スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

「ケルベロスの肖像」 海堂尊 著 レビュー



「ケルベロスの肖像」   海堂尊 著


本 内容
田口&白鳥シリーズ最終巻!
「東城大学病院とケルベロスの塔を破壊する」――東城大学病院に送られてきた脅迫状。高階病院長は、院内の厄介事を一手に引き受ける愚痴外来の田口医師に、犯人を突き止めるよう依頼した。厚生労働省のロジカル・モンスター白鳥の部下、姫宮からのアドバイスによって、調査を開始する田口。警察、医療事故被害者の会、内科学会、法医学会など、様々な人間の思惑が交錯するなか、エーアイセンター設立の日、何かが起きる!?

アヒル。 目次

第一部 ・・・ ケルベロス・タワー
 序章 親愛なる犬たちへ     
 1章 断固なる決意               7/10午前9時 
 2章 変化球の依頼                  午前9時30分
 3章 亡霊狩り                       午前10時
 4章 ファンキー・ヒロイン                午前10時30分
 5章 無茶振りの時間差多重攻撃          午前10時40分
 6章 東城大の阿修羅                 午前10時45分
 7章 廊下トンビの墜落                 午前11時
 8章 モンスターとプラシボ              午前11時30分           
 9章 マサチューセッツ医科大学上席教授・東堂文昭   午後3時
10章 東堂サプライズ                  午後5時
11章 霞が関のアリジゴク               午後7時
12章 碧翠院の忘れ形見             7/11午前10時
13章 ラッキー・ペガサス                 午前11時
14章 天馬・参戦                     午後0時50分
15章 4Sエージェンシー、不発            午後1時
16章 内科学会理事・陣内宏介教授      7/14午前10時
17章 錯綜する思惑                7/15午前9時45分
18章 呉越同舟会議                   午前10時
19章 バックヤードの火喰い鳥              午前11時

第二部 ・・・ 綿毛の行方
20章 ツートップ漫才                7/21午前10時
21章 晴れ舞台の朝                7/24午前9時
22章 憧れの戦車隊司令官              午前11時
23章 ピーキーヤンキーの跳梁          7/25午前9時
24章 リヴァイアサンの心臓               午前10時
25章 司法解剖が見落とした虐待           午前11時
26章 プラシボの結末                    午後2時
27章 Aiセンター、始動               7/26午前9時
28章 ライスケーキの悲劇                 午前10時
29章 サプリイメージ・コンバート(SIC)      7/29午前11時
30章 暴かれた陰謀                  8/28午後3時
31章 運命の日                    8/29午後1時
32章 Aiシンポジウム開幕                午後1時30分
33章 ブラックペアン                    午後3時
34章 天馬、飛翔す                    午後3時30分
35章 飛べ、綿毛                   8/31
終章  東城大よ、永遠に               9/9


単行本: 375ページ
出版社: 宝島社 (2012/7/6)



海 読後レビュー。

田口・白鳥シリーズ2年ぶり第6弾!そして完結!

じっくり読ませていただきました・・・。はぁーーーーーー。

「これで完結ですかっ??!!」

東城大シリーズとしては、確かに完結なんでしょうね。
だって、東城大は一区切りついたから。
それにしても、寂しすぎです。


さて、話は「アリアドネの弾丸」の1ヶ月後から始まります。
例によって、高階病院長から田口せんせへの依頼からなのですが
今回はちょっとパターンが違います(笑)
まぁ結局、依頼を受けちゃうんですけどね。

東城医大に
「八の月、東城大とケルベロスの塔を破壊する」という脅迫状が送られてきました。
それを高階病院長が白鳥経由で加納警視正に取り次いでもらおうとしたら、なぜか姫宮が派遣されてきて
田口せんせに「桜宮の生き残りが誰か突き止めてほしい」という依頼をするんですねぇ。

そこから天馬くんに辿り着いた時にはびっくりです。
というか、目次を見た時点で「ぅわ!天馬くんだ!」と驚いたんですけど。

高階病院長は、さらに田口せんせにAiセンターこけら落としのシンポジウム実行委員長にまで任命します。しかも田口せんせが、高階病院長を実務部隊として配下にするというとんでもない事態に。

冒頭から、ぞくぞくさせられました。

ところで、発売前から気になっていた「ケルベロス」とは何か・・・。
「ケルベロスの塔」とは、警察庁、霞が関がAiセンターに用いている隠語。
ケルベロスは三つ首を持つ地獄の番犬。Aiは地獄の入口で受ける検査という点でも同じ。
さらにAiは三つの顔を持っている。
①医療の最終検査 
②犯罪捜査の最初の検査
③遺族にとっての救いの光
これら司法、医療、遺族感情の三方向にそれぞれの顔を向けているので三つ首。

なーるほど。うまく名づけたもんです。というか、海堂先生のネーミングのセンスはさすがですね。

そして今回ポイントとなる高階病院長の2つの後悔。
そのうちの1つが大きく絡んできます。今から思えば、これが伏線だったのですねぇ。

「バチスタ・スキャンダル」「ナイチンゲール・クライシス」「オレンジ・ラプチャー」「アリアドネ・インシデント」・・・過去4つの事件はこんな名称がつけられてました。
よくまぁ、こんなに事件があった病院が生き残ってきたもんです。
ここから「ケルベロス」につながるのは「アリアドネ」の事件だけですが、その他にも「ブラックペアン」シリーズ、「螺鈿迷宮」などの因縁が絡んでて、次の「モルフェウス」にもつながる感じ。


