スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

Amazon、楽天ブックスで「玉村警部補の災難」予約開始!

Amazon、楽天ブックスで「玉村警部補の災難」予約開始!!


Amazon「玉村警部補の災難」
楽天ブックス「玉村警部補の災難」


それぞれ、予約が開始されました!!

発売予定日は2月10日です。


*内容*

田口&白鳥シリーズでおなじみの、桜宮市警察署の玉村警部補とキレ者・加納警視正が活躍する、ミステリー短編集です。ずさんな検死体制の盲点を突く「東京都二十三区内外殺人事件」、密室空間で起きた不可能犯罪に挑む「青空迷宮」、最新の科学鑑定に切り込んだ「四兆七千億分の一の憂鬱」、闇の歯医者を描く「エナメルの証言」――2007年より『このミステリーがすごい!』に掲載してきた4編をまとめた、著者初の短編集。



Amazonで「玉村警部補の災難」を見る!

楽天ブックスで「玉村警部補の災難」を見る!







スポンサーサイト
海堂さんニュース | 2012-01-21(Sat) 21:43:12 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!


宝島社「海堂ニュース」が1/10に更新されています。


タイトルは「引きこもり続ける法医学会」


以下、海堂先生の近況を抜粋。

1)初の短編集『玉村警部補の災難』を2月10日に宝島社から発刊。初の警察小説。相当の加筆で、雑誌掲載時とは、もはやまったく別物の様相を呈しているとのこと。

2)同じく宝島社から「『このミステリーがすごい!』大賞10周年記念10分間ミステリー」に10枚ミステリー。2月刊行。

3)宝島社のフラッグシップ、東城大学シリーズの最終巻は本日を以て初稿を脱稿。シリーズ最終刊だけあって、ド派手で煌びやかな作品に。タイトルは『ケルベロスの肖像(仮)』。これに伴い、もうひとつとんでもない事態が。

4)NHK・BSプレミアム「旅のチカラ・海堂尊篇・キューバでゲバラを追いかける」(これまたタイトルは自分でつけたので正式名称ではありません、あしからず)1月17日に放映予定。これにともない16日にはプレミアムのガイド番組に出演予定。そちらは1月16日NHK総合で放映予定。

5)中編1つ。タイトルは『コマンダンテの海』。一部、二部をオール讀物2月号と3月号に集中掲載。

6)さらに新潮社「波」で、キューバ紀行「キューバ・ラブワゴン」を数回連載予定。第1回はやはり2月号掲載。


宝島社「海堂ニュース」はこちら!






海堂さんニュース | 2012-01-10(Tue) 22:51:43 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。