スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

小説野性時代連載「輝天炎上」初回プチ感想

小説野性時代連載「輝天炎上」初回プチ感想



小説 野性時代 第103号


発売日: 2012/5/12
約90ページ

“小説野性時代連載「輝天炎上」初回プチ感想”の続きを読む>>
スポンサーサイト
海堂さんニュース | 2012-05-29(Tue) 23:07:14 | トラックバック:(0) | コメント:(3)

「ケルベロスの肖像(抄)」プチ感想

「ケルベロスの肖像(抄)」プチ感想




『このミステリーがすごい! 』大賞作家書き下ろしmagazine (別冊宝島)


発売日: 2012/4/21
約50ページ


“「ケルベロスの肖像(抄)」プチ感想”の続きを読む>>
海堂尊-映画 | 2012-05-20(Sun) 23:09:50 | トラックバック:(0) | コメント:(6)

『ゴーゴーAi アカデミズム闘争4000日』 レビュー


ゴーゴーAi アカデミズム闘争4000日


本 内容
日本の解剖率は2%台で先進国中ぶっちぎりの最下位。犯罪行為や虐待が見逃される「死因不明社会」解消のためには、CTやMRIで死体の画像診断をすればいい。無名医師だった海堂尊は10年前にAi(死亡時画像診断)の概念を思いつく。「中立、平等、透明、迅速」なAiは、たちまち世に広まるかに思えたが、そこに立ちはだかったのは厚労省官僚と解剖に固執する“解剖至上主義者”たちの厚い壁だった。『チーム・バチスタ』をもしのぐ超興奮、苛立ちと爽快感が入り乱れる、前代未聞の知的ノンフィクション。


単行本(ソフトカバー): 450ページ
発売日: 2011/3/1


“『ゴーゴーAi アカデミズム闘争4000日』 レビュー”の続きを読む>>
海堂尊-その他書籍 | 2012-05-11(Fri) 15:19:40 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!


宝島社「海堂ニュース」が5/11に更新されています。

タイトルは「地獄と天国の4月が終わり、原発全停止の2012年5月5日」。

4月は、あの常に多忙な海堂さんが、今までにないくらい忙しかったとのこと。
2012年度版の『このミス』に4月に新シリーズ展開を公表する、という予告がありましたが、とりあえず封印されるとおっしゃっています。ファンとしては新シリーズはとても楽しみなのですが、ダウンもされたということで、ゆっくり休んでいただきたいですね。お身体が一番大切です。
GWは少しだけゆっくりできたようで、何よりです。


以下、海堂先生の書籍関係の近況と今後の予定を抜粋。


1)『ケルベロスの肖像』(宝島社)7月刊行はばっちりそう。7月まで待てないという方は、4月に刊行された別冊宝島『このミスmagazine』で冒頭部分をどうぞ。

2)『輝天炎上』は停滞中。刊行は延びそう。

3)新聞三社連合「アクアマリンの神殿」、週刊現代「スリジエセンター1991」はおそらくどちらも間もなく終了。

4)ダ・ヴィンチ誌「一服の相対性」、今月はサイドB「突然の来訪者」

5)「IN☆POCKET」の医療小説特集で、短編小説「医療小説特集騒動記」を執筆。

6)文庫情報。4月『ブラックペアン1988』新装版。5月『ブレイズメス1991』6月『アリアドネの弾丸』上下巻。

7)朝日新聞の広告の頁で、「仕事力」の取材。毎週日曜日に掲載されます。合計四回。

8)「小説新潮」で、短編「健康増進モデル事業」を執筆。

9)「東大新聞」4月の下旬号でインタビュー記事。

10)推理作家協会に参加!


最後の、推理作家協会に参加できたとのお知らせ。おめでとうございます!!
ミステリファンとしてはなんだか嬉しいニュースでした。
ちなみに、日本推理作家協会のHPの会員名簿にはまだ載ってませんでした(^_^;)もう少ししたら、載せてくれるのかな?


宝島社「海堂ニュース」はこちら





海堂さんニュース | 2012-05-11(Fri) 14:23:32 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

『アリアドネの弾丸(上下)』文庫本 Amazonや楽天ブックスで予約開始!

『アリアドネの弾丸(上下)』文庫本 Amazonや楽天ブックスで予約開始!


「アリアドネの弾丸(上)」
「アリアドネの弾丸(下)」 がAmazonや楽天ブックスで予約開始されました。


発売日:6月7日
価格:上下とも500円

<内容>
大学病院内で再び殺人事件が! 大人気メディカル・エンターテインメント、「バチスタ」シリーズ第5弾です。不定愁訴外来の田口公平はいつものように高階病院長に呼び出され、なんとエーアイセンターのセンター長に任命されてしまう。東城大学病院に体内を撮影する医療器具・MRIの新型機種、コロンブスエッグが導入され、田口は技術者の友野に説明を受けていた。しかしその矢先、MRIの中で友野が亡くなった。死因は不明、過労死と判断されたが……。『このミステリーがすごい!』大賞受賞作家による本格ミステリーが文庫化!



Amazonで、「アリアドネの弾丸(上)」「アリアドネの弾丸(下)」 を見る!


楽天ブックスで、「アリアドネの弾丸(上)」「アリアドネの弾丸(下)」 を見る!






海堂さんニュース | 2012-05-02(Wed) 22:01:36 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。