それにしても、今回は田口せんせと高階病院長がメインでしたね。
東堂というド派手な方が登場して、前半は彼に振り回された感じ。
田口せんせの「静」に対しての、いつもの白鳥の「動」の役目は東堂が担っていたのかな。
私は結構好きですねー。東堂。
マンモスMRI「リヴァイアサン」の搬送も度肝を抜かれます。
しっかし、田口せんせは「ヘタレでぐず」なくせに、戦車で桜宮の超有名人になった上に、最後は飛躍的な出世を遂げちゃうんですよねー。さすが腹黒タヌキの懐刀。

脅迫に関しては、怪しい人はわかっているので、
後半、絶対にシンポジウムで攻撃されると思ってましたが、
ぅわー。こんな因縁がこんな形で・・とびっくりです。
南雲の提案の時点で怪しいなとは思ってましたが。
しかも、Aiセンター建築にも別の因縁が絡まっているし。
そこからわかることもありましたけどね。

でも、ちょっともやもや。

なぜなら多分、まだわからない部分が結構あるから・・・。

天馬くんの活躍の仕方が突然すぎたり、
正体に気づいてたら、いくら東城医大より桜宮家の味方といっても、もっと早く警告してよと思ったり、
最後に一体何があったのかはっきりしなくて、すっごい気になるし、
あの声(「逃がさないわよ・・・」)は誰なのか・・
それらが「輝天炎上」で明らかになるのかな?とは思うんですが・・・。

さらに白鳥は今回全然活躍しないんですよね。
ひそかに白鳥好きの私には物足りない。
本の帯に「田口、白鳥は病院を守ることができるのか」とか書いてあるのに、
実質、白鳥、何もしてないし。

厚労省のお役人にあんなアリジゴクがいていいのか!とも思いますし。
そんなアリジゴクに大切な書類を任せるのもねぇ。
ただ、それがあんな形で救いになったとは、驚き。

さらに・・・
冒頭でこれから活躍するするぜぃ!と登場した姫宮は、ほぼ活躍なしだし、
思わせぶりな城崎の発言はどこで回収されるの?と思ったり、
彦根とシオンの関係があんなに簡単にあーなってしまうんだ・・・とか
プラシボの患者の話はなぜ入っているんだろう?とか(これも何かの伏線か?と思っていたんですが)
一体どうやって爆弾作ったんだろ・・・とか


ついでに・・・
田口せんせがすみれとの思い出を振り返るシーンもあるんですけど
深いところまで入っていかなくて、うー、結局どういう関係だったのだ??と気になったり。


なんていうか、話も盛りだくさんで、今まで東城大に関係してた人たちや事件を一斉に出してるので
当然、1冊では足りないですよね。

ただし、Aiセンターの崩壊、という本筋は貫かれており、
今後、Aiを巡っての戦いは「ナニワ」につながっていくようです。

私は、その本筋に絡まる、この上に書いたような枝葉末節も、非常に気になるんですけどね。

というわけで、完結とはいうものの、「輝天炎上」や「スリジエ」なども読まないとすっきりしなさそうです。
早く読みたいです。

白鳥が活躍する話もまだまだ読みたいなぁ。

きりがないですよね。こういうのって。
その後どうなるかや、その話は、読者の想像で・・・っていうのだけではなく、やっぱり、すっきりするまで読みたいと思ってしまいます。

まだ読んでない人もいらっしゃると思うので、これでやめておきます。
読んだ方は「ネタバレメモ」へ。一緒に気になる点を考えてみましょう!
今までの伏線回収分やまだ謎の部分とかも考えてみましょうか!




<登場人物> 


Aiセンター創設委員会メンバー

田口公平 : 東城医大不定愁訴外来主任(通称・愚痴外来)神経内科学教室講師。
       リスクマネジメント委員会委員長。
       Aiセンター・センター長。
       Aiシンポジウム実行委員長。昔の渾名は「行灯」。B型。かに座。

島津吾郎  : 東城医大放射線科准教授。田口の同期。Aiセンター副センター長。

彦根新吾  : 房総救命救急センター診断課・病理医。

桧山シオン : ジュネーブ大学画像診断ユニット准教授。

東堂文昭  : マサチューセッツ医科大学上席教授。ウルトラ・スーパーバイザー。
        田口を「マイボス」と呼ぶ、ノーベル賞の最有力候補。。
        日常会話レベルでは10数ヶ国語がペラペラ。

南雲忠義  : 元極北市監察医務院院長。

斑鳩芳正 : 桜宮警察署広報課室長。SCL(桜宮科学捜査研究所)創設。

陣内宏介  : 東城医大循環器内科教授。内科学会理事。アンチAi代表。
        Aiセンター設計委員会委員長。カイゼル髭。

笹井浩之  : 法医学教室教授。


Aiセンター運営連絡会議オブザーバー  
 
高階権太  : 東城大学医学部付属病院院長。東城大の阿修羅。腹黒タヌキ。

白鳥圭輔 : 厚生労働省大臣官房秘書課付 兼
       医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長 
        通称「ロジカル・モンスター」「火喰い鳥」。厚生労働省の問題児。

姫宮香織 : 厚生労働省医政局
       中立的第三者機関医療事故調査委員会設置推進準備室室長補佐
       白鳥の部下「氷姫」。弁護士資格・医師資格を持つ。占い好き。

天馬大吉 : 東城大学医学部5年生28歳。いて座。O型。
       東城大学医学部前の雀荘「スズメ」に入り浸る落ちこぼれだったが、
       桜宮病院炎上事件の頃から真面目に授業に出ている。
       公衆衛生学のレポートは特A。田口を敵視?

