スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

「極北ラプソディ」 海堂尊 著 レビュー



極北ラプソディ   海堂尊 著


本 内容
赤字建て直しをはかる世良院長、目前の命を必死に救う救急医の速水、孤島の診療所の久世医師の姿をとおして、再建の道をさぐる。『極北クレイマー』に続くメディカル・エンターテインメント第2弾。

アヒル。 目次
第一部 極北の架橋 
1章 通り過ぎるサイレン      5月12日(火曜)
2章 テレビ先生の三つの宣言    5月13日(水曜)
3章 赤鼻課長の訪問         
4章 世界は孤立していない     5月14日(木曜)
5章 古巣探訪 
6章 極北市を治療しましょう 
7章 市長懇談会          5月15日(金曜) 
8章 監察医務院の闇 
9章 救急車の静寂         6月15日(月曜)
10章 メディア・ストーム      6月16日(火曜)
11章 世良の秘密兵器        6月18日(木曜)

第二部 雪見の夏空 
12章 ドクターヘリ         6月22日(月曜)
13章 帰宅難民           6月23日(火曜)
14章 漂泊の酒宴
15章 将軍の日           6月24日(水曜)
16章 ドクタージェット高層     6月25日(木曜)
17章 東城大の血脈         7月 2日(木曜)
18章 雪見峠に棲む悪魔       7月 7日(火曜)
19章 七夕の帰還     

第三部 光のヘリポート 
20章 ひかりのシュプール      2月16日(火曜)
21章 アクロバット・フライト    2月17日(水曜)
22章 円卓裁判           2月19日(金曜)
23章 シンデレラ・ナイト      2月20日(土曜)

第四部 オホーツクの真珠
24章 北の経綸           3月11日(木曜)
25章 神威島            3月18日(木曜)
26章 闇の中の手術    
27章 海狼の遠吠え    
28章 青い蝶            3月19日(金曜)


単行本: 392ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2011/12/7)





海 読後レビュー。

海堂先生、小説単行本18作目です。
待ちに待った「極北クレイマー」の続編。
世良院長が就任して、さぁどうなるか・・・・ってとこでしたので、めっちゃ気になってました。
前半は今中目線で、極北市民病院の現状が描かれています。
病院を再建するために、救急は受けない、人員削減など徹底した対応で、患者も激減し、
モチベーション下がりまくりの今中。

診療拒否問題でメディアから非難の嵐を受けますが、世良院長は非難などどこ吹く風です。
そんな中、まるでメディアから守るように今中を極北救命救急センターに派遣するんですよね。
で、それを明言した講演会にいたのが・・・
とうとう出ました、花房美和。

懐かしいですねー。速水とともに北の大地に去って3年。どうなってんだー?と思ってましたが。
18年ぶりの世良との再会は、あまりにあっけなかったです。えー、もう終わりー?

極北救命救急センターに派遣され、速水副センター長の下でやりたかった救急業務に励む今中。
かわいいフライトナース五條もいるし、やりがいもある仕事ですが
一人ぼっちでメディアや世間と戦っている世良をテレビや新聞で見て、
これでいいのか・・って悩んでます。
いい人ですよね。今中せんせ。
でもいい人ってだけで、主人公としては弱い(笑)
極北市民病院では世良、
極北救命救急センターでは速水やドクターヘリ・スタッフたちの方が存在感があります(笑)

速水は相変わらず、我が道行ってます(笑)
これだけ自分のやりたい事や進む道を明確にしている人ってなかなかいないのではないでしょうか。
このままここで思う道を進むのが、速水には合っているんでしょうね。
進ませてくれるセンター長やスタッフもいるし。

それに、救急センターのバックアップを民間の開業医が行うという雪見市のシステムは、すばらしいですね。
地域医療の好例として、他の地域も取り入れられたらいいのに。
実際こういう例ってどれくらいあるんでしょう。

さて、極北救急救命救急センターの桃倉センター長、今まで名前だけでしたが
とうとう登場しました!
なんかイメージ的には、厚労省の白鳥の上司である坂田局長みたいですね。
うまく速水を使いこなしてる感じです。

