スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

テレビドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」第7話レビュー

テレビドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」第7話レビュー

第7話   「中毒」            2010.5.18.O.A


 *以下は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。


本 内容(フジテレビHPより抜粋)

 勅使河原聖也という源氏名のホスト・鈴木浩(八神蓮)が接客中に意識を失った。急性アルコール中毒と診断されたが、救命センターに付き添ってきた客の下村理沙子(末永遥)は、酔い潰れるほど酒は飲んでいなかったはずだという。

 同じ頃、寺内昭三(でんでん)という老人が、ただの腰痛にも関わらず救急車に乗り鴨志田(本田博太郎)の名前をちらつかせてICUに入院させろと要求。このことを田口(伊藤淳史)から聞かされた白鳥(仲村トオル)は、寺内と鴨志田の関係に興味を抱き、話を聞こうとする。

事務長の三船(利重剛)は、速水(西島秀俊)の不正を暴く証拠は見つかったのかと白鳥に声をかけてきた。東城医大の経営破綻を危惧する三船は、患者のためにと検査や薬品に莫大な金を使う速水のやり方では赤字が増すばかりだと速水の排除を目論んでいた。

 翌日、聖也は順調に回復し、理沙子に付き添われて退院。ところが、自宅マンションに戻ると突然錯乱状態に陥り、理沙子の制止を振り切ってベランダから飛び降りようと暴れ出し、再度救命救急へ。
毒性のものが原因と思われ、和泉は聖也と理沙子に何を食べたか尋ねて調べると・・。

救急車
今回も面白かったですねー。鴨志田の名前をちらつかせる地元の後援会おやじ。一体何を握ってるんでしょう・・。

そして、ホストを好きな理沙子が聖也へ向ける愛情や2人の関係を見ていて、和泉は「もう少しでやな女になるとこだった」と作成した告発文を破って捨てます。
それなのに、なぜか三船のもとに届いていた告発文。しかも「花房師長は共犯だ。」の文が削られてました!(原作と反対!)文章は和泉が作ったものと同じ。ということは、それを見た誰かが花房の部分だけを削って、三船に送ったということ。一体だれが?!長谷川医師も半年前、速水が300万円をメディカル・アソートの佐々木から受け取るのを聞いていますが・・。

花房は和泉が破り捨てるのを見ていましたが、速水を慕っているのに自分の名前を消して三船に出すことは考えられません。つまり、和泉、花房以外の救命救急チームメンバーということ。
さぁ、誰でしょう?!

なんといってもその前に、チーム・ジェネラルはほぼ崩壊してますからねー。
これ以上受けられないと言うのに、患者を受けろという速水に対して、とうとう切れた佐藤ちゃん。
佐藤を支持する他のメンバー。
さらに過労からくる発熱で倒れた佐藤に対して関心を抱かない速水に対して、メンバーの怒りは頂点に!!

速水は速水なりに考えがあるんでしょうが、周りには全く理解されず、ただの暴君と思われてます。
ただ一人、白鳥だけが、速水が2年後、メディカル・アソート・ホスピタル(M・A・H)に移った時のことを考えて、彼らを鍛え、自分がいなくてもいいようにしているのでは?と洞察。

速水は佐藤ちゃんがたてついたもの倒れたのもこの10年で初めてだな・・と不敵な笑みを浮かべます。佐藤ちゃんのこの変化を喜んでいるように見えますが・・。

西島さんも抜群にいいですが、佐藤ちゃんや和泉、若手の医師もいいですね。やっと自分の味が出せてきたというか、物語を面白くさせてきています。ぐっちーは相変わらず。でも、ぐっちーに心療内科医として感じる安心はパワーアップしてますね!

三船の所に届けられた告発文により、倫理委員会が開かれることになります。
来週の委員会vs速水の対決が楽しみです。

スポンサーサイト


海堂尊-テレビドラマ | 2010-05-18(Tue) 13:59:56 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。