別宮葉子 : 時風新報社会部主任。天馬の幼馴染みで美人。 あだ名は「ハコ」

冷泉深幸 : 天馬の同級生。ツイン・シニヨンの美人。天馬に同行。

城崎   : 4Sエージェンシー社長。
       元バタフライ・シャドウのベース兼アレンジャー。水落冴子の元マネージャー。
      (4Sはシロサキ・シークレット・システム・サービス・エージェンシー)

小倉勇一 : 医療事故被害者の会代表。「バチスタ・スキャンダル」の被害者の遺族。

飯沼   : 医療事故被害者の会事務局員。

西園寺さやか : 医療ジャーナリスト。網膜色素変性症。
         声が出ないため電子音声システムを使用。
         アクリル製の白いマスクで顔の下半分、目元は黄色いサングラスで隠す。


東城大学医学部付属病院

藤原真琴  : 不定愁訴外来専任看護師。

兵藤勉   : 神経内科学教室医局長。「廊下トンビ」情報通。

黒崎誠一郎 : 臓器統御外科教授。リスクマネジメント委員会副委員長。

三船事務長 : 東城医大事務長。

田代    : 東城医大薬局の薬剤師。


厚生労働省

坂田寛平 : 厚生労働省医療政策局局長。関西弁。

砂井戸  : 白鳥の部下。通称「アリジゴク」。書類を引出溜め込み埋めてしまう。

八神直道 : 医療安全啓発室課長。細井事務次官の女婿。帝華大卒のエリート官僚。
       「ミスター厚生労働省」。白鳥の同期。 特技は「リスク回避」。


その他

渡辺金之助 : 兵藤の患者。自律神経失調症のモンスター患者。70代。

高原美智  : ドア・トゥ・ヘブンの最後の患者。
        田口の受け持ちの乳がん末期患者。
        碧翠院の三婆トリオ、赤・孫悟空だった。

由美子   : 餅を詰まらせた老人の遺族。

みーちゃん : Aiシンポジウム参加の入場券をもらった女学生。
ヤコ    :       〃


*名前のみ

佐伯清剛  : 元東城医大病院長。
渡海征司郎 : 元東城医大佐伯外科の医師
鏡博之   :     〃
有働    : 東城医大神経内科学教室教授。
金本    : 東城医大神経内科学教室の元准教授。
江尻    : 東城医大の元病院長。

沼田泰三  : 心療内科医学教室准教授・エシックス・コミティ主任

天城雪彦 : モンテカルロのエトワール。神の手を持つ天才外科医。
       センターの設計を建築家に委託。

マリツィア : モナコ公国を建国したマリツィアの直系、分家第25代当主。
        王族で公位継承権第七位。建築家。
        当時、天城からセンターの設計を委託された。

比留間局長 : 厚生労働省大臣官房秘書課。白鳥の直接の上司。
細井    : 厚生労働省事務次官。

北山錠一郎 : 元警察庁刑事局局長。審議官。

桜宮巖雄 : 桜宮病院の院長。警察医協会の副会長。銀髪の獅子。東城大出身。

桜宮小百合 : 桜宮病院の副院長。呼吸器内科。「レディ・リリィ」と呼ばれる。 30代後半。
        すみれと一卵性双生児。

桜宮すみれ : 碧翠院の副院長。神経内科専門。

加代  : 碧翠院の患者。三婆トリオ。青・猪八戒。
トク   :碧翠院の患者。三婆トリオ。黄・沙悟浄。
千花  : 碧翠院の患者。桜宮病院炎上の火の朝に死亡。
杏子  : 碧翠院の患者。南雲忠義の娘。

牧村瑞人  :4Sエージェンシー。元東城大の小児患者。16歳

西郷綱吉 : 上州大学医学部法医学教室教授。
友野勇一  : イメージ・エレクトリック社の技術者。
浅田真菜 : 「霧のロミエッタ」主演女優。

飯沼達次 : 直腸穿孔(20年前に)


登場人物作品関連図はこちらをクリック!