その桃倉がスキー場で怪我しちゃって、ドクターヘリを飛ばすとこはかなりの見せ場です。
ドクターヘリには乗らない救急救命医・「飛ばずの速水」が
悪天候でヘリを飛ばすのは100%無理という中、
自分を乗せてヘリを飛ばすよう要求するんですが、
プロとプロの戦い!って感じでした。
ヘリの中での救急処置もまばたきできないです。
やはり速水は「将軍」です。

桃倉とスキー場に観戦に行っていた花房は、爆弾低気圧でヘリなんて絶対飛ばない中、
どんどん脈がなくなっていく桃倉の心臓マッサージを続けながら、
速水が来てくれると信じて待ってるんですよ。
そんなの見てたら、もう絶対花房は速水が好きなんだと思いますやん!!

それに「俺の介助ができるのはお前しかいない、それくらいわかっているだろう。」
という速水。絶対、花房が必要なんだということも痛いほど伝わりますよ。

こりゃ、この2人は安泰か?!と思っていたんですけどね・・・。

どーいうこっちゃーーーーー!!

・・・・・・はぁ。

この件に関する感想は、ネタバレになってしまうので、下記、ネタバレメモで!

さてさて、この「極北ラプソディ」には、驚きのあの人も登場です。
なんの関係もないはずなのに、
え?なんでこんなところに登場?ちょっと無理やりでしょー。と思いましたけど。
世良の演説をネットに流すだけのちょろいボランティアをしに、わざわざ極北にくるか??
なぜここで西野を出したのか、ちょっと不思議。

それに日本三分の計の提唱者、彦根の話もでてきましたねー。
極北監察医務院を潰す話も。
「アリアドネ」や「ナニワ・モンスター」「ジェネラル・ルージュ」
「ブレイズメス」「モルフェウス」などなど、
他の話や登場人物が絡んできて、ぱーっと広がっていた花びらが閉じていくような気配です。

ただ、極北シリーズはこれで終わり?みたいですね。
まぁ極北市民病院が、本気の世良によってどこまで立て直しを図れるかとか
見てみたいですが。

それに神威島の久世先生。素晴らしいお人です。
「スリジエ」の後、世良が放浪の果てにたどりついてお世話になった方。
18年前、世良に何があったのか。「スリジエ」も楽しみですね。

今回、お気に入りのキャラは、久世先生とパイロットの大月さん。
小説新潮11月号掲載の「被災地の空へ―DMATのジェネラル」で登場してたんだけど、五條とはこういう関係だったのね。

今回、大きな出来事はスキー場での雪崩事故ですが、
医療をなんとかしないといけないという海堂先生の気持ちは伝わってきましたね。
ドクターヘリの意義とかいろいろわかりました。
あとは、やはり速水と世良と花房。
花房が登場するシーンってほんとにちょこっとなんですけどね。

非常に楽しめました。


<登場人物> 
  ・名前がある患者でもその場のみの人物や、名前がない登場人物は載せていません。

<極北市民病院>

世良雅志 : 極北市民病院の立て直しに招へいされた病院再建の専門家。
       長髪、丸眼鏡。細身でもうすぐ50代。哲学者然とした風貌。院長。
       東城医大佐伯外科出身。

