スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

「モルフェウスの領域」 海堂尊 著 レビュー




「モルフェウスの領域」     海堂尊 著


本 内容
日比野涼子は桜宮市にある未来医学探究センターで働いている。東城大学医学部から委託された資料整理の傍ら、世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りについた少年・佐々木アツシの生命維持を担当していた。アツシは網膜芽腫が再発し両眼失明の危機にあったが、特効薬の認可を待つために五年間の“凍眠”を選んだのだ。だが少年が目覚める際に重大な問題が立ちはだかることに気づいた涼子は、彼を守るための戦いを開始する―“バチスタ”シリーズに連なる最先端医療ミステリー。


アヒル。 目次

第一部 凍眠
1.モルフェウス        2012.10
2.インソムニア        2014.10
3.マニッシュ・リーパー    2014.12
4.リバース・ヒポカンパス   2014.12
5.グレイ・ゴー・アウエイ   2014.04

第二部 覚醒
6.オレンジ・クイーン     2015.04
7.フェリス・ホイール     2015.04
8.サイクロピアン・ライオン  2015.05
9.リインカネーション     2015.06


単行本: 261ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/12/16)


海 読後レビュー。

初めてかな・・・海堂先生の小説で涙がこんなにこぼれたのは。

この作品は「野性時代」に連載されていた時に、実は読んでいたんです。
こういった話が単行本として発刊されるのは、海堂ワールドだからだろうなと思ってました。

なぜなら、
この話自体、日比野涼子の未来医学探求センターでの勤務の話、コールドスリープの問題定義(人としてという倫理観)及び、モルフェウス覚醒後の後日談のような内容であり、1冊の独立した小説として、最初は、そこまで私は魅力を感じなかったんですよ。
すなわち、私は、このモルフェウスが、海堂ワールドの住人である、佐々木アツシだからこそ、読もうと思ったんですね。 
読み終わった今は、もちろん読んで良かったと思います。海堂先生のファンなら絶対読んでおきたい本です。
そして、海堂ファンならずとも読んで欲しいと思います。いろいろ考えさせられることも多かったですね。

「ナイチンゲールの沈黙」 に登場し、「医学のたまご」で、立派に成長していたアツシ。そのアツシの秘密が明らかにされたんです。


第一部は涼子の未来医学探求センターでの生活と、ステルス・シンイチロウとのやりとり、さらに、ノルガ共和国で出会った医務官との回想がメイン。
未来医学探求センターは、別名・コールドスリープセンター。コールドスリープ中のスリーパーの維持・運営が主な業務。さらに涼子には、東城大学医学部の過去の膨大な資料保管・整理というおまけ業務も。

コールドスリープは特殊疾病に対しての治療法が2年以内に確立されるという情報がある場合、疾病の進行を遅らせることを目的に人工冬眠をするもので、このコールドスリープに対し「凍眠八則」いわゆる「モルフェウス・プリンシプル」を提言したのが、ゲーム理論の若き覇者、ステルス・シンイチロウこと曽根崎伸一郎。

今の涼子に大きな影響を与えたノルガ共和国で出会った医務官。
そして、ステルス・シンイチロウ。懐かしい名前が出てきて、人はつながっているんだなと思いました。

第二部では、スリーパー覚醒後の話で、涼子は裏に隠れます。代わりに
ヒプノス社のコールドスリープ担当である西野がスリーパーとその保護者代理に対峙します。
西野が、未来医学探求センターにやってきた保護者代理とスリーパーに見せたビデオでの涼子の言葉を読んだ瞬間、涙がこぼれて止まりませんでした。
その前に涼子の決意がなんだったかを西野の口から聞いた時も、鳥肌が立ちました。

最初よくはわからなかったんです。涼子の決意が。なぜそんなことをしたのか。
「モルフェウスをひとりぼっちにしてはならない」
シンイチロウのその謎かけを解いた涼子の行動が、その時やっとわかった気がしました。

涼子はスリーパーに対して、母性のようなものを感じていたのでしょうね。
だからこそ、誰もが信じられないような、あんな行動を取った。
ただ、5年間世話をしたからといって、そこまでの感情を持つのかどうかは、個人によるなと思いました。
外部とつながりを持たない、まったくの一人である涼子だからこそかもしれません。
もしかしたら、西野との出会いがもっと早かったら、あるいはこういうことにならなかったかもしれません。

5年後はいったいどうなるんでしょう。
とても気になります。

それにしてもこんなことがあったんですね。
この話は2012年から2015年の話なので、「アリアドネの弾丸」よりもだいぶあと、すなわち、東城医大のその後が書かれています。どうやら2010~2011年あたりに東城医大に何かが起こったようですね・・・。