●時期
2009年7月10日~2009年9月9日まで


<ネタバレメモ>
      *以下、ネタバレ含みますので、見てもいい方だけ、ドラッグしてください。



・姫宮から碧翠院の生き残りがすみれか小百合のどちらであるか確定するように依頼された田口。
田口は、4Sエージェンシーの城崎に調査を依頼するが、利益相反の可能性があると言われ、断られてしまう。
さらに東城大が脅迫に対するディフェンス依頼は重複依頼の忌避になると断られた。いったい誰から依頼を受けているのか?
城崎はAiセンター運営連絡会議へのオブザーバー参加を依頼。メンバー表に名前が載り、情報を共有しているという事実が重要になるかもしれない、
さらに、業務として防衛戦略構築は受託できないが、たまたまそんな事態に遭遇したら火の粉は払うという。
どういうことなのか?
まず、今まで描かれた桜宮サーガから、城崎は桜宮家の長男ではないかと思われる。すなわち、すみれや小百合の兄であり、
昔、実家と縁を切ったと言えども守りたい気持ちはあるのでは?
そのため、生き残り調査依頼は利益相反。
実の妹が東城大に破壊工作をすることを良しと思っていないため、脅迫のディフェンス依頼は重複依頼。
すなわち、城崎自身に絡む依頼のため、こんな断り方をしたのでは??
うーん、でも、しっくりきませんね・・・。
いったいどういうことなんでしょう。

・天馬くんにAiセンター運用連絡会議のオブザーバー参加を依頼した田口。でも、もひとつ理由がわかりません。
碧翠院に縁浅からぬ天馬くんですが、だからといってAiセンターの会議に出る必要がある?
田口せんせの意図が不明です。

・いつもの白鳥なら、東城大が脅迫されているとわかれば、絶対自分で調査に乗り出すはずなのに、なぜ今回はバックヤードに回ったのか?
不思議すぎです。しかも、今回はシリーズ完結と銘打っているのに、白鳥が活躍しないなんて!
今回の事件は田口が白鳥から卒業する・・・ということも暗に含まれているのでしょうか?

・モンスター患者の渡辺さんにプラシボ(偽薬)を渡したと思わせて、兵藤もだまし、結局渡辺さんを納得させた田口。
腹黒タヌキの懐刀というあだ名がぴったりはまってきた様子。
このエピソードは何かの伏線なのか?と読んですぐは思ったんですが、後から考えると、田口がしたたかになってきたことを表すエピソードとして挿入されたのかな?
腹黒タヌキの後継者として適任・・・みたいな。

・姫宮は白鳥の「桜宮一族の生き残りをどちらか確定せよ」という依頼を受けたが、結局その後動いていない様子。田口にその調査を依頼してから、姫宮、白鳥ラインはどう動いていたのか?全く動いてないように見えるが・・・。

・白鳥の新しい部下、砂井戸。あだ名はアリジゴク。「砂井戸の抽斗に引きずり込まれたら、申請書対は二度と日の目をみない」
こんな人が厚労省にいる?!他課が引き取りを拒否するから白鳥の上司、比留間局長が引受け、白鳥の室の経理一本の業務とした。
困るのは白鳥だけ・・というすごい人事。
白鳥は砂井戸に、東城医大に設置されるマンモスMRI「リヴァイアサン」の保険書類を担当させるんだけど、こんな重要な仕事を与えるなんて・・・。しかも、それが最後に結局申請できてないなんて!!ありえへん・・・。
それが却って東城大を救うことになったっていうのは、本当に驚き。

・リヴァイアサンがクインチを起こし大爆発して、最後、黒煙の中、小百合に天馬君が追いすがっていった時に聞こえた
「逃がさないわよ、小百合」の声は?田口の空耳?
もしかして、すみれも生き残っていた?いや、あるいは、ずっと小百合と思い込んでいたのはすみれだった?
すみれに小百合の人格が憑依していたとか??うーん。

・Aiセンターの会議に素性の知れないジャーナリスト・西園寺さやかを入れたのはどうなのか?常識的に考えれば、これだけAiセンターに対して敵が多そうなことが分かっている中、素性を調べるでしょうと思うのは私だけ?

・Aiセンターの外観はなんと、碧翠院とそっくり。なぜこんな外観になったか?設計コンペで著名な建築家の設計が半額で申し出たという。
その建築家に設計を委託したのは、天城雪彦。すなわち建築家はマリツィア。
マリツィアはそのミドルネームに「城崎」とあったことから(「ブレイズメス」で判明。桜宮華緒の旧姓)、小百合とはいとこ同士と考えられる。
小百合がこの設計を持ち込んできたことは間違いない。

・田口が戦車に乗って桜宮に移動したのはびっくりです。
そんな派手な演出、しかも一般人の田口が!東堂恐るべし。
実は戦車好きという田口でしたが、いやいや、これは良い悪いに関わらず宣伝にはなりましたねー。

・小百合が仕掛けたのは、Aiセンターの崩壊。これは高階病院長の過去の事件「ブラックペアン置き去り」を暴き、信用を失墜させることと、建物自体を破壊することでした。それを小百合は見事にやりのけたのですが、これには爆弾の用意や建築時点での仕掛けなど、いろいろ準備もあります。一人では絶対にできないと思われますが、斑鳩や南雲以外に、誰か手助けをしたのでしょうか・・・?

・彦根はシンポジウムの前に小百合がしかけていた複数の爆弾を見つけ、解除していたが、本当は城崎がこの調査行っていた。しかし、建築段階に仕掛けていた発火装置があったため、Aiセンターは崩壊。

・焼け跡から遺体は見つからなかった。小百合はどこかへ逃げたのだ。天馬くんが追いかけていったが、碧翠院と同じつくりで同じ隠し通路から逃げている。
小百合はどこへ?そして、天馬くんは小百合がどうなったのか知らないのか?

