『救命―東日本大震災、医師たちの奮闘』 レビュー



救命―東日本大震災、医師たちの奮闘

本 内容
彼らが、最後のライフラインだった―津波が全てを奪っても、命の可能性を信じ続けた九人の医師たち。生と死を分けた凄絶な現場を初めて語る、感動のドキュメント。

単行本: 253ページ
発売日: 2011/08


“『救命―東日本大震災、医師たちの奮闘』 レビュー”の続きを読む>>
スポンサーサイト
海堂尊-その他書籍 | 2012-04-27(Fri) 12:23:59 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

『日本の医療 この人を見よ 「海堂ラボ」vol.1』 レビュー



『日本の医療 この人を見よ』


本 内容
「動かなければいけないときは動く」の信念で、埼玉県の交通事故死激減の立役者となった救命救急医。自ら開発した器具で三~四分で終わる白内障手術を行う眼科医。相対的倫理より患者の人生を重視する代理出産の旗手‥。日本の医療を動かす人たちをゲストに招いたトーク番組、「海堂ラボ」をついに書籍化。Ai導入を巡る著者と法医学者の論戦、大学病院を黒字にした院長の経験談などさまざまなテーマに目を配り、キャスターを務めた著者が「超絶的な自画自賛」を行う理想的な番組を紙上再現。

【対談ゲスト】12名
■國松孝次(ドクターヘリ推進の核弾頭) ■山本正二(Aiの中心的存在) ■足立信也(豪腕の参議院議員) ■北島康雄(大学病院を黒字化) ■堤晴彦(闘う救命救急医) ■木ノ元直樹(医療を守る弁護士) ■辻井博彦(重粒子線がん治療) ■赤星隆幸(三、四分の白内障手術) ■根津八紘(代理出産の第一人者) ■藤田眞幸(法医学のプロ) ■大友仁(被災地医療の担い手) ■香山リカ(震災後の心を癒す)


新書: 224ページ
発売日: 2012/4/14



“『日本の医療 この人を見よ 「海堂ラボ」vol.1』 レビュー”の続きを読む>>
海堂尊-その他書籍 | 2012-04-26(Thu) 15:21:36 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

『このミステリーがすごい! 』大賞作家書き下ろしmagazine (別冊宝島)』に「ケルベロスの肖像(抄)」が掲載!

『このミステリーがすごい! 』大賞作家書き下ろしmagazine (別冊宝島)』に「ケルベロスの肖像(抄)」が掲載!




『このミステリーがすごい! 』大賞作家書き下ろしmagazine (別冊宝島)』が4/21に発売され、「ケルベロスの肖像(抄)」が掲載されています!  (kaitaさんに教えていただきました!)


「ケルベロスの肖像」は、田口・白鳥シリーズ(東城医大シリーズ)の最終巻で7月に刊行予定。
その冒頭部分の1章が掲載されています。



『このミステリーがすごい! 』大賞作家書き下ろしmagazine (別冊宝島)はこちら!






海堂さんニュース | 2012-04-25(Wed) 23:18:33 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!


宝島社「海堂ニュース」が4/16に更新されています。


タイトルは「ふたつの「死因究明に関連する法案」が提出された春。あるいは「麻雀トライアスロン・雀豪決定戦」と「第70期将棋名人戦」など。」


以下、海堂先生の書籍関係の近況と今後の予定を抜粋。

1)角川ワンテーマ新書にて『医療防衛――日本医師会はなぜ闘うのか』は好評発売中。

2)『ケルベロスの肖像』(宝島社)絶賛手直し中。七月刊行はばっちりそう。

3)『輝天炎上』は絶賛停滞中。連載開始は大丈夫ですが、刊行が延びるかも。

4)新聞三社連合『アクアマリンの神殿』、週刊現代『スリジエセンター1991』はゴール寸前。

5)「ダ・ヴィンチ」誌「一服の相対性」枠で短編を書きました。同じ場面をふたつの視点でかき分ける企画。北へ飛ばされたあの人が帰還する掌編小説で二ヶ月連続掲載。今月はサイドA『古巣への帰還』、来月はサイドB『突然の来訪者』。ちなみにJTのホームページでは逆の順番で同時に掲載。

6)「IN★POCKET」で医療小説特集。短編小説「医療小説特集騒動記」を執筆。辛口の短編。

7)PHP新書で海堂ラボ書籍版第一巻を刊行。タイトルは『日本の医療 この人を見よ――海堂ラボvol.1』

8)新潮社「波」、キューバ紀行「キューバ・ラブワゴン」第4回は最終回。5月号掲載。副題は「サンタクララのもうひとつの顔」。日本に戻ってこられなくてもいいや、というお気楽紀行で大団円。

9)名人戦の後は八戸ドクターヘリ三周年記念の講演会予定。そして三浦綾子先生の生誕九十周年記念会の講演会は4月25日、旭川にて。今年は北国の春の様相。

10)文庫化の嵐は4月、『ブラックペアン1988』新装版。一冊です。5月、『ブレイズメス1991』のゲラも完了しました。これも一冊で、解説は西尾維新先生。6月は『アリアドネの弾丸』上下巻。解説は島田荘司先生。

11)推理作家協会に入会をお願いしました。理事会審査があるそうなので、果たして入会を認めていただけるかどうか......(笑)。



個人的には、「ダ・ヴィンチ」の2か月連続掲載の短編が、とても気になります。
どう考えても、あの人ですよね!チェックしなくては!!!

ちなみにJTのHPはこちら!(kaitaさんに教えていただきました)
http://www.1puku.jp/relativity/kaido/index.html



宝島社「海堂ニュース」はこちら




海堂さんニュース | 2012-04-16(Mon) 23:17:39 | トラックバック:(0) | コメント:(10)

『ほんとうの診断学: 「死因不明社会」を許さない』 Amazonで予約開始!

『ほんとうの診断学: 「死因不明社会」を許さない』 Amazonで予約開始!


『ほんとうの診断学: 「死因不明社会」を許さない (新潮選書)』がAmazonで予約開始されました。


*内容説明*
正確な診断なくしてよき人生はない。Ai(死亡時画像診断)で医学改革を図る著者が診断の本質を究明し日本の科学研究の欠陥に迫る。


発売日: 2012/5/25
価格: 1,365円


『ほんとうの診断学: 「死因不明社会」を許さない 』をAmazonで見る!



海堂さんニュース | 2012-04-14(Sat) 23:01:24 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

「ブレイズメス1990」文庫本 Amazonで予約開始!

「ブレイズメス1990」文庫本 Amazonで予約開始!

ブレイズメス1990 (講談社文庫)がAmazonで予約開始されました。

今回は、上下巻ではなく、初めから1冊です(笑)。


*内容説明*
東城大の外科研修医・世良は、モナコから天才心臓外科医・天城雪彦を連れ帰るミッションを言い渡される。果たして公開手術の結果は?


発売日: 2012/5/16
価格 : 680円


「ブレイズメス1990」 (講談社文庫)をAmazonで見る!




海堂さんニュース | 2012-04-09(Mon) 23:01:02 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説