そして、「5歳のレティノって本当にあるのかしら」
涼子のつぶやきから、以前の話がフラッシュバックしました。
もしかして、アツシはレティノじゃなかった?
そして、それは過去の東城医大の膨大な資料に埋もれている?
取りだした眼球の病理検査もしていないらしく、そのあたりにも何らかの闇を感じますね。

日比野涼子シリーズ、ここで完結せず、アツシや西野との話も含め、ぜひ続きが読みたいです。

<登場人物> 

未来医学探求センター関係

日比野涼子 : 非常勤職員。コールドスリープをしているスリーパーの維持・運営を担当。
        子供のころは父親の転勤で第3世界の国々を転々としており、十数カ国語に対応。
        医学知識も持っている。

八神 :    未来医学探求センター所長。厚生労働省からの天下り。

佐々木アツシ  : 網膜芽腫患者。当時9歳。
         レティノの特効薬の認可を待つためにコールドスリープを選択。

西野昌孝    : ヒプノス社の技術者。テクニカル・スーパーバイザー。不眠症。
          実はコールドスリープの開発者。

東城大学医学部付属病院

田口公平  : 不定愁訴外来主任(通称・愚痴外来)神経内科学教室講師。

高階権太  : 東城大学医学部付属病院院長。

藤原真琴  : 不定愁訴外来専任看護師。

兵藤勉   : 神経内科学教室助手兼医局長。「廊下トンビ」情報通。

如月翔子  : 小児科看護師長。

佐藤伸一  : 総合外科統御学教室外科医師。

猫田麻里  : 小児センター看護総師長。

田上    : 総合外科統御学教室外科医師。

谷本    : 総合外科統御学教室外科医師。

村田佳菜  : テトラカンタス症候群患者。14歳。


<その他>

曾根崎伸一郎 : 世界的なゲーム理論学者。

医務官  : ノルガ共和国大使館付き医務官。涼子に医学の知識を教える。酒が好き。

黒人の兄 :

黒人の妹 : 

*名前のみ

牧村瑞人  :  網膜芽腫患者。当時、アツシと同室

浜田小夜  : 当時、小児科看護師。アツシの担当。

小原  : 文部科学省、室長。

ミエル : ノルガ共和国大使館の黒人メイド。



登場人物作品関連図はこちらをクリック!


●時期
2012年10月~2015年6月まで



<メモ>
 
  *以下、ネタバレばかり(他の作品との関連もあり)ですので、見てもいい方だけ、ドラッグしてください。


・「医学のたまご」でスーパー高校生として登場したアツシ。年齢が合わない・・というつじつま合わせで生み出されたこの「モルフェウスの領域」(海堂先生談)。
アツシはなんとレティノの治療薬認可を待つために凍眠に入っていたんですね。
そして、眠っているアツシを5年間見守り続けた涼子。
涼子の決断には本当に驚きました。
伸一郎の問いに対する答えとして、自らがコールドスリープについた涼子。
5年間、サポーターに西野を指名したにも関わらず、西野は勝手にアツシに依頼しちゃいましたねー。
目覚めてから、いったいどうなるんでしょう!

・そして驚きましたね~!医務官は名前は明らかにされてませんが、おそらく渡海ですね。
「ブラックペアン」で東城大学を去ってから、どういう経緯でノルガ共和国に行ったのかわかりませんが、元気でやっているようで嬉しかったです。

・ハイパーマンランドで出会った黒人の兄妹。もしかしたら、アガピ?!
ノルガ共和国の王族で、少し前に日本に来ていて、心臓の手術をしていて!!
アガピだわー!と勝手に思ってます。妹も来日してたんですね!

・未来医学探求センターの所長・・・誰かと思っていたら、最後の最後に名前が出てきました!時間を気にする、白鳥と同期のあの八神!なんとこんなところに!びっくりですねー。

・アツシの覚醒後のサポーターとして如月翔子や佐藤ちゃん、高階病院長や田口先生と懐かしい面々が出てきて、未来と過去がつながった!って感じでした。

・個人的にちょっと焦ったのが、海堂先生、お初の(「ジーン・ワルツ」はその描写はほとんどないので、おそらく)ベッドシーン!!
行数にしたら短かったけれど、ちょっとドキドキしましたねー。涼子は西野のことをどう思っているんだろう。

・西野は謎です。なんだかよくわからないんですよね。普通の人間でしょ?知能や何かの能力が高いだけ?かなり気になるキャラクターなので、西野の過去も知りたいですねー。

・・・・ほかにもいろいろ書きたいけれど、ここで終わっておきます!