・今回のAiセンター焼失と、ブラックペアン遺残事故の責任をとり、高階病院長は辞任、さらに病院長権限にて東城大学医学部付属病院の桜宮市からの撤退を宣言。世論が再建を願う声が上がったら、田口がトップとなり再建してほしいという。

・コールドスリープ法案が通過したら、未来医学探究センターという公益法人を立ち上げ、厚労省の天下り組織にしようとしている動きがある。
白鳥は、それを桜宮に誘致して、業務一切を委託すればあぶく銭が東城大に入ると提案する。
ここから「モルフェウス」につながりましたね。


それにしても、このシリーズが終わってしまったのは寂しいです。
「スリジエ」「アクアマリン」「輝天炎上」も非常に楽しみですが、「ナニワ」の続編も期待してます。
個人的には、彦根より、白鳥の方が好きなので、ぜひ白鳥が活躍する話を希望します!
スポンサーサイト
海堂尊-小説 | 2012-07-12(Thu) 12:16:42 | トラックバック:(1) | コメント:(25)
コメント
こんばんは
初めまして。

実は前から、こっそりとお世話になってました。
私には、海堂さんの小説は難しくて、一回読んだだけではすぐ理解できないので、こちらの相関図には助けられています。ありがとうございます。
ケルベロスの相関図も、楽しみにしてますね。

(ネタバレの見方が分かりません。
スマホからはみれませんか?)

ケルベロスは、まだ一回読んだだけなので、ほんとに訳が分からないです。

でも、私の感じた疑問.アリジゴクとか天馬くんとか(その他沢山ありますが)が同じだ!と嬉しかったです。
ちょっとすっきりしました(^-^)
2012-07-12 木  23:52:27 |  URL | ごまめ #SFo5/nok [編集]
ごまめさん

こんばんは!はじめまして♪

> 実は前から、こっそりとお世話になってました。

そうですか(笑)嬉しいです♪

> 私には、海堂さんの小説は難しくて、一回読んだだけではすぐ理解できないので、こちらの相関図には助けられています。ありがとうございます。

私にも難しい部分がありますよ!でも面白いんですよね~。相関図がお役に立っていたら嬉しいです。

> ケルベロスの相関図も、楽しみにしてますね。

はい!ちょっと今忙しいので、時間がかかりそうですが、必ず作りますよ!

> (ネタバレの見方が分かりません。スマホからはみれませんか?)

あー。ドラッグしたら見れるですけど、スマホはできないのかな・・・。
すみません。私スマホ使ってなくて。今度確認します。

> ケルベロスは、まだ一回読んだだけなので、ほんとに訳が分からないです。
> でも、私の感じた疑問.アリジゴクとか天馬くんとか(その他沢山ありますが)が同じだ!と嬉しかったです。
> ちょっとすっきりしました(^-^)

そうですか。すっきりして良かったです。
海堂さんの「ブラックペアン」や「螺鈿迷宮」「極北ラプソディ」「アリアドネの弾丸」は読まれていますか?そのあたりを読んでいると、背景とかわかると思います。
でもわかんないとこ、いっぱいあるんですけどね(^_^;)

2012-07-13 金  21:48:35 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
高階院長のあの決断は無理ですよね。
いくら白鳥さんや坂田局長がいても。
根本的に厚労省の管轄外ですから。
大学病院は医学部学生の教育・養成が第一義の病院なので、文科省管轄です。
もしあの決断をするなら医学部を廃部、現在の在籍医学部生の研修・教育・研究を放り出す事になります。ネタとしては面白いけどいきなり荒唐無稽になっちゃったなあって感じです(笑)
2012-07-20 金  03:58:57 |  URL | 迷い猫 #- [編集]
迷い猫さん

こんにちは!

> 高階院長のあの決断は無理ですよね。

びっくりしましたねー。

> いくら白鳥さんや坂田局長がいても。
> 根本的に厚労省の管轄外ですから。
> 大学病院は医学部学生の教育・養成が第一義の病院なので、文科省管轄です。

そうなんですね。文科省には話をつけてるんでしょうか・・。

> もしあの決断をするなら医学部を廃部、現在の在籍医学部生の研修・教育・研究を放り出す事になります。ネタとしては面白いけどいきなり荒唐無稽になっちゃったなあって感じです(笑)

現在の学生が卒業し、配属先を決めるまで・・みたいな感じなんでしょうかね?
でも、「モルフェウス」や「医学のたまご」時代にはちゃんとありましたから、放り出さずに済んだってことですよね(^_^;)よかったです(笑)
2012-07-20 金  10:35:48 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
ファンサイトが中々みつからず、ようやくこちらのサイトを見つけました!
私、ドラマで入った口ですが今は出来る限り原作を読破しようと努めてます。
先日も、ケルベロスの肖像を購入読了いたしました。
今回、完結編と言うことで加納&玉村コンビも出るかと思ってたんですけど。
9テスラMRIが作中に出ますが、実は2012年に11.7テスラのMRIが稼働するそうです。
医学の進歩の速度は凄まじいですね。
それはそうと、シリーズ完結して私のように寂しい思いをしている方が沢山いて嬉しい!
2012-08-05 日  17:34:47 |  URL | HATUKI #mQop/nM. [編集]
HATUKIさん

はじめまして!こんばんは!

> ファンサイトが中々みつからず、ようやくこちらのサイトを見つけました!

そうですか!見つけていただいて良かったです♪

> 私、ドラマで入った口ですが今は出来る限り原作を読破しようと努めてます。

ドラマも面白かったですよね!

