テレビドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」第10話レビュー

テレビドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」第10話レビュー

第10話   「病巣」            2010.6.8.O.A


 *以下は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。


本 内容(フジテレビHPより抜粋)

 寺内(でんでん)の死因は医療ミスではなく、事故に見せかけて殺されていたことが発覚。警察による捜査が始まった。白鳥(仲村トオル)は、事件担当の武田刑事(山中崇)が顔見知りだったことから捜査に介入。
殺害方法から医学の知識がある者の犯行と推理し、東城医大の内部の人間に疑惑を向ける。

 犯人が凶行におよんだと思われる時間帯は、弥生(浅見れいな)が寺内から目を離した18時過ぎから、倒れている寺内が発見された19時までの1時間。
武田は救命チームに事情聴取を行い、その間のアリバイを調べる。
佐藤(木下隆行)、和泉(加藤あい)と研修医らは初療室にいたことを互いに証言。しかし、長谷川(戸次重幸)を目撃したという者は誰もいない。
 そんな中、速水(西島秀俊)は花房(白石美帆)と一緒にいたと話すが、それを証明する手立てがない。
救命チームのメンバーに次々と疑いが向く中、白鳥は田口(伊藤淳史)に怪しい人物は病院の外部にもいると告げる。
事件当時、病院には佐々木(堀部圭亮)が現れていたのだ。

 寺内は、鴨志田(本田博太郎)の秘密を明かそうとした矢先に殺害された。
鴨志田と繋がりのある佐々木が事件に関する何かを知っている可能性は高い。
さっそく田口は佐々木に話を聞こうとするが、出張中で連絡がとれない。
事件が発覚した途端に姿をくらました佐々木に、白鳥はますます疑念を深める。

 さらに白鳥は、未だにアリバイが立証されていない長谷川を追及。
すると長谷川は、ほかの病院に出かけていたと告白する。速水への不信感から結束力を失った救命チームに嫌気がさし、以前から誘われていた近くの病院に移ろうと話を聞きに行っていたらしい。
そんな折、長谷川が花房への疑惑を口にする。寺内が倒れていた現場の近くを慌てた様子で通り過ぎる花房を見たというのだ。

 さっそく花房を捕まえ、何をしていたのかと問いただす白鳥と田口。だが、花房は何も答えようとしない。
白鳥は、花房が佐々木と鴨志田に関する何か重要な事実を隠しているとにらむ。

速水がM・A・Hの建設予定地に呼び出された。
呼び出したのは佐々木だった・・・。

救急車

あらら、大変なことになりました!!
速水はどうも病気らしいし、寺内を殺したのは佐々木ということも本人の口から明らかになりました。

寺内の土地をPCBで土壌汚染されているとしっていながら、M・A・Hの建設予定地として買った鴨志田。
それを後悔して土地を売らないといいだす寺内。
その寺内と口論になり、殺してしまった・・・。

まぁ、犯人は佐々木?と思っていたので、特に驚きはしませんでしたが、

最後、佐々木が刺されて、速水が殺した?!と思わせておいて
二人ともが救急車で東城医大に運ばれてきたときには、驚きましたねー!

いやいやここまで行くと、全く別モノですね。原作とは。
どうなっちゃうの?!
スポンサーサイト


海堂尊-テレビドラマ | 2010-06-08(Tue) 21:43:56 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説