「ケルベロスの肖像」映画化!

「ケルベロスの肖像」映画化!


「ケルベロスの肖像」が映画化されることがわかりました!
しかも、今回はテレビシリーズの映画化になりますので、伊藤淳史&仲村トオルの田口&白鳥コンビです。
テレビシリーズの完結編として映画化され、『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』として3月29日に公開されます。
来年1月にドラマ最終シリーズ『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』(毎週火曜 後10:00 関西テレビ・フジテレビ系)がスタート予定。3月のドラマ放送終了に合わせ、映画が公開されます。

 戦車によるパレードシーンなど、映画ならではのスケール感、最新の医療施設を駆使したミステリー、劇場版オリジナルストーリーがもたらす謎、松坂桃李、栗山千明、西島秀俊などシリーズ歴代キャストや生瀬勝久ら新たなキャラクターも登場し、田口&白鳥の凸凹コンビの仲にも亀裂が…など、バチスタシリーズの最後に相応しい、予測不可能な展開を見せるそうです。


内容的には、「ケルベロスの肖像」と「輝天炎上」を混ぜて、変えて・・・という感じでしょうか。
すごい楽しみですね!!


ニュースサイトはこちら




スポンサーサイト
海堂さんニュース | 2013-11-06(Wed) 11:29:58 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

「ガンコロリン」 海堂尊 著 レビュー

「ガンコロリン」 海堂尊 著 レビュー




ガンコロリン

本 内容
ついにガン予防薬完成! と思ったら……鬼才炸裂のメディカル・エンタメ傑作集! 医学とは悪食の生命体である――夢の新薬開発をめぐる大騒動の顛末を描く表題作ほか、完全な健康体を作り出す国家プロジェクトに選ばれた男の悲喜劇を綴る「健康増進モデル事業」、医療が自由化された日本の病院の有様をシニカルに描く「ランクA病院の愉悦」など、奇想の中に医療の未来を映し出す海堂ワールドの新機軸!

アヒル。 目次

健康増進モデル事業
緑剝樹の下で
ガンコロリン
被災地の空へ
ランクA病院の愉悦

単行本: 205ページ
出版社: 新潮社 (2013/10/22)


ちなみに・・・
この本は「小説新潮」「小説現代」で掲載された過去の医療短編小説5編をまとめたものです。

健康増進モデル事業・・・「小説新潮」2012年6月号
緑剝樹の下で   ・・・「小説現代」2010年12月号
ガンコロリン   ・・・「小説新潮」2013年6月号(「ガンコロイン騒動記」改題)
被災地の空へ   ・・・「小説新潮」2011年11月号(「被災地の空へ―DMATのジェネラル」改題)
ランクA病院の愉悦・・・「小説現代」2013年10月号(「全自動診断装置・トロイカ君」改題)

「緑剥樹の下で」 と 「被災地の空へ」 は以前レビューを書いているので、そちらを参照ください。

他3篇は読んでいたものの、レビューを書いていなかったので、ここでご紹介します。



“「ガンコロリン」 海堂尊 著 レビュー”の続きを読む>>
海堂尊-小説 | 2013-11-05(Tue) 15:32:33 | トラックバック:(1) | コメント:(2)

Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説