宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が9/19に更新されています。


タイトルは「厚生労働省がAiに予算をつけるかどうか注目せよ。或いはゲラ地獄の秋」


以下、海堂先生の書籍関係の近況と今後の予定を抜粋。

1)来年1月〜3月に関西テレビで「チームバチスタ4・螺鈿迷宮」が放映

2)小説現代十月号の医療小説特集「救える命」に「全自動診断装置・トロイカ君」という短編を寄稿。

3)週刊新潮『スカラムーシュ・ムーン』、好評連載中。

4)医療小説短編集『ガンコロリン』、十月中旬に発売予定。今までの医療小説特集に寄稿した短編5本。

5)『極北クレイマー』合本で新版刊行、同時に『極北ラプソディ』も文庫発売ラプソディの解説はNHKプロデューサーで、『極北ラプソディ』と『マドンナ・ヴェルデ』をドラマ化してくださった佐野元彦

6)将棋関連で二本。八月に電王戦関連本『ドキュメント電王戦』が刊行され三浦弘之八段と対談。
 また来月(たぶん)羽生善治三冠と対談させていただいたインタビュー集が出ます。昨年、将棋世界で対談させていただいたもの。タイトルは『共鳴する頭脳』。

7)9月21日、新潟で新潟大学市民講座第28回有壬セミナーで講演。『医療を守る、社会を守る』というタイトル。

8)講演会。10月5日は東北大学医学祭での講演会『医療と文学と市民社会』
 11日は有楽町朝日ホールで保険医学会特別講演『Aiは死因究明制度の土台になる』
 12日は九州大学医学部保健学科十周年記念招待講演で『Aiは市民社会の礎になる』
 18日は第78回泌尿器科東部総会(新潟)で『小説世界と現実社会におけるAi』
 26日は岐阜医療短大での講演。



スポンサーサイト
海堂さんニュース | 2013-09-21(Sat) 21:22:29 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

『ガンコロリン』 『極北クレイマー』『極北ラプソディ』文庫 Amazonで予約開始!

『ガンコロリン』 『極北クレイマー』『極北ラプソディ』文庫 Amazonで予約開始!

 
新装版 極北クレイマー (朝日文庫)

価格:798円
文庫: 480ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2013/10/8)




極北ラプソディ (朝日文庫)

価格:735円
文庫: 416ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2013/10/8)





ガンコロリン

価格:1470円
単行本: 216ページ
出版社: 新潮社 (2013/10/22)

<内容>
ついにガン予防薬が誕生!?夢の新薬開発をめぐる大騒動を描く表題作ほか、医療の未来を奇抜な着想で予見するメディカル・エンタメ。



・・・・この「ガンコロリン」って、小説新潮に短編として掲載されたものの単行本化でしょうか。内容をみると、「ガンコロリン」以外の短編も入っているようですね。新作かな?それとも今までに小説新潮で掲載された短編をまとめたものなのかな?詳細が知りたいですね。




海堂さんニュース | 2013-09-18(Wed) 15:05:47 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説