> 先日も、ケルベロスの肖像を購入読了いたしました。

おぉっ!早速!

> 今回、完結編と言うことで加納&玉村コンビも出るかと思ってたんですけど。

出ませんでしたねー。それどころか、白鳥も活躍せず・・。

> 9テスラMRIが作中に出ますが、実は2012年に11.7テスラのMRIが稼働するそうです。
> 医学の進歩の速度は凄まじいですね。

実は、私も「ケルベロス」読んでから、9テスラMRIを調べたんですけど、進歩早いですよねー。

> それはそうと、シリーズ完結して私のように寂しい思いをしている方が沢山いて嬉しい!

寂しすぎですよ!!完結しなくてもいいのに・・・と思ってしまいます。
このシリーズ復活してほしいです!
2012-08-05 日  22:27:13 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
ようやく読み終わりました
読書嫌いだけど海堂作品は好きで
なんとか半数くらいは読みました
その中でもケルベロスは
他作品と関連する部分が多く
自分が読んだ中でも
「田口・白鳥シリーズ」では
「イノセントゲリラの祝祭」や「アリアドネの弾丸」からは
そのまま直結する部分が多く
他にも「螺鈿迷宮」や
「ブラックペアン1988」
「ブレイズメス1990」などからの影響も強い
しかもラストには
「モルフェウスの領域」に繋がるなど
単独でも面白いが
他作品を読んでると
深読みできてさらに面白いと思う


2012-08-10 金  19:43:07 |  URL |  #- [編集]
名無しさん

こんばんは!

> ようやく読み終わりました
> 読書嫌いだけど海堂作品は好きで
> なんとか半数くらいは読みました

そうですか!私は大の本好きです♪

> その中でもケルベロスは
> 他作品と関連する部分が多く
> 自分が読んだ中でも
> 「田口・白鳥シリーズ」では
> 「イノセントゲリラの祝祭」や「アリアドネの弾丸」からは
> そのまま直結する部分が多く
> 他にも「螺鈿迷宮」や
> 「ブラックペアン1988」
> 「ブレイズメス1990」などからの影響も強い
> しかもラストには
> 「モルフェウスの領域」に繋がるなど
> 単独でも面白いが
> 他作品を読んでると
> 深読みできてさらに面白いと思う

そうですね。いろいろな作品がつながっていたり、いろんな登場人物が出てるので
おーっ!と思いながら読めましたね。
2012-08-10 金  21:12:45 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
ご無沙汰しております。
以前コメントさせていただいてから随分経過してる気がします(汗)

やっと読み終えましたが、海堂作品ナンバーワンの消化不良感です(汗)
いや、批判ではないです。
これですべてをつなげて終えよう、というのはよくわかったのですが、なんだかそれがドラマでいう詰め込みすぎな感じで薄くなっちゃってて知りたいことがないぞ?!とか。
これが終わるってことは他も幕引きにするのでしょうかねえ。

そもそも、自分の記憶力のなさを呪いたくなるくらい「そんな感じだっけ?」って思いながら読んでました・・・
すみれと田口先生に何があったかすら思い出せない体たらく・・・(汗)
(小夜と瑞人の犯行の詳細すら思い出せない)
いやはや・・・お恥ずかしいです・・・

ホント、だれが城崎に依頼したのでしょうねえ??
すみれでしょうか??
あの感じから言うとすみれも生きてるっぽいですよね。壁にだれかもたれかかってるだとか逃がさないわよ、だとか。
二人を見ただろう天馬が口を閉ざしてるって言ってるのが余計に怪しい。(そもそもなぜ残った?)
天馬は二人が以前と同じように逃げるの見た、もしくは手助けした、とも考えられますよね。
もともと東城<桜宮一族 って言ってますし。

あと、一番素朴な疑問的に謎だったのはブラックペアンの件です。
こちらは遺族への説明不足はもちろんありますが、最初の手術も二度目の手術も術者が居ます。
これで裁判にならずとも話は出来ないのでしょうか・・・?
まあご本人が亡くなってしまっている以上、「嘘」と言われたらそれまでですが。
もちろん渡海は出てこないでしょうけれど。
スリジェの件も「つぶした」と生々しいですよね。それ故に今回小百合に加担したかのような感じの登場(?)ですが、それも本当なのかなあ、と・・・
モルフェウスに繋がる感じになってますが、あれも謎な面が一つありましたよね。
「摘出の必要があったのか?」みたいなことを言ってましたし。
謎だらけです。
ただ、一貫して警察が信用できないということだけ伝わってきます(笑)
2012-08-28 火  14:06:55 |  URL | nyarome #HfMzn2gY [編集]
nyarome さん

> ご無沙汰しております。
> 以前コメントさせていただいてから随分経過してる気がします(汗)

お久しぶりです♪ こんばんはー!