スポンサーサイト
海堂尊-小説 | 2010-12-28(Tue) 15:18:58 | トラックバック:(1) | コメント:(18)
コメント
NHKで「マドンナ・ヴェルデ」がドラマ化されるそうです。
みどりを松坂慶子さん、理恵を国仲涼子さんが演じられるそうです。
ほかのキャストは私の読んだ新聞では載っていませんでした。
2011-01-07 金  15:55:19 |  URL | 迷い猫 #- [編集]
迷い猫さん

こんばんは!

> NHKで「マドンナ・ヴェルデ」がドラマ化されるそうです。
> みどりを松坂慶子さん、理恵を国仲涼子さんが演じられるそうです。
> ほかのキャストは私の読んだ新聞では載っていませんでした。

情報ありがとうございます!早速調べてみました。
NHK関係のHPには載ってませんでしたが、他に情報を掲載しているところがありましたので
こちらでも紹介しておきますね!

ありがとうございました!!
2011-01-08 土  22:28:39 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
お久しぶりです。
またしても週刊朝日連載中の「極北ラプソディ」についてなんですけど、来週号で遂に
速水登場ですよ!
今中君が「自分が本当に一人ぼっちで困り果てた時に、電話だけなのにそうやって即座に答えてくれた」と胸を高鳴らせてるとこで以下次号ですけど(笑)
そして世良が極北救命センターに降り立つヘリを見て「ようやくアイツも喉から手が出るほど欲しがっていたおもちゃを手に入れたらしいな」と言ってました!なんか含むトコがありそうで何やらきな臭くなりそうです(笑)
それから世良さんのハーレーは「形見分け」だそうです(泣)
長々と書いてしまいましたがよろしければ連載フォローされたほうがいいですよ。
凄く興味深いです♪
2011-02-22 火  11:26:23 |  URL | 迷い猫 #- [編集]
迷い猫 さん

こんばんは!

> またしても週刊朝日連載中の「極北ラプソディ」についてなんですけど、来週号で遂に
> 速水登場ですよ!

えぇっ!とうとう速水という名前だけでなく、リアルに登場ですかっ!

> 今中君が「自分が本当に一人ぼっちで困り果てた時に、電話だけなのにそうやって即座に答えてくれた」と胸を高鳴らせてるとこで以下次号ですけど(笑)
> そして世良が極北救命センターに降り立つヘリを見て「ようやくアイツも喉から手が出るほど欲しがっていたおもちゃを手に入れたらしいな」と言ってました!なんか含むトコがありそうで何やらきな臭くなりそうです(笑)

世良は速水が欲しかったおもちゃのことを知ってるんですねぇ。一体いつ東城医大からいなくなったんだろう・・。

> それから世良さんのハーレーは「形見分け」だそうです(泣)

う・・・。そうなんですね・・・(泣)

> 長々と書いてしまいましたがよろしければ連載フォローされたほうがいいですよ。
> 凄く興味深いです♪

実は、迷い猫さんがここにコメント残してくれてから、我慢できなくなって週刊朝日みちゃいましたよ!
単行本発刊まで待とうと思ってたんですけど(^_^;)
でもやっぱり待とうかな・・・。一気に読みたい気もしますし・・・。
でもたまに見ちゃうかも・・・。気になっちゃいますよー!!

2011-02-22 火  21:29:31 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
海堂尊ファンさん、こんばんは(^^)。
ご無沙汰しております。
いつもホントにお世話になっております!
『ブレイズ・メス』も『アリアドネの弾丸』もまだなんですが、こちらを先に読みました~♪
あのアツシが人工凍眠してたとは・・・!
この物語から『医学のたまご』までの間に、どんなことが起こったか、すごく気になりますね。是非、海堂さんにはそのあたりの物語も、書いてほしいです!
2011-05-18 水  22:21:18 |  URL | 水無月・R #- [編集]
水無月・R さん

> 海堂尊ファンさん、こんばんは(^^)。

こんばんは!ご無沙汰しておりますー♪

> いつもホントにお世話になっております!

いえいえ(*^_^*)

> 『ブレイズ・メス』も『アリアドネの弾丸』もまだなんですが、こちらを先に読みました~♪

お、そうなんですね。

> あのアツシが人工凍眠してたとは・・・!
> この物語から『医学のたまご』までの間に、どんなことが起こったか、すごく気になりますね。是非、海堂さんにはそのあたりの物語も、書いてほしいです!

