テレビドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」第4話レビュー

テレビドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」第4話レビュー

第4話   「心筋梗塞」            2010.4.27.O.A


 *以下は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。


本 内容(フジテレビHPより抜粋)

フリージャーナリスト・目黒(嶋田久作)の容態が急変し、心停止に陥った。原因は心臓の血管の一部が詰まったことによる心筋梗塞。退院も近いと聞かされていた妻の光子(広田レオナ)は取り乱す。

 速水(西島秀俊)は血管が詰まった箇所をカテーテルで拡げる治療を試みようとするが、カテーテル室に空きがなく、危険だという周囲の反対を抑え、十分な設備のない初療室で治療を行う。

 そんな折、初療室の様子をうかがう佐々木(堀部圭亮)を見かけた白鳥は、すべては佐々木と速水が仕組んだことではないかと疑い始める。収賄関係を目黒に知られた2人が、口封じのためにわざと失敗の可能性が高い治療を強行し、目黒を殺そうとしているのではないか、と。白鳥の疑念を聞かされた田口は言葉を失う。

救急車 

面白かったです!
目黒は結局、心筋梗塞で一旦死にそうになるんですが、救命救急チームの必死の頑張りにより、助かります。
あれだけ長く心臓マッサージしてたら、すごい疲れるだろうな・・・などと思いつつ、
カテーテル手術の部屋が空いてないなら、患者を助けるためにここでやる!っていうの、
素人目には無謀とかわかんないです。
ほっておいて助からないなら
少しでも助かる可能性のあることやって!!って思いますもんね。

どうも白鳥は非常にいやな役です(笑)
メディカルアソートの佐々木と速水が共謀して目黒を殺そうとしているかも、なんてみんなの前で言うんですけど、そんなことみんなの前で言うな~!
しかも患者の家族の前で、「こうなった原因を探らないといけない」なんて、いかにも誰かが意図してやったみたいに言うなー!!
ただの鋭いやな奴じゃん!

それにしても
自分がサインを見逃したから、目黒が心筋梗塞になったといって
長谷川先生は辞表を出そうとするんだけど、
それを感情のまま、家族に伝えるのもどうよ!って思います。
まぁ隠されるよりはいいけど・・・。

速水先生は、自信たっぷりで助けましたね。
長谷川先生の辞表破るとことか、笑ってるし。しかもなんか無邪気な笑顔だし。
どうもこのドラマの速水先生、かなり食えない奴です(笑)

今度はなんと政治家がからんできます。
助かった目黒は白鳥に、自分が追っていた政治家・鴨志田の話をします。
もしかしてやばいのにからんじゃったかも…って。
鴨志田にもメディカルアソートの佐々木が絡んでいるようです。

とうとう政治家まで絡んできたか!とちょっと驚きです。一体どんな方向へ話は進むんでしょう。
少なくとも、佐々木は悪者のように見えますね(笑)

白鳥の関わり方がちょっとなー。
ぐっちーはもうなんかその位置って感じですけど。

でも、少しずつ面白くなってきた気がします。


ゲスト患者

目黒和男 : 嶋田久作
妻・光子 : 広田レオナ

スポンサーサイト


海堂尊-テレビドラマ | 2010-04-27(Tue) 12:53:18 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説