テレビドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」第8話レビュー

テレビドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」第8話レビュー


第8話   「貫通」            2011.8.30.O.A


 *以下は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。


本 内容(関西テレビHPより抜粋)

北山(尾美としのり)の自殺計画を暴かれた宇佐見(福士誠治)は田口(伊藤淳史)を撃って逃走。翌朝、白鳥(仲村トオル)は、弾丸が田口の肩を貫通していたと聞き、北山の事件に残された謎に気づく。“なぜ、北山を撃った弾丸は貫通しなかったのか?”

 一方、容疑が晴れた島津(安田顕)はようやく開放されることに。島津は「警察が無実の人間に頭を下げる日」と斑鳩(高橋克典)に意味深に告げると、「俺にも頭を下げろ」と謝罪を要求。それを見た斑鳩の脳裏にある疑惑が浮かぶ。

 まもなく、20年前の松崎事件の判決が出た。犯人とされていた松崎行雄(六平直政)はやはり“無罪”。しかし、警察の謝罪が求められる中、記者会見で斑鳩は、事件の捜査責任者だった北山が、誤ったDNA鑑定を信じたことを苦に命を絶ったと発表。記者たちの同情を誘い、警察への追及をかわす。

 数日後、東城医大では職場復帰した島津が縦型MRIで田口の画像を撮影し、脳には異常なしと判明。その画像を見た白鳥は、田口に「北山の殺害にはもう一人共犯者がいる」と告げる。しかし、動機がわからない、と。

 翌日、久々に開かれたAiセンター運営会議の席で、斑鳩は、島津の意外な正体を暴露した。島津は冤罪被害者・松崎の息子だったのだ。父親を陥れた北山を死なせるため、自殺計画にわざとのったんだと突き付ける斑鳩。「ようやく動機が判明した」と、白鳥は弾丸が貫通しなかった理由を語り始める。事件当時、MRIの磁場中心は通常より下の位置に設定されていた。そのため弾丸は加速せず、貫通を免れた。それは即ち、弾丸が直撃して縦型MRIが爆発するのを避けるためだ。そんな巧妙な磁場調整を行える人物は、島津以外にあり得ない、と。

 島津はすべてを打ち明けた。父親を陥れた北山を恨んでいた島津は、友野(矢柴俊博)の残した録音ファイルから北山の自殺計画を知り、あえて計画に乗ろうと決意。大事な縦型