宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!


宝島社「海堂ニュース」が12/14に更新されています。


衝撃のニュースが!!


タイトルは「君、国を売りたもうことなかれ」


以下、海堂先生の近況を抜粋。

1)『極北ラプソディ』刊行。

2)『このミステリーがすごい! 2012年版』で短編掲載。
加納警視正と玉村警部補の事件簿『エナメルの証言』は、本邦初(かどうかは定かではありませんが)の歯医者ミステリー。

3)これに伴い、初の短編集『玉村警部補の災難』を2月に宝島社から上梓。『このミス』で4年にわたり連載した警察小説短編集。

4)海堂ラボは2012年3月を以て終了。

5)来年は宝島社のフラッグシップ、東城大学シリーズの最終巻を刊行予定。
夏過ぎには、「週刊現代」で連載中の『スリジエセンター1991』でバブル三部作を閉じます。

6)来年1/17に、BSプレミアム『旅のチカラ・海堂尊篇』放送。
 キューバ革命の英雄、チェ・ゲバラの足跡を追ってきました。


そして最後・・・

 海堂ワールドは来年以降、終幕へ向けて舵を切ることになります。思えば5年、何とか生き延びることができました。これも私を支えてくださった読者のみなさんのおかげです。そうしたファンの方たちのために、この世界を無事閉じていくことに集中させていただきますのでお楽しみに。

とのことです。

いやー、どう閉じるかを楽しみに待っていたとはいえ、いざ終幕かと思うと、なんかすごい寂しいです・・・。
田口・白鳥シリーズが終わっちゃうなんて、考えられないですね・・・。
「スリジエ」が夏に終わるってことは、その前に田口・白鳥シリーズは終わっちゃうんですね。


『このミス』に4年掲載されていた加納・玉村シリーズは『玉村警部補の災難』として宝島社から2/10に刊行予定です。今回、単行本が2/10に出るってわかっていたので、『このミス』買わなかったんですよね。それがこんなに大事なこと(海堂ワールドの終幕について)が書かれていたなんて!!

そして、このオレンジのとこの書き方って!
もう海堂先生は作家やめちゃうの???
そうだったら、私にとって大問題です。
いややめないですよね?今回5年続いたシリーズを閉じるだけですよね。
新たな世界を築いてくれますよね?

うー、気になります。
海堂先生、教えてくださーい!!!


----------12/19追記----------

このミスの隠し玉、見てきました・・・。
海堂ワールドを閉じるために、新しいシリーズをいくつか立ち上げるとのこと!!
よかったーーー!!
どんなシリーズが立ち上がるんでしょうね!わくわく。

*私の勝手な想像*
・「螺鈿迷宮」の主人公、天馬大吉くんのその後。
・田口先生の若いころの話。(「螺鈿迷宮」のすみれとのこととか・・)
・連載中の「アクアマリンの神殿」は読んでないのですが、そこに渡海のことがなければ、
 渡海の話もいいなぁ。
・「極北」シリーズは終わりましたけど、世良先生が極北の地にたどりつくまでの話とか。
 あ、これは「スリジエ」に書いてあるのかな?
・「ナニワ・モンスター」シリーズで日本三分の計を提唱した彦根。やはりその後は必要でしょう!

・・・挙げるときりがないですね(笑)
楽しみに待つとしましょう!








スポンサーサイト
海堂さんニュース | 2011-12-16(Fri) 22:03:27 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

「極北ラプソディ」 海堂尊 著 レビュー



極北ラプソディ   海堂尊 著


本 内容
赤字建て直しをはかる世良院長、目前の命を必死に救う救急医の速水、孤島の診療所の久世医師の姿をとおして、再建の道をさぐる。『極北クレイマー』に続くメディカル・エンターテインメント第2弾。

アヒル。 目次
第一部 極北の架橋 
1章 通り過ぎるサイレン      5月12日(火曜)
2章 テレビ先生の三つの宣言    5月13日(水曜)
3章 赤鼻課長の訪問         
4章 世界は孤立していない     5月14日(木曜)
5章 古巣探訪 
6章 極北市を治療しましょう 
7章 市長懇談会          5月15日(金曜) 
8章 監察医務院の闇 
9章 救急車の静寂         6月15日(月曜)
10章 メディア・ストーム      6月16日(火曜)
11章 世良の秘密兵器        6月18日(木曜)

第二部 雪見の夏空 
12章 ドクターヘリ         6月22日(月曜)
13章 帰宅難民           6月23日(火曜)
14章 漂泊の酒宴
15章 将軍の日           6月24日(水曜)
16章 ドクタージェット高層     6月25日(木曜)
17章 東城大の血脈         7月 2日(木曜)
18章 雪見峠に棲む悪魔       7月 7日(火曜)
19章 七夕の帰還     

第三部 光のヘリポート 
20章 ひかりのシュプール      2月16日(火曜)
21章 アクロバット・フライト    2月17日(水曜)
22章 円卓裁判           2月19日(金曜)
23章 シンデレラ・ナイト      2月20日(土曜)

第四部 オホーツクの真珠
24章 北の経綸           3月11日(木曜)
25章 神威島            3月18日(木曜)
26章 闇の中の手術    
27章 海狼の遠吠え    
28章 青い蝶            3月19日(金曜)


単行本: 392ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2011/12/7)





“「極北ラプソディ」 海堂尊 著 レビュー”の続きを読む>>
海堂尊-小説 | 2011-12-13(Tue) 22:57:31 | トラックバック:(1) | コメント:(8)

Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説