今中良夫 : 副院長かつ外科部長。極北大学第一外科からの派遣医師だったが半年前、正式に就任。
       30代半ば。外科医10年目。

角田サキ子  : 看護師長。元東三階外科病棟。年配で小柄。超音波怪獣。
        佐竹と訪問看護を行っている。世良のファン。

佐竹景子   : 若手の看護師。地味。

蟹江   : 女性事務員。40歳過ぎ

平松   : 事務長。精神不安定。

<極北市民病院患者>
田所豊作 : 古参患者。いつも診療費は払わない。
タエ   : 世良の患者。優等生。

<極北救命救急センター>
 ・極北市の隣の雪見市にある、北海道でドクターヘリを導入した先駆けの救急センター。
 
桃倉義治 : センター長。太った坊主頭。60代。

速水晃一 : 副センター長。“将軍”と呼ばれる。元東城医大救命救急医。長身でくっきりした目鼻立ち。

花房美和 : 救命救急部師長。元東城医大看護師。

伊達伸也 : フライトドクター。勘九郎親分の息子。

五條郁美 : 救命救急部初動班フライトナース。美人で意志が強い。

越川   : CS(コミュニケーション・スペシャリスト)。ヘリと救急隊、管制塔との連絡係。

大月   : ドクターヘリパイロット。極東航空から派遣。

戸村   : ドクターヘリ整備士。

タミ   : 受付嬢。
美佐江  : 若い看護師。

桃倉光二 : 桃倉センター長の息子。高校生。細身で背が高い。
       スキーが得意でインターハイ準優勝するほどの腕前。

<神威島診療所>
 ・オホーツク海に浮かぶ孤島の診療所。オホーツクの真珠。
  世良の医師としての第二のキャリアが始まった場所。

久世敦夫 : 神威島診療所長。神威島の神と呼ばれる初老の医師。世良の恩師。
後藤継夫 : 元極北市民病院医師。1年前に診療所に来た。
後藤 梢 : 後藤の妻で看護師。元極北市民病院勤務。

竹之内  : 神威村役場の役人。

<極北市役所>
益村 : 極北市市長。青年会議所出身。
加藤寅雄 : 市民安全課・課長。赤鼻

<極北市関連>
本田   : 極北市消防署署長。ごま塩頭。ヘリ嫌い。
木村   : 極北市警察署署長。50代。元警察庁のエリート・キャリア。
田端   : 極北市保健所長。来年定年。
島田   : 極北市顧問弁護士

西野   : ヒプノス社のエンジニア。5年前に世良と知り合う。
       黒ずくめ。ネットで世良院長の会見を動画配信する。
       現在、コールドスリーププロジェクトの山場。

大村  : 極北タイムス女性記者。極北市民病院にいつも取材に訪れている。

垂井  : 朝売新聞男性記者。診療拒否患者死亡問題を記事にする。

水沢 : 極北大学医学部第一外科教授。学術を重視する。

諸田藤吉郎 : テレビ司会者。
皆川  : ニュース番組のコメンテーター。
宮野  : 雪見市商工会議所青年部会代表。


*名前のみ*
三枝久広 : 元産婦人科部長。人望もあり腕もいいが、妊婦死亡事故で逮捕される。

姫宮香織 : 「でかくてめんこい医者」と田所に言われる。
       1年前に極北市民病院に派遣されていた。

南雲忠義 : 極北市監察医務院・院長。通り名は「北の土蜘蛛」。長期休暇中。

清川吾郎 : 帝華大学産婦人科学教室の准教授。不妊学会理事。久広の友人。

益村市長の甥御 : 薬剤師の就職口を探している

彦根新吾 : 房総救命救急センター診断課・病理医。
      「ひねくれ彦根」「医療界のスカムラージュ(大ぼらふき)」
       日本三分の計を提唱。

広崎宏明 : 臨月半ばの妻を出産の際の出血多量で亡くした。消防士長。

村雨知事 : 浪速府知事。

太った女性秘書 : 極北大学教授秘書。第一外科の生き字引だったがリストラされた。

織田   : 極北大学第一外科の研究室長、今中が所属していた。

戸村   : 極北大学第一外科医局長。

小俣   : 極北救命救急センターでドクターヘリ搭乗を拒否した研修医。

田村   : 極北大学第一外科医局。今中の後輩。



登場人物作品関連図はこちらをクリック!


●時期
2009年5月12日~2010年3月19日まで


<ネタバレメモ>
 
    *以下、ネタバレ含みますので、見てもいい方だけ、ドラッグしてください。

・今回のネタバレは・・・やっぱり、世良と花房が18年を経てもお互いを求め合っていたということですね。
世良が東城医大を離れて、ずっと花房は速水のことが好きだと思ってました。
極北に一緒に行って、しばらく一緒に暮らしてたのに。
速水は救急に命を懸けていて、花房を必要と感じているんだけど、
一人の女性として求められているとは花房は感じられなかったんでしょうか。
速水は花房の心にずっと世良が住んでいるのを感じて、
部屋を出て行った・・。
自分にはどうしようもないと思ったんでしょうか。
速水も辛いですね・・・。

