の方やネタバレを知りたくない方はそのまま見てください。


東城大学医学部付属病院

田口公平 : 不定愁訴外来主任(通称・愚痴外来)神経内科学教室准教授。
       リスクマネジメント委員会委員長。電子カルテ導入検討委員会委員長。
       Aiセンター・センター長。

高階権太 : 東城大学医学部付属病院院長。東城大の阿修羅。腹黒タヌキ。

藤原真琴 : 不定愁訴外来専任看護師。

兵藤勉  : 神経内科学教室講師。「廊下トンビ」。
三船   : 東城医大事務長。

橋爪   : 呼吸器外科教授。
塚田   : 呼吸器外科。気管支鏡室。

菊村   : 病理検査室教授。
牛崎   : 病理検査室講師。「牛丼鉄人」と呼ばれる。

饗場   : 臨床検査室技師長。
友部   : 臨床検査室技師。小太りの中年女性。
真鍋   : 臨床検査室技師。2年目の若手。
花輪   : 臨床検査室事務クラーク。派手な服装の中年女性。


*その他*

白鳥圭輔 : 厚生労働省大臣官房秘書課付兼医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長 
       通称「ロジカル・モンスター」「火喰い鳥」。

東堂文昭 : マサチューセッツ医科大学上席教授。Aiセンター副センター長。ウルトラ・スーパーバイザー。
        田口を「マイボス」と呼ぶ、ノーベル賞の最有力候補。。

彦根新吾 : 房総救命救急センター診断課・病理医。


曽根崎伸一郎 : マサチューセッツ大学のナンバーワン教授。ゲーム理論の世界的権威。「ステルス・シンイチロウ」

桐生恭一 : 米国臓器移植ネットワーク副議長。 
       元臓器統御外科ユニット助教授・「チーム・バチスタ」のリーダーで天才心臓外科医だった。

速水晃一 : 極北救命救急センター副センター長。


*名前のみ

島津吾郎  : 東城医大放射線科准教授。田口の同期。Aiセンター副センター長。

黒崎誠一郎 : 第一外科教授。リスクマネジメント委員会副委員長。

鳴海涼   : 元病理検査室准教授。

世良雅志  : 極北市民病院院長。

沼田泰三  : 精神科准教授。倫理問題審査委員会(エシックス・コミティ)委員長。
有働    : 神経内科学教室教授。
笹井浩之  : 法医学教室教授。

ドミンゴ  : サンタモニカ大学教授。米国臓器移植ネットワーク議長。
ヴォルフガング : ジュネーヴ大学教授。法医放射線医学科創設。
桧山シオン : ジュネーブ大学画像診断ユニット准教授。

斑鳩芳正 : 桜宮警察署広報課室長。SCL(桜宮科学捜査研究所)創設。
加納達也  : 警察庁刑事局刑事企画課電子網監察室室長。 警視正。

小原    : 文部科学省。白鳥と同期。

坂本    : 3年前の病理検査室教授。
高本    : 先代の病理検査室教授
玉置    : 呼吸器外科看護師。
遠井    : 病理検査室助手。

小栗昇平  : 呼吸器外科患者。70代男性。
豊岡良樹  : 気管支鏡室からの肺生検検体。60代男性。
鈴木一郎  : 気管支鏡室からの肺生検検体。52才男性。
鈴木珠恵  : 気管支鏡室からの肺生検検体。70才女性。

音松潔   : 弁護士。医療訴訟の専門家。


登場人物作品関連図はこちらをクリック! ネタバレ含むので要注意!


●時期
2009年10月19日~2009年11月16日まで


<ネタバレメモ>
      *以下、ネタバレ含みますので、見てもいい方だけ、ドラッグしてください。




登場人物一覧を見たら、もうお分かりですが・・・。
Ai標準化国際会議にかつてのスーパースターが招待されています。
桐生は外科医を続けられなくなってから米国の臓器移植ネットワークで働いてました。
今回、東堂の差配でサプライズ・ゲストとして登場。本当にびっくり&感激でした。

速水は「ケルベロスの肖像」にも載せられたJTの「一服の相対性」で登場してましたが、なんと、あれはこの会議に招待されて高階に挨拶に行った場面だったんです。そうかー。つながってたのかー。
私は「一服の相対性」を読んだとき、もしかして速水、東城大に帰ってくるのか?!と期待してたんですけどね。
極北に骨を埋めるようです。

田口が国際会議のコーディネーターである東堂のマサチューセッツ大学に行ったときには、戦車に乗ってる田口のポスターがあちこちに貼られてるのにも笑いました!
そこでの突然の講演で、まさかのステルス・シンイチロウ登場!日本でのAi普及に大きなヒントをくれました。
同じ時代に生きてる彼らが思ってもいないところでシンクロしてて、
あぁ、私たちもきっと同じだなと、何とも言えない気持ちになりました。

誤診調査については結局、白鳥が見事解決したんですけど、終わりよければ・・という結果になりました。
病理検査室が閉鎖され、桜宮病理診断センターが新しく創設されることになったんですよね。
死因究明はAiにシフトです。

そうそう、国際会議の前日に予演会として、田口、桐生、速水、白鳥、彦根の5人+藤原さんで飲んでたんですが、その時に、Aiと解剖の定義が明らかになりました。
“Aiは生と死の境界線を引くために医療が必要とする検査、解剖は死亡した原因を調べるため行われる医学の土台”
とてもわかりやすくシンプル。
日本での更なるAi普及に期待です。


最後に・・・ここを読んでいただいた皆様だけにさりげなくお知らせ。

実はこの『カレイドスコープの箱庭』のデータブックの一部の校正協力を、わたくし、管理人がさせていただきました。
今までの名前の不統一や年表の?な部分、登場人物一覧も含めて確認させていただき、ほんの少しでも協力できたことに本当に光栄に思っております。
これもこの非公式ファンサイトを訪れていただいている皆さんのおかげです。ありがとうございます。

関わらせていただく中で、海堂さんや宝島社さんの、ファンの方々のために、喜んでいただけるものを作りたいという気持ちがとても伝わってきました。

今後も微力ながら海堂さんを応援していきたいと思います。
ここを読んでいていただいている皆さんも、ぜひ一緒に応援していきましょう!








