スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が7/25に更新されています。


タイトルは「世の動きは遅々として進まず、だが蝸牛のように少しずつ前進している、のかも。」


以下、ブログから海堂先生の書籍関係、講演会等の近況と今後の予定を抜粋。

1)『アクアマリンの神殿』(KADOKAWA)刊行。これに伴い、セブンネット生活、With(女性誌)、野性時代、本の旅人、ダビンチ、西日本新聞の取材を受け、恒例となったラジオ番組「学問のチカラ」に四回目の出演。大学生協の雑誌、「読書のいずみ」でインタビュー。
まんたんウエブで、新聞連載時の深海魚さんのイラストつきで短い連載掲載。YouTubeで深海魚さんのイラストと新刊jpのラジオドラマが連動したプロモーションビデオあり。

2)週刊新潮『スカラムーシュ・ムーン』、好評連載中。秋に終了予定。

3)8月22日は、日本医師会学生交流会で講演。懇親会も。

4)8月23日は岡山市民大学で講演。タイトルは「医療と文学の接点」。

5)9月14日は第55回日本母性衛生学会in幕張メッセ、講演タイトルは「ジーン・ワルツの世界」。


「アクアマリンの神殿」KAGOKAWA特設サイトはこちら!
深海魚さんのイラストつきで短い連載が掲載されています。
また深海魚さんのイラストと新刊jpのラジオドラマが連動したプロモーションビデオもここから見れます。
海堂さんのインタビューもあります!

宝島社「海堂ニュース」はこちら!






スポンサーサイト
海堂さんニュース | 2014-07-28(Mon) 15:12:57 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

「アクアマリンの神殿」 海堂尊 著 レビュー


アクアマリンの神殿

本 内容
内容(「BOOK」データベースより)
桜宮市にある未来医学探究センター。そこでたったひとりで暮らしている佐々木アツシは、ある深刻な理由のため世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りにつき、五年の時を超えて目覚めた少年だ。“凍眠”中の睡眠学習により高度な学力を身につけていたが、中途編入した桜宮学園中等部では平凡な少年に見えるよう“擬態”する日々を送っていた。彼には、深夜に行う大切な業務がある。それは、センターで眠る美しい女性を見守ること。学園生活に馴染んでゆく一方で、少年は、ある重大な決断を迫られ苦悩することとなる。アツシが彼女のためにした「選択」とは?先端医療の歪みに挑む少年の成長を瑞々しく描いた、海堂尊の新境地長編!

“「アクアマリンの神殿」 海堂尊 著 レビュー”の続きを読む>>
海堂尊-小説 | 2014-07-10(Thu) 15:49:42 | トラックバック:(1) | コメント:(5)

Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。