テレビドラマ「チーム・バチスタの栄光」第3話レビュー

第3話  麻酔科医の告白                 2008.10.28.O.A


 *内容は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。




本 内容

チーム・バチスタ一連の術死について、ついに院内の医療事故防止組織、リスクマネジメント委員会が招集された。東城医大・第2の勢力を誇る心臓血管外科教授・黒崎は、手術に問題はないと調査を強引に打ち切ろうとする。リスクマネジメント委員会には、黒崎教授の派閥が大勢いた。
白鳥はチームの中に連続殺人鬼がいるかもしれないと公言、バチスタ手術全32件の記録映像の貸し出しを求める。

リスクマネージャーである羽場は手術室のヒヤリ・ハット報告書を見せるが、リスクマネジメント委員会に月に20件のうち2件しか報告してないという。さらにバチスタ手術のヒヤリ・ハットは一度も報告してないとのこと。おかしいなぁと言う白鳥に、怒る羽場。

夜バーにて。高階病院長と藤原看護師。いつも会ってる様子。

厚労省とグルになって桐生先生をつぶそうとしていると噂される田口。
直美には「いろいろ言われてるみたいだけど、負けないでくださいね」と言われる。

厚労省の知り合いに黒崎教授は手を引くよう依頼するが、局長直々に指示されているから余計な電話をしないようにと白鳥は言う。

「バチスタ手術で死んだ患者の解剖をしないのはなぜか?」と鳴海に聞く白鳥。
しかし、鳴海は「僕もしたいけどね」とごまかす。

入手した記録映像のうち、ケース29の映像が何者かに盗まれてしまう。白鳥は鳴海を疑うが、何もみつからない。
殺人をする医師はいないと真摯に信じる田口だったが、この出来事により自信がなくなってしまう。

一方、田口への風当たりは強くなり、委員会へ提出する書類作成に苦労する羽目に。そんな中、氷室のもとを訪れ、「麻酔科医はオペ室の奴隷」という氷室の、麻酔科医としての過酷な実情を知った田口は、氷室を家の食事に招く。特売豚肉のすき焼き。
一年中オペ室にいて、朝晩何も食べず、夜はカップめんの生活をしている氷室は素直に喜ぶ。

その頃、盗まれた術死回の資料を調べていた白鳥は、他のケースとは異なる、ある事実に気づく。

再び、リスクマネジメント委員会。黒崎教授は、術死を問題ではないと判断し、一切調査に協力しないと言う。「それじゃ何か隠してるみたいだ」という田口は、非難の矢面に立たされる。

そこへ桐生、大友、氷室がやってきて、「私が田口先生に調査を依頼した。委員会が動かないなら、田口先生に特別に調査する権限を与えてください」と黒崎教授に頼む。
さらに高階病院長が現れ、病院長権限で、田口先生を「特命リスクマネージャー」に任命する。

一方、「ケース29は心臓の切除範囲が他より広いよね。切りすぎたから死ぬってことあるのかな。」「切除範囲を決めているのは、鳴海先生だよね。」と言う白鳥に、鳴海は笑う。

部屋に戻った田口は、机の上に置いてある紙に気づいた。
「術死は続く、これからも。これは完璧に仕組まれた犯罪である。」


救急車 

なんともひどいリスクマネジメント委員会です。こんな人たちがやってたら、絶対よくなるわけがないと思ってしまいます。
今回、敵キャラが際立ってますね。ひどい悪役です、黒崎教授。

それにしても、麻酔科医の現実って厳しいんですね。
ここでの話は、本当の話なんでしょう。麻酔科医が不足していて、オペを何件も掛け持ちして
それこそ食事をとる時間もないようです。
ただ、ちょっとあれはひどい。なんなんでしょう。
消化器科の奥田!自分の腕が悪く、ミスをして、さらに誤った判断をしていて
氷室に指摘されて、手術器具を投げるなんて!!桐生先生が助けてくれたから良かったものの・・。
全くもって、こんな医者に診てもらいたくないです。
これは、たぶん、おおげさにしているのだと、信じたい・・・。

さてさて、今回は、氷室と鳴海に焦点が当てられてました。
鳴海はますます怪しくなってます。
氷室は、男前の城田くんだけに、きっとファンがうなっていることでしょう。

グッチーは、その真面目で誠意のある態度で、桐生、大友、氷室が認めてくれたようです。
よかったね。グッチー。

白鳥は、鳴海に目を付けたようですね。
さてさて、次回はどうなるんでしょう。


<新しい登場人物>

松井純子 総看護師長
曳地敦夫 リスクマネジメント委員会委員長
消化器外科講師 奥田龍治(名前・・あってます?)
麻酔科研修医 松田茂(だったかな)


スポンサーサイト


海堂尊-テレビドラマ | 2008-10-28(Tue) 23:08:10 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説