ねぇ~!人工凍眠ですよ!もともと「医学のたまご」でのアツシの年齢が
「ナイチンゲール」から計算して、合わなさすぎということで(^_^;)
こういう設定を作ったようです。
で、「モルフェウス」の続編が新聞の夕刊で連載開始です。
「アクアマリンの神殿」というタイトルで。気になりますよね~!!
2011-05-18 水  22:59:22 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
海を渡った医務官は、渡海征司郎じゃないでしょうか?
2011-06-09 木  12:26:25 |  URL | dfas #- [編集]
dfasさん

こんばんは!

> 海を渡った医務官は、渡海征司郎じゃないでしょうか?

ここでお答えしてもいいのですが・・・。
ネタバレメモにも書いておりますので、そちらをご参照ください♪
2011-06-09 木  22:03:57 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
すいませんでした。ここがネタバレメモかと思ってしまいました。
今見方がわかりました!
2011-06-10 金  12:17:44 |  URL | dfas #- [編集]
dfas さん

こんばんは!

> すいませんでした。ここがネタバレメモかと思ってしまいました。
> 今見方がわかりました!

あ、見方、わかりにくかったですね。すみません(^_^;)
でも見れてよかったです!
2011-06-10 金  23:13:41 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
初めまして!
海堂尊作品の登場人物と作品との関係を以前から一度整理して理解したいと思っていて、こちらに辿りつきました。

ところで、この作品の中でのシンイチロウの「凍眠八則」のロジックの穴を涼子が見つけて行動に至ったということですが、そこのロジックが今一わかりません。
また、何故それが穴なのかも不明です。

まず、単刀直入に、シンイチロウの八則の穴は何ですか?

コールドスリープがアツシ一代で終わらない為に自分がコールドスリープの被対象になる・・というのはわかります。

しかし、涼子の思いは5年後目覚めた時、記憶をデリートして別の人格としてアツシに会うことは八則に反しないと言うことから、アツシに再会し得る為にコールドスリープを選択したという事だと思うのですが。

しかし、アツシが涼子のサポーターとなれば、アツシと涼子は永遠に再会することはできない・・・
何の為に涼子がコールドスリープを選択したのかが今一動機として弱い気がしています。

それとも、涼子は西野にサポーターを任せていたから、アツシとの偶然の再会を夢みていた?
だとしたら、涼子がただアツシの個人情報を守る為のみに自らコールドスリープを選んだということなのでしょうか?
それってロジック?

また、涼子のアツシに再会できる(私はこちらの方が強い動機と感じています)夢を、軽い意地悪の入った嫉妬から永遠に実現できないよう、西野はアツシに涼子のサポーターを依頼したのでしょうか?
だとしたら、西野がアツシ覚醒時、母親の記憶の一部を消去し、涼子のほろ酔い笑顔画像を記憶領域に置いた理由は何でしょう?
西野の自己矛盾?

その辺のロジックが私にはよく解かりません。
ご教示願えれば幸いです!

やはり私にとって一番解かりやすいロジックは、ロジッカルモンスター白鳥の吐くロジックです。
白鳥万歳!! 太ったゴキブリイメージの白鳥ではなく、中村トオルの方の白鳥のイメージですが・・(笑)
2013-04-06 土  13:01:23 |  URL | V-shan #9afqmzns [編集]
V-shanさん

はじめまして!こんばんは!

> まず、単刀直入に、シンイチロウの八則の穴は何ですか?

すみません・・。実は2年以上前に読んでいるので、内容の詳細まですぐに思い出せません(^_^;)
今、ぱらぱらと見直しているんですが、恐らく、ロジックの穴は対象が小児だった場合かと。
本人が目覚めた後、以前の自分を選択した場合、コールド・スリープの件を世間に公表するというところが、未成年のため、個人情報保護法があって公表できない、つまり過去を失うということにつながる・・ということではないかと思います。

> コールドスリープがアツシ一代で終わらない為に自分がコールドスリープの被対象になる・・というのはわかります。
>
> しかし、涼子の思いは5年後目覚めた時、記憶をデリートして別の人格としてアツシに会うことは八則に反しないと言うことから、アツシに再会し得る為にコールドスリープを選択したという事だと思うのですが。
>
> しかし、アツシが涼子のサポーターとなれば、アツシと涼子は永遠に再会することはできない・・・
> 何の為に涼子がコールドスリープを選択したのかが今一動機として弱い気がしています。

> それとも、涼子は西野にサポーターを任せていたから、アツシとの偶然の再会を夢みていた?
> だとしたら、涼子がただアツシの個人情報を守る為のみに自らコールドスリープを選んだということなのでしょうか?
> それってロジック?