> やっと読み終えましたが、海堂作品ナンバーワンの消化不良感です(汗)

あ、わかります(^_^;) 

> いや、批判ではないです。
> これですべてをつなげて終えよう、というのはよくわかったのですが、なんだかそれがドラマでいう詰め込みすぎな感じで薄くなっちゃってて知りたいことがないぞ?!とか。
> これが終わるってことは他も幕引きにするのでしょうかねえ。

ですね。世良関係は「スリジエ」で終わり、「螺鈿」は「輝天炎上」で、「モルフェウス」は「アクアマリン」で終わりですもんね。
「ナニワ」以外は幕引きですよね。
にしても、広げた世界を閉じるのって難しいですね。

> そもそも、自分の記憶力のなさを呪いたくなるくらい「そんな感じだっけ?」って思いながら読んでました・・・

あぁ、私もです。なので、今、「螺鈿」を読み返し中です。

> すみれと田口先生に何があったかすら思い出せない体たらく・・・(汗)

どこにも何があったかは明確に書いてないんですよ・・・。

> (小夜と瑞人の犯行の詳細すら思い出せない)
> いやはや・・・お恥ずかしいです・・・

ぜひ「ナイチンゲール」再読を(笑)

> ホント、だれが城崎に依頼したのでしょうねえ??
> すみれでしょうか??
> あの感じから言うとすみれも生きてるっぽいですよね。壁にだれかもたれかかってるだとか逃がさないわよ、だとか。
> 二人を見ただろう天馬が口を閉ざしてるって言ってるのが余計に怪しい。(そもそもなぜ残った?)
> 天馬は二人が以前と同じように逃げるの見た、もしくは手助けした、とも考えられますよね。
> もともと東城<桜宮一族 って言ってますし。

ここらへんは「輝天炎上」で明らかになるのかな?とは思いますが、ほんとにどうなんでしょう・・。

> あと、一番素朴な疑問的に謎だったのはブラックペアンの件です。
> こちらは遺族への説明不足はもちろんありますが、最初の手術も二度目の手術も術者が居ます。
> これで裁判にならずとも話は出来ないのでしょうか・・・?
> まあご本人が亡くなってしまっている以上、「嘘」と言われたらそれまでですが。
> もちろん渡海は出てこないでしょうけれど。

そうですね。そういうことがあったっていうだけで、今の東城大には大きな痛手なんでしょうか。

> スリジェの件も「つぶした」と生々しいですよね。それ故に今回小百合に加担したかのような感じの登場(?)ですが、それも本当なのかなあ、と・・・

小百合に加担?あれ?誰でしょう・・。

> モルフェウスに繋がる感じになってますが、あれも謎な面が一つありましたよね。
> 「摘出の必要があったのか?」みたいなことを言ってましたし。
> 謎だらけです。

摘出は瑞人の・・ですよね?

> ただ、一貫して警察が信用できないということだけ伝わってきます(笑)

確かに(笑)

そして、今後、どのようにきれいに世界が閉じられるのか、気になりますね。
2012-08-28 火  22:44:54 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
再度失礼します!
・・・言葉足らずだらけでしたね、すみません!><

まず、小百合に加担の話はマリツィアを紹介したという話の際、信じる材料になったという形で登場している天城のことでした。
本当に天城が紹介したのかなんなのかはわかりませんが。
マリツィアも悪事を知っていたのでしょうかねえ??

あと、摘出は両眼は瑞人ですが、
アツシも片眼してなかったですっけ??
それを受けてモルフェウスで「そもそも5歳(?)のレティノってあるのかしら?病理検査もしてないみたいだし」とかなんとか出てたのかな、と。
そんな疑問がわざわざ登場してるくらいなのでこれもまた何か絡むのかなあ、とか。

三枝先生の件も解決してない(実話だからかな・・・)しみどりや理恵の方の話もどうなのでしょうかねえ??
医学のたまごでみどりとかおると伸一郎の健在さ(?)はわかりますが・・・
ホント、多方面に風呂敷を広げてるので
回収をどこまでするのか気になります。

個人的には渡海が好きなので
渡海も登場させてほしいとか思ってます・・・。
2012-08-29 水  22:07:59 |  URL | nyarome #HfMzn2gY [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-08-30 木  00:55:57 |  URL |  # [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-08-31 金  17:35:38 |  URL |  # [編集]
nyarome さん

こんばんは!! 

> まず、小百合に加担の話はマリツィアを紹介したという話の際、信じる材料になったという形で登場している天城のことでした。
> 本当に天城が紹介したのかなんなのかはわかりませんが。
> マリツィアも悪事を知っていたのでしょうかねえ??

天城がマリツィアに設計を依頼した件ですね。
「ブレイズメス」でスリジエハートセンターの設計を依頼してましたよね。私はまだ連載されていた「スリジエ」を読んでいませんが、結局建築されなかったのではないでしょうか?
あの設計をそのまま今回のAiセンターに持ってきたのが、マリツィアのいとこである小百合。
多分マリツィアの設計では、そんな燃えやすい材料とか使ってないと思うんですよね。
そのあたりは小百合が仕掛けたのではないでしょうか。
マリツィアは小百合の悪事について知っていたかどうかはわからないですね・・・。

> あと、摘出は両眼は瑞人ですが、
> アツシも片眼してなかったですっけ??

