宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!


宝島社「海堂ニュース」が2/17に更新されています。


タイトルは「盛況だったAi学会とAi研修会」


以下、海堂先生の近況を抜粋。
1)初の短編集『玉村警部補の災難』が2月10日に宝島社から刊行。

2)同じく宝島社から「『このミステリーがすごい!』大賞10周年記念 10分間ミステリー」が刊行

3)新聞三社連合『アクアマリンの神殿』、週刊現代『スリジエセンター1991』は絶賛好評連載中。ゴールは近いはず。

4)『ケルベロスの肖像』、宝島社さんにて絶賛手直し中。六月刊行予定。

5)『螺鈿迷宮』の続編、かつ完結編を秋に刊行すべく「野性時代」で連載開始予定。タイトルは『輝点炎上』。いまのところ、連載開始予定5月、刊行予定9月。

6)海堂ラボはおふたりのゲストをお招き。
佐賀大学Aiセンター副センター長の阿部一之先生は放射線技師として、Ai推進に尽力してくださった方。
もうお一人は、ロックシンガーの吉川晃司さん。

7)4月、PHP新書で海堂ラボ書籍版第一巻を刊行予定。十二人のゲストに登場していただきました。タイトルは『日本の医療・この人を見よ―海堂ラボvol.1』

8)『コマンダンテの海』。一部、二部をオール讀物2月号と3月号に集中掲載。

9)新潮社「波」、キューバ紀行「キューバ・ラブワゴン」第2回は3月号掲載。
副題は「オラ、ハバナ」。

10)角川oneテーマ新書で対談本。日本医師会常任理事の今村聡先生と共著で『医療防衛―日本医師会はなぜ闘うのか』を三月刊行。これにも天馬大吉と別宮葉子という、螺鈿迷宮―輝点炎上コンビにご登場願いました。言いたいことは「日本医師会は開業医の利益団体ではありません」ということです。

11)1月に刊行。金芳堂から新創刊された『放射線医学シリーズ・放射線医学総論』にて、『22章・オートプシーイメージング』をAiの第一人者である塩谷清司先生と共著で執筆。


今年も盛りだくさんですね!楽しみです!
スポンサーサイト


海堂さんニュース | 2012-02-20(Mon) 14:37:49 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説