スポンサーサイト
海堂尊-小説 | 2014-03-07(Fri) 11:31:55 | トラックバック:(1) | コメント:(6)
コメント
はじめまして。
毎日欠かさずチェックさせていただいています。
わかりやすくまとまっていて、情報もすぐにアップされるのでうれしいです。今回は校正にも関わられていたんですね!すごい・・・

ところで、海堂さんのネーミングセンスについておっしゃっていましたが、私はユーモアは感じたことがないのですが、たとえばどんなことでしょうか?気になって仕方がありません・・・

よろしかったら教えてください!

2014-03-07 金  21:03:53 |  URL | さちえ #- [編集]
さちえさん

> はじめまして。

はじめまして。こんにちは!

> 毎日欠かさずチェックさせていただいています。
> わかりやすくまとまっていて、情報もすぐにアップされるのでうれしいです。今回は校正にも関わられていたんですね!すごい・・・

毎日!それはありがとうございます。遅れがちな情報やサイトの充実も早くせねばと反省です(^_^;)

> ところで、海堂さんのネーミングセンスについておっしゃっていましたが、私はユーモアは感じたことがないのですが、たとえばどんなことでしょうか?気になって仕方がありません・・・
> よろしかったら教えてください!

そうですね・・・。例えばデータブックに載ってた『夢見る黄金地球儀』のマシン名とかでしょうか。
「シラミプチンプチン」 「マンマルマンマリン」「ケズリン・プッチモニ」とか
後は今回の「トリー&グッチー」「牛丼鉄人」とか。
そのままじゃん!!って突っ込みたくなるような(笑)

でも、これは個人の受け止め方なので、面白くない・・・と思う方もいらっしゃるかもしれません(^_^;)
2014-03-09 日  15:41:41 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
なるほど・・・・
たしかにそうですね!

愚かな話ですが、今までは桜宮サーガに入り込みすぎてい
て、ものの名称も海堂さんがつけたことを忘れていました。

なにせ、そのまんまの意味をとりあえずカタカナにしてみただけのマシーン名はいかにも平沼がつけそうでし、牛丼鉄人も東城医大誰かさんがまた面白いあだ名をつけたな~という感じで、物語にスーッとなじんでいましたから!

それだけ海堂さんがすごいことがよくわかりました。

ご返事ありがとうございました。
これからも楽しんで拝見させていただきます。
2014-03-09 日  19:43:12 |  URL | さちえ #- [編集]
さちえさん

そこまで入りこんでいるなんて、すごいです!
確かに、登場人物がつけたような名前ですね^_^;
海堂さんの作品は、いろいろな楽しみ方ができますね^_^
2014-03-10 月  23:09:40 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
海堂尊ファンさん、こんばんは(^^)。
す・・・すみません、自分のレビューにコメント頂いてやっと、こちらのレビューにTBもコメントもするの忘れてたこと、気づきました~。うわ~、ごめんなさい~。大変失礼いたしました~<m(__)m>。

事後承諾ですみません、校正協力された件、私のレビューに載せてて大丈夫でしょうか?
2015-04-11 土  22:33:58 |  URL | 水無月・R #- [編集]
水無月・R さん

> 海堂尊ファンさん、こんばんは(^^)。

こんばんはー!

> す・・・すみません、自分のレビューにコメント頂いてやっと、こちらのレビューにTBもコメントもするの忘れてたこと、気づきました~。うわ~、ごめんなさい~。大変失礼いたしました~<m(__)m>。

え。全然気にしてないですよ~。というか、私が勝手にコメントさせていただいたんですし。いつも私もTBもらってるのに、TBできてないし(^^; なんか一度うまくいかなくて、それっきりで・・・。
こちらこそすみません!!

> 事後承諾ですみません、校正協力された件、私のレビューに載せてて大丈夫でしょうか?

あ、はい!大丈夫ですよ!
知ってもらいたいけど、裏方として大きく載せるのも・・・という気持ちでネタバレメモに書いてるので(笑)
2015-04-12 日  22:03:05 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2015/04/11 22:08 | 蒼のほとりで書に溺れ。 | 『カレイドスコープの箱庭』/海堂尊 ○ あの【バチスタ・スキャンダル】から約3年・・・。 え~!たった3年ですってぇ?! なんていろんなことが起きたんでしょうねぇ。絶対挙げればきりがないので、やりませんけど(^_^;)。 海堂尊さんの〈桜宮サーガ〉、相変わらず壮大で、一見さんに優しくないですなぁ(笑)。 本作『カレイドスコープの箱庭』は、我らがアンラッキー中年・田口センセが、例によって高階院長の〈お願い〉を引き受けるところ...


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説