宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!


宝島社「海堂ニュース」が2/17に更新されています。


タイトルは「盛況だったAi学会とAi研修会」


以下、海堂先生の近況を抜粋。
1)初の短編集『玉村警部補の災難』が2月10日に宝島社から刊行。

2)同じく宝島社から「『このミステリーがすごい!』大賞10周年記念 10分間ミステリー」が刊行

3)新聞三社連合『アクアマリンの神殿』、週刊現代『スリジエセンター1991』は絶賛好評連載中。ゴールは近いはず。

4)『ケルベロスの肖像』、宝島社さんにて絶賛手直し中。六月刊行予定。

5)『螺鈿迷宮』の続編、かつ完結編を秋に刊行すべく「野性時代」で連載開始予定。タイトルは『輝点炎上』。いまのところ、連載開始予定5月、刊行予定9月。

6)海堂ラボはおふたりのゲストをお招き。
佐賀大学Aiセンター副センター長の阿部一之先生は放射線技師として、Ai推進に尽力してくださった方。
もうお一人は、ロックシンガーの吉川晃司さん。

7)4月、PHP新書で海堂ラボ書籍版第一巻を刊行予定。十二人のゲストに登場していただきました。タイトルは『日本の医療・この人を見よ―海堂ラボvol.1』

8)『コマンダンテの海』。一部、二部をオール讀物2月号と3月号に集中掲載。

9)新潮社「波」、キューバ紀行「キューバ・ラブワゴン」第2回は3月号掲載。
副題は「オラ、ハバナ」。

10)角川oneテーマ新書で対談本。日本医師会常任理事の今村聡先生と共著で『医療防衛―日本医師会はなぜ闘うのか』を三月刊行。これにも天馬大吉と別宮葉子という、螺鈿迷宮―輝点炎上コンビにご登場願いました。言いたいことは「日本医師会は開業医の利益団体ではありません」ということです。

11)1月に刊行。金芳堂から新創刊された『放射線医学シリーズ・放射線医学総論』にて、『22章・オートプシーイメージング』をAiの第一人者である塩谷清司先生と共著で執筆。


今年も盛りだくさんですね!楽しみです!


スポンサーサイト
海堂さんニュース | 2012-02-20(Mon) 14:37:49 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

「極北ラプソディ」 登場人物一覧表と作品関連図


 *名前のみ登場している場合は△。

 *本のタイトルは省略しています。 (下記参照)
  見にくくてすみませんが、名前は順不同です。

 バチスタナイチン

ジェネラル

螺鈿地球儀ジーンたまごペアンひかりゲリラ23区青空伝説クレーマーマドンナブレイズアリアドネ領域ナニワラプソディ
今中良夫    
三枝久広   
後藤梢       
姫宮香織     △ △   △ 
後藤継夫       
平松           
清川吾郎           △ 
世良雅志         
角田サキ子           
佐竹景子           
蟹江          
タエ           
益村          
加藤寅雄          
久世敦夫
竹之内
本田            
木村            
田端            
島田
広崎宏明            
西野            
大村            
垂井            
田所
花房美和         
速水晃一      
水沢           
伊達伸也            
五條郁美
戸村            
越川
大月
仲根
諸田藤吉郎         
皆川
宮野
桃倉義治           
桃倉光二
美佐江
タミ            
彦根新吾
村雨知事
織田
戸村
小俣
田村



バチスタ  : 「チーム・バチスタの栄光」
ナイチン  : 「ナイチンゲールの沈黙」
ジェネラル : 「ジェネラル・ルージュの凱旋」
螺鈿    : 「螺鈿迷宮」
たまご   : 「医学のたまご」
地球儀   : 「夢見る黄金地球儀」
ジーン   : 「ジーン・ワルツ」
ペアン   : 「ブラック・ペアン1988」
ひかり   : 「ひかりの剣」
ゲリラ   : 「イノセント・ゲリラの祝祭」
23区    :  「東京都二十三区内外殺人事件」 
青空    : 「青空迷宮」
モル    : 「モルフェウスの領域」 
伝説    : 「ジェネラル・ルージュの伝説 海堂尊ワールドのすべて」
クレ-マー : 「極北クレイマー」
マドンナ  : 「マドンナ・ヴェルデ」
ブレイズ  : 「ブレイズメス1990」
アリアドネ : 「アリアドネの弾丸」
領域    : 「モルフェウスの領域」
ナニワ   : 「ナニワ・モンスター」
ラプソディ : 「極北ラプソディ」 



登場人物相関表 | 2012-02-13(Mon) 23:05:05 | トラックバック:(0) | コメント:(6)

「玉村警部補の災難」 海堂尊 著 レビュー



玉村警部補の災難     海堂尊 著

本 内容
田口&白鳥シリーズでおなじみの、桜宮市警察署の玉村警部補とキレ者・加納警視正が活躍する、ミステリー短編集です。ずさんな検死体制の盲点を突く「東京都二十三区内外殺人事件」、密室空間で起きた不可能犯罪に挑む「青空迷宮」、最新の科学鑑定に切り込んだ「四兆七千億分の一の憂鬱」、闇の歯医者を描く「エナメルの証言」――2007年より『このミステリーがすごい!』に掲載してきた4編をまとめた、著者初の短編集。

アヒル。 目次

0 不定愁訴外来の来訪者
1 東京都二十三区内外殺人事件
  不定愁訴外来での世迷い言 1
2 青空迷宮
  不定愁訴外来での世迷い言 2
3 四兆七千億分の一の憂鬱
  不定愁訴外来での世迷い言 3
4 エナメルの証言

単行本: 315ページ
出版社: 宝島社 (2012/2/10)




“「玉村警部補の災難」 海堂尊 著 レビュー”の続きを読む>>
海堂尊-小説 | 2012-02-10(Fri) 22:04:51 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説