そうですそうです。

> それを受けてモルフェウスで「そもそも5歳(?)のレティノってあるのかしら?病理検査もしてないみたいだし」とかなんとか出てたのかな、と。
> そんな疑問がわざわざ登場してるくらいなのでこれもまた何か絡むのかなあ、とか。

瑞人の年齢でもレティノがあるのか?なんてありましたしね。
アツシのレティノは「モルフェウス」で再度疑問として登場させていたので
これまた連載されていた「アクアマリン」で明らかになったのか気になるところです。

> 三枝先生の件も解決してない(実話だからかな・・・)しみどりや理恵の方の話もどうなのでしょうかねえ??
> 医学のたまごでみどりとかおると伸一郎の健在さ(?)はわかりますが・・・

このあたりは多分、シリーズとしては終わっているっぽいですね。

> ホント、多方面に風呂敷を広げてるので
> 回収をどこまでするのか気になります。
>
> 個人的には渡海が好きなので
> 渡海も登場させてほしいとか思ってます・・・。

渡海は「緑剝樹の下で」という短編で登場してます。
しかも最後は「えーーー。どうなったん!!!」という終わり方。
読まれましたか?
このサイトにもレビューをアップしているので、良かったらご覧ください。
戻ってきてほしいなぁ・・・。

2012-08-31 金  22:11:23 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
nyaromeさん

鍵マークなので・・・。
そうだったのですねー。
なぜか編集できなかったので、一度削除して再度コピペしました~!
2012-08-31 金  22:16:02 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
ありがとうございました!
本当にお手数をお掛けしまくりで申し訳ありませんでした!(>_<)



2012-09-01 土  20:38:49 |  URL | nyarome #HfMzn2gY [編集]
nyaromeさん

> ありがとうございました!
> 本当にお手数をお掛けしまくりで申し訳ありませんでした!(>_<)

いえいえ。大した手間ではありませんので、気にしないで下さいね!!
2012-09-02 日  11:00:41 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
海堂尊ファンさん、こんばんは(^^)。
いつも、お世話になっております。もちろん今回も♪
ホント、海堂さんの作品群は、壮大な歴史絵巻になってますよね。
まだまだいろんな作品と作品の間のエピソードがたくさんあると思うので、〈バチスタシリーズ〉が終わりでも、続きは読めるかな~って、期待しています。
だけど、一見さんには優しくなくなっちゃいましたねぇ(笑)。

トラックバックさせて頂いたのですが、反映してないかもしれないです…。
よろしければ、海堂尊ファンさんの方からTBして頂けると、うまく私からのTBができると思います。
よろしくお願いします。
2013-03-07 木  17:57:15 |  URL | 水無月・R #- [編集]
TB成功しました!ありがとうございます(^^)~♪
2013-03-09 土  22:10:43 |  URL | 水無月・R #- [編集]
水無月・R さん

こんばんは!

> いつも、お世話になっております。もちろん今回も♪

いえいえ。

> ホント、海堂さんの作品群は、壮大な歴史絵巻になってますよね。
> まだまだいろんな作品と作品の間のエピソードがたくさんあると思うので、〈バチスタシリーズ〉が終わりでも、続きは読めるかな~って、期待しています。

そうそう。シリーズ完結っていっても、ほんとの意味での完結ではないですよね。

> だけど、一見さんには優しくなくなっちゃいましたねぇ(笑)。

はい・・・(^_^;) 海堂さんはこの本だけ読んでても楽しめるように書いているっておっしゃってますが、ファンからすると、これ、わかるのかなぁ・・・?とは思っちゃいます。

> トラックバックさせて頂いたのですが、反映してないかもしれないです…。
> よろしければ、海堂尊ファンさんの方からTBして頂けると、うまく私からのTBができると思います。
> よろしくお願いします。

ありがとうございます。
TBしましたよー。お願いしまーす♪


2013-03-09 土  22:12:28 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
水無月・R さん

> TB成功しました!ありがとうございます(^^)~♪

今、お返事書いたとこです。チャットのようです!
TB成功、よかったでーす♪
2013-03-09 土  22:13:27 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
最後にブラックペアンが暴かれたのはあの事件の誰かが関係していると思います。でも佐伯と桜宮院長が同窓だったということ以外は接点がないので違うかもしれません。
2013-09-19 木  21:48:02 |  URL | クラムボン #- [編集]
クラムボンさん

こんばんは!

> 最後にブラックペアンが暴かれたのはあの事件の誰かが関係していると思います。でも佐伯と桜宮院長が同窓だったということ以外は接点がないので違うかもしれません。

高階がブラックペアンを戻して、さらに患者に黙ってますからね。そこをつかれたら、それは痛いですよね。患者に説明をしておけばよかったんですけど・・・。
2013-09-21 土  20:56:00 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
プラシボの話は海堂さんが現代の医療の現状について書いたのだと思います。このような患者が増えたのはインターネットなどが普及したのが影響しているからです。
2013-09-22 日  17:18:44 |  URL | クラムボン #- [編集]
クラムボン さん

> プラシボの話は海堂さんが現代の医療の現状について書いたのだと思います。このような患者が増えたのはインターネットなどが普及したのが影響しているからです。

そうですね。プラシボの効果の話はいろいろな記事にも出ていますね。私は、この本で初めてプラシボという言葉を知りました(*^_^*)
2013-09-23 月  09:56:45 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/03/09 22:08 | 蒼のほとりで書に溺れ。 | 『ケルベロスの肖像』/海堂尊 ◎ あの【バチスタ・スキャンダル】から約3年・・・。 海堂尊さんの描く、『バチスタシリーズ』の最終章となりました。最終章か~、結構残念だな~。 本作『ケルベロスの肖像』では、


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。