スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

テレビドラマ「チーム・バチスタの栄光」第4話レビュー

第4話   「エリートのプライドと弱点」                  2008.11.04.O.A


 *内容は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。



本 内容

「術死は続く、これからも。これは、完璧に仕組まれた、犯罪である」

田口に届いた怪文書を見た白鳥は、一連の術死がやはり殺人だと確信する。そしてチーム・バチスタのメンバーに、記録映像が盗まれた「ケース29」だけ心臓の切除範囲が大きいことを指摘。範囲を決定する病理医・鳴海に疑いを向けるが、桐生は鳴海に全幅の信頼を寄せていると即座に否定。さらに、ケース29は心臓が他より拡張しているので切除範囲が大きいのは当然で、鳴海と桐生で切除範囲を決めるという。

「なんで厚労省の手先になったの?」と聞く鳴海に、「患者のためと桐生先生に辞めてほしくないから」という田口。しかし、「あの人は辞めないよ」という鳴海。

一方、白鳥に挑発された酒井は、垣谷が執刀する予定の手術を自分が執刀したいと頼む。天才的な心臓外科医の父をもつ酒井は、新人の頃から父を超えると燃えていた。しかし、酒井の要望を断る垣谷。垣谷もまた、桐生に恨みがあるのではと白鳥から挑発されていた。

桐生と鳴海の関係を不自然に思った白鳥は、以前2人が働いていたアメリカ・サザンクロス病院に電話。2人の過去に潜む驚くべき事実をつかむ。鳴海は外科を専攻していて、桐生とペアだった。
「鳴海の外科医としての未来を奪ったのは桐生だ。バチスタ手術100%のお兄ちゃんに復讐するため・・・。」と挑発する白鳥。
桐生のメスが鳴海の右手の腱を切ってしまい、鳴海は外科手術でメスを握れなくなったのだ。
桐生のことが憎くてたまらないのに、桐生に依存している・・。と詰め寄る白鳥に、「そんなやり方、僕は軽蔑します。」と白鳥に抗議する田口。
しかし、「そうだよ。僕がやった。」と鳴海。
「ビデオ盗んだのも、怪文書も僕、と言ったらどうする?」
「でも、一つだけ言っとく。光は影があってこそ輝けるんだ」とあやしい笑み。

鳴海が出て行ったあと、
「あいつほど優秀な病理医を俺は知らない。そして俺をはるかに超えていた外科医だった。
才能のあるものだけが、高みに行ける。あいつはそこに行ける一人だった。俺があいつの未来を奪った。」
「あいつは患者を殺さない。君の推理は空振りだ」という桐生。

「僕は兄さんに復讐したかった」と2人だけの時に桐生にいう鳴海。

ケース29で酒井がミスしたことを垣谷から聞いた田口は、酒井の所に。
父親が天才外科医のプレッシャーがあるものの、才能がないことを自分でも認めていた酒井。
「どんなに頑張っても桐生や親父のようにはなれない。でもあんなミス、厚労省に見せたくなかった。」
ビデオは酒井が盗んでいたのだ。

「時間がかかってもいいオペができる、そんな外科医じゃダメなのか?
俺も最初は外科医になりたかった。でも血がだめじゃだめなんだ。
才能があっても外科医になれない人もいる。
でもおまえは外科医になれてんじゃん。天才になれないくらいで文句言うなよ。」と田口。

オペを任された酒井は、垣谷の言葉に励まされ、無事にオペを成功させた。

一方、オペ終了後に、直美を夕食に誘った氷室。
しかし、それは氷室が何か言ってないかを知るためだった―。

次のバチスタ手術が5日後に決まった。タイム・リミットは5日。


救急車 

なんとまぁ、みんなそれぞれ出てきましたね。問題が。

桐生、鳴海・・・この2人を白鳥は怪しいと思ってるようですが。

でもビデオを盗んだ犯人は、バチスタ術死関連ではなさそうな酒井でした。
自分のミスを隠すため・・・うーん、ちっちゃい人物ですが、あのオペを成功させたことで
自信になったでしょう。

まだ怪文書を出した犯人はわかりません。直美は先週、容疑者からはずれた・・・と思ったのに
今週、ラストでまたあやしい感じです。
氷室さん、あなたは何を知ってるの??

そして、原作とはだいぶ違ってきてます。
各人物設定も随分違いますが・・・ 田口先生、めっちゃいい人です。

裏表のない本当にいい人で描かれてます。
白鳥は、厚労省というより、ガラの悪い刑事って感じ・・・。

先週に続き、あの病院のお医者さん、ちょっと悪すぎるわ。
今週は、病理医である鳴海に「早く所見を出してくれ」という医者が登場。
患者が結婚を控えた若い女性であるし、じっくり結論を出したいという鳴海に
「患者を見ない病理医のくせに・・・」というようなことを言うのは、どんな医者じゃー!!

原作にないシーンで、前回は麻酔医、今回は病理医の影の力に焦点を当ててます。
侮蔑する医者を出してきて、対比させてるんだろうけどねー、ちょっとどうよ?って思います。

鳴海が今まで同様、意味深な発言をしていて、
これがどうつながっていくのか、楽しみですね。

ドラマはドラマで楽しめるようになってきました!!


スポンサーサイト


海堂尊-テレビドラマ | 2008-11-04(Tue) 23:49:52 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。