そうですね・・・。アツシの問題が解決していれば別人格を、解決していなければ涼子自身として戻るということですので、アツシを守りたいという気持ちからの選択であることは間違いないですよね。

> また、涼子のアツシに再会できる(私はこちらの方が強い動機と感じています)夢を、軽い意地悪の入った嫉妬から永遠に実現できないよう、西野はアツシに涼子のサポーターを依頼したのでしょうか?
> だとしたら、西野がアツシ覚醒時、母親の記憶の一部を消去し、涼子のほろ酔い笑顔画像を記憶領域に置いた理由は何でしょう?
> 西野の自己矛盾?

アツシに涼子の思いをわかってほしいという気持ちがあったのではないでしょうか?

> その辺のロジックが私にはよく解かりません。
> ご教示願えれば幸いです!

さらっと見直しただけなので、きちんとお応えできてなくてすみません。
少し時間をかけて読みなおしてみてから、またここでお返事させて下さい!

2013-04-06 土  22:33:35 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
古い作品なのに早速の返信ありがとうございます!
私も海堂さんの新しい作品が出たので、まだ読んでなかった作品をまた読み始めて、これに当たったものですから。

図書館で借りて、次に借りる予定の人がいたので、もう返却してしまいましたが、私ももう一度借りて読み返してみます!
私は海堂さんのロジックの部分が好きなんですが、ロジカルじゃない性格なので時々「?」になるんです。

海堂さんの新作が少し前に出て、かつNHKで「極北ラプソデー」を放送したせいか、今図書館では海堂さんの過去の作品も予約が目白押しなんですよ。その数を見ていると海堂ファンの多さを痛感できます。

素晴らしいこちらのサイト、ちょくちょく寄らせていただきますね!
ありがとうございます。それでは、また!
2013-04-07 日  07:30:42 |  URL | V-shan #9afqmzns [編集]
V-shanさん

> 古い作品なのに早速の返信ありがとうございます!

いえいえ。きちんとお応えできず、すみません(^_^;)

> 私は海堂さんのロジックの部分が好きなんですが、ロジカルじゃない性格なので時々「?」になるんです。

私もです(*^_^*)

> 海堂さんの新作が少し前に出て、かつNHKで「極北ラプソデー」を放送したせいか、今図書館では海堂さんの過去の作品も予約が目白押しなんですよ。その数を見ていると海堂ファンの多さを痛感できます。

そうなんですか!ファンとしては予約の多さは嬉しいですね~♪

> 素晴らしいこちらのサイト、ちょくちょく寄らせていただきますね!

ありがとうございます。またお越しください。「モルフェウス」少し時間がかかると思いますが、できるだけ早めに再読したいと思います。
2013-04-07 日  21:05:46 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-07-04 木  10:04:01 |  URL |  # [編集]
akoさん

こんばんは!

> ナイチンゲールでは右目眼球摘出とありましたが、医学の・・・では左目が義眼になっていました。
> 私の読み間違い???
> ご存じでしたらおしえてくださいね~。

なんと!今、急いで確認したら、その通りでした!
決して読み間違いではないと思いますよ・・・。
つじつま合わせのための物語なのに、新たなミスが判明ですね・・・。
アツシは右目をとった後に、コールドスリープに入ってますからね・・・。

海堂さん、気づいてるかな・・・。
もしかしたら、編集部に問い合わせ入ってるかもしれませんね(^_^;)
2013-07-04 木  21:57:12 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-07-08 月  20:52:01 |  URL |  # [編集]
akoさん

こんばんは!

> またこの矛盾をつじつまあわせするために、あらたな物語ができると良いですね。
> 海堂先生にぜひお伝え下さいね。

そうですねー。新たな矛盾が発生するたびに、また新たな物語を作るのも大変ですね(^_^;)
一応、矛盾点については、各小説の出版社宛てに連絡していましたが、反応がなく・・・(^_^;)
(島津吾朗と島津吾郎、どっち?とか)
今回は、角川ですね。できるだけやってみます。
2013-07-13 土  22:29:26 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/04/07 11:14 | ご本といえばblog | 海堂尊「モルフェウスの領域」 海堂尊著 「モルフェウスの領域」を読む。 このフレーズにシビれた。 勇者が発見した宝石を、愚者がよってたかって色褪せたビー玉に変えてしまう。 [巷の評判] 海堂尊非公式ファン ...


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。