スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

テレビドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」第2話レビュー

テレビドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」第2話レビュー

第2話   「集団過呼吸」            2010.4.13.O.A

 *以下は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。

本 内容(フジテレビHPより抜粋)

ミスコンテストの日本代表を目指してレッスンに励む青木恵理(藤井美菜)が過呼吸で倒れた。周囲のメンバーも次々と過呼吸に。救急センターに担ぎ込まれて症状は落ち着いたものの、恵理だけ手足に麻痺が残っており、速水(西島秀俊)と田口(伊藤淳史)は検査入院を勧められる。2週間後に最終予選を控えていた恵理は、レッスンを休めばライバルに差をつけられてしまうと激しく抵抗し、過呼吸の発作を起こして倒れてしまう。

 一方、白鳥(仲村トオル)は院内で見かけたメディカル・アソート社の佐々木英二(堀部圭亮)を問いただす。
15年ほど前、速水がデパートの大規模火災で多くのケガ人を救い、“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”と呼ばれるようになったころからメディカル・アソート社と深くかかわるようになり、時を同じくして同社が一大医療機器メーカーへ急成長を遂げたことを指摘する白鳥。

 翌日、恵理の検査が行われるがどこにも異常がなく、和泉(加藤あい)はコンテストを前にした一時的なストレスが過換気を引き起こしたと診断。しかし速水は「まだ何かある」と引き続き恵理を入院させる。
婚約者の菅原誠(金井勇太)が心配して駆けつけるが、恵理は頑なに面会を拒む。

 この後、誠に会った田口は、恵理が無理なダイエットをしていたことを聞く。
一方、佐藤(木下隆行)らは恵理が錐体路(脊髄と脳を結ぶ神経伝達路)障害の疑いが濃い“バビンスキー反射”を示しているのに気づいてがく然。

病室から逃げ出した恵理が階段から転落。足を骨折し、緊急手術を受けることになった。
混乱のなか、恵理が「行かせて。罰なら後でいくらでも受けるから」とつぶやくのを聞いた白鳥は、重要な隠しごとがあると直感。それが意識障害の原因かもしれないと田口に告げる。

 田口は病室に通って話を聞こうとするが、恵理は心を閉ざしたまま。そんな折、恵理を幻覚が襲う。
無数の小さな手に自分の手足をつかまれる幻を見た恵理はパニックに。これを機に恵理の神経障害は急激に悪化。
脊髄に問題があるとにらんだ速水は、このままでは神経機能が戻らなくなり、
一生寝たきりになると原因究明を急ぐ。

一方白鳥は田口に、速水とメディカル・アソート社の癒着疑惑を追っていると告げる。

救急車 

うーん、うーん・・。
一話完結で救命救急に運ばれた患者の状態の真の原因を探り治療していく・・・というストーリーなのですが
「チーム・バチスタの栄光」のドラマの時のような、次が気になるーー!という展開ではないだけに
毎週見ようという気持ちがちょっと弱くなってきました。

白鳥は脇からちょこっとつっついてるだけだし、速水の癒着疑惑もなんていうかさらりとしてるし
そろそろどかーんと何かないと・・・。

患者の方の演技も弱いし(「不毛地帯」で演技のうまい役者さんばかり見ていたせいか物足りなさすぎるんですよね。超私的な意見でごめんなさい)、

医療関係の用語や症状のことなど勉強にもなるんですけど・・・。

そういえば、和泉(加藤あい)が「速水先生は私の命の恩人なんだから」と言ってましたね。
これは城東デパート火災の時の話がからんでくるのではないかな?
花房も意味深な目で速水を見つめたり、意味深発言をしてましたね。
次回に期待ということで。

今回はちょっと残念な感想になってしまいました。

ゲスト患者

青木恵理 : 藤井美菜

スポンサーサイト


海堂尊-テレビドラマ | 2010-04-14(Wed) 10:06:30 | トラックバック:(0) | コメント:(2)
コメント
原作とここまで違っても海堂ワールドなの?
田口と速水が同期なのは根本的な設定だし、ストーリーが違い過ぎる。
これは原案海堂氏、脚本この物語を創作した人とクレジットした方が良いです。
2010-06-09 水  00:01:39 |  URL | やだねこりゃ #M6m1uKew [編集]
やだねこりゃさん

こんばんは!

> 原作とここまで違っても海堂ワールドなの?
> 田口と速水が同期なのは根本的な設定だし、ストーリーが違い過ぎる。
> これは原案海堂氏、脚本この物語を創作した人とクレジットした方が良いです。

そうですね。原作が原案として使われた別のドラマと思っておきましょう。
前回の「バチスタ」のドラマもそうでしたが、ドラマはドラマですね。
このドラマを見てから原作を読む人もいるかもしれないし、
原作ありきのドラマ化って、どうしてもこういう問題が出てきますよね。

原作は原作、ドラマはドラマとして見る側も思っておかないといけませんね(^_^;)
2010-06-09 水  21:16:38 |  URL | 海堂尊ファン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。