そもそもなぜ花房と速水は惹かれあったんでしょう。
速水が花房に好意を寄せていたのかもしれません。
猫田が「ジェネラル・ルージュの伝説」で花房に口紅を貸してあげてといったところから始まったんでしょうか。

ドクタージェットのトライアルに、世良と会えるかもと思って、あえて申し込んできた花房。
トライアルの申し込みを却下しなかった速水は、この結末を予期していたんでしょうね。
世良は花房とこれから幸せにやっていきそうですね。
速水はこのまま極北の地にいるんでしょうか。
「医学のたまご」まで、ずっと独身の如月翔子と出会うことはもうないのかな・・・。

・「極北」シリーズは今中が主人公だと思っていたんですが、今回は速水と世良。
前半は、世良が極北市民病院を再生させるために、救急を受けず、人も減らし、さながら悪代官の役回り。
救急受付を拒否したのが、常連患者で支払いをしない田所だったことから、メディアにもさらに叩かれ、それでも平気(強がっているだけ?)な顔をしてるんですね。
世良は変わってしまったのか?ってのが、昔からの世良を知る読者の気になるところですが、今中を
極北救命救急センターに派遣したのも、実はメディアから守るためだったところや、病院再建のためにやむを得
ず、いろんな対策を講じていることもわかります。

後半は、速水がスキー場の雪崩事故で瀕死の桃倉センター長を助けにヘリに乗るところ。
そして、100%飛ばせない悪天候の中、ヘリを飛ばせて、ヘリの中で処置をするために、飛びながら10秒間エンジンを停止させるという無茶をさせちゃうんですね。
信じられない偉業です。もちろん速水だけでなく、ヘリパイロットの大月さんが優秀だったからできたこと。

ヘリパイの大月さんとCSの越川さんのコンビの過去や、その2人と飲み比べして負けた速水のシーンも必読です。

・実は読後しばらくして気づいたんですが(遅い(^_^;)
桃倉センター長の息子、光二が、「医学のたまご」の薫の指導医・桃倉さんですね。
あぁ、極北大に行って、医者になったんだー。と感慨深いです。


・神威島診療所の久世先生のもとで、世良は、18年前、第2の人生をスタートさせたとあります。
ドクタージェットで神威島に行き、世良が久世先生にかけられた言葉がとてもよかったですね。
それから、なんと神威島診療所には、「極北クレーマー」では極北市民病院で働いていた後藤と、看護師・並木梢が結婚して、一緒に働いてました!


・ドクタージェット構想の目標は日本統一。日本三分の計を「ナニワ・モンスター」でとなえていた彦根の構想が関係してきますね。



この極北市民病院再建は、夕張市の医療再建における村上医師の奮闘を反映しているんですが、私、「極北ラプソディ」を読んで初めて、こういう事実を知ったんです。離島・礼文島の医療を支えている升田先生のことも、あとから調べて知りました。
なんかすごく恥ずかしい気持ちです。
ただ、私のように医療について関心のなかった人たちが、海堂先生の小説を読んだり、話に触れることで、少しでも身近に感じ、考える姿勢を持つことができるのは、良いことだと思います。
医療や死因究明について、新聞の記事や報道があると、高い関心を持つようになりました。
関心を持っただけで、何ができるのか?といわれると、何もできないんですが(^_^;)
すみません。この部分ネタバレじゃなくて、ただのひとりごとですね・・・。
スポンサーサイト
海堂尊-小説 | 2011-12-13(Tue) 22:57:31 | トラックバック:(1) | コメント:(8)
コメント
小説新潮11月号は読まれました?
あれに載ってる「DMATのジェネラル」
が「極北ラプソディ」にダイレクトに繋がってる感じですよね。
あの中で花房は速水にとってほろ苦い記憶と言う感じになっていました。ここで久世に出会って世良の事も思い出してましたね。
速水は多分女性としては花房を好きなんでしょうけど、花房を自分の中で最上位には置けないみたいですよね。何より救急医療が最優先っていうか…
「DMAT」を読むと伊達さんが本当に速水の右腕って感じで、8年もオレンジでご一緒した佐藤ちゃんよりもあてにされてる風なのがなんとも。
速水、如月とどこかで再会するのでしょうか?
大穴で五條と…って事もありかな?世良のところへ行った花房はアラフォーのオトメチック以外感じなかったです(笑)
世良は速水に対してある種のコンプレックスが有りそうだし、面白い人間関係ですね。
2012-02-15 水  13:08:25 |  URL | 迷い猫 #- [編集]
迷い猫さん

こんばんは!

> 小説新潮11月号は読まれました?

読みましたよ~!
まだレビューUPできてないんですけど・・・・(^_^;)
そのうち載せる予定です。

> あれに載ってる「DMATのジェネラル」
> が「極北ラプソディ」にダイレクトに繋がってる感じですよね。
> あの中で花房は速水にとってほろ苦い記憶と言う感じになっていました。ここで久世に出会って世良の事も思い出してましたね。

そうでしたねー。

> 速水は多分女性としては花房を好きなんでしょうけど、花房を自分の中で最上位には置けないみたいですよね。何より救急医療が最優先っていうか…

うんうん。そうなんですよ。多分、最上位は救命救急なんでしょうね。

> 「DMAT」を読むと伊達さんが本当に速水の右腕って感じで、8年もオレンジでご一緒した佐藤ちゃんよりもあてにされてる風なのがなんとも。

あはは(^_^;)

> 速水、如月とどこかで再会するのでしょうか?

再会したらどうかなるかなぁ・・・と淡ーい期待もあります。
でも、多分、速水はこのままでしょうね・・・。東城医大、救急なくなっちゃうし・・・。

> 大穴で五條と…って事もありかな?世良のところへ行った花房はアラフォーのオトメチック以外感じなかったです(笑)

五條!ありですかーーー?!
最初はそう思ったんですけど、読み進むにつれて、ないかなーと。

> 世良は速水に対してある種のコンプレックスが有りそうだし、面白い人間関係ですね。

そうそう。そのコンプレックスは「スリジエ」でかなり出てくるんでしょうねー。
早く一気に読みたいです。
2012-02-15 水  23:04:39 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
ニュース最新きましたぜ
2012-02-19 日  22:12:36 |  URL | とおりすがり #9fpR9nnU [編集]
とおりすがりさん

> ニュース最新きましたぜ

そうなんですよ!すみません、アップ遅れました!!
2012-02-20 月  14:14:10 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
極北ラプソディのNHKドラマ化決まりましたね
今中役は瑛太さんで、世良役は小林薫さんです
2012-09-16 日  12:54:54 |  URL | ままる #SFo5/nok [編集]
ままる さん

こんばんは!

> 極北ラプソディのNHKドラマ化決まりましたね
> 今中役は瑛太さんで、世良役は小林薫さんです

わ、知りませんでした(^_^;)
今からチェックしてサイトに載せます!
教えていただき、ありがとうございます!
2012-09-16 日  23:21:15 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
ネタバレ読んだんですがドラマには花房っぽい人出てなかった気がします。それとヘリのエンジン10秒止めるとか。小説と結構違いますね。今度読んでみます。
2013-03-23 土  13:09:28 |  URL | RAINBOW n700 #YPvSHZGg [編集]
RAINBOW n700さん

こんばんは!

> ネタバレ読んだんですがドラマには花房っぽい人出てなかった気がします。それとヘリのエンジン10秒止めるとか。小説と結構違いますね。今度読んでみます。

そうですね。ドラマは小説とは別モノと思ってみています。「極北ラプソディ」は設定や物語もほんとに原案だけで、小説とは違うので、ぜひ小説も読んでみてくださいね。
2013-03-23 土  22:44:15 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/03/10 22:50 | 読書と中学生(母)日記 | 「極北ラプソディ」(海堂 尊 著) 極北ラプソディ海堂 尊 朝日新聞出版 2011-12-07 売り上げランキング : 3241Amazonbk1e-hon図書館by ヨメレバ私のおすすめ度 ★★★★☆ 速水先生が結構でてます! 「極北クレイマー」の続編 海...


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。