「輝天炎上」 海堂尊 著 レビュー



輝天炎上

本 内容
桜宮市の終末医療を担っていた碧翠院桜宮病院の炎上事件から1年後。東城大学医学生・天馬大吉は学校の課題で「日本の死因究明制度」を調査することに。同級生の冷泉と関係者への取材を重ねるうちに、制度自体の矛盾に気づき始める。そして、碧翠院の跡地にAiセンターが設立され、センター長に不定愁訴外来の田口医師が任命されたことを知る。時を同じくして、碧翠院を経営していた桜宮一族の生き残りが活動を開始する。東城大への復讐を果たすために―。



“「輝天炎上」 海堂尊 著 レビュー”の続きを読む>>
スポンサーサイト
海堂尊-小説 | 2013-02-22(Fri) 23:23:12 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が2/19に更新されています。


タイトルは「モデル事業が取材を受けないわけ、あるいは司法解剖が増えないのに問題にされないことなど。」


以下、海堂先生の書籍関係の近況と今後の予定を抜粋。

1)2月1日『輝天炎上』(角川書店)、刊行。東京・京都・大阪・神戸の書店で千冊以上にサイン。
「ダ・ヴィンチ」の新刊紹介、「本の旅人」でも特集。

2)『マドンナ・ヴェルデ』(新潮社)2月末に文庫化。解説は松坂慶子さん。

3)『トリセツ・ヤマイ』(宝島社刊行予定)、五月刊行を目指して邁進中。



海堂さんニュース | 2013-02-22(Fri) 22:04:51 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が2/1に更新されています。


タイトルは「今年は散文的に」


以下、海堂先生の書籍関係の近況と今後の予定を抜粋。

1.本日2/1『輝天炎上』発売! Amazonの輝天炎上ページに、海堂さんのインタビュー動画があります。ぜひご覧ください!


2.青山剛昌さんの『名探偵コナン』単行本の裏表紙折り返しの名探偵図鑑。78巻で白鳥圭輔が登場!

3.『極北ラプソディ』がNHKで3月19日、20日の二夜連続で放送。

4.2月末に『マドンナ・ヴェルデ』が文庫化

5.「週刊新潮」で連載予定の『スカラムーシュ・ムーン』執筆中。

6.『トリセツ・カラダ』の続編、『トリセツ・ヤマイ』の執筆中。




海堂さんニュース | 2013-02-01(Fri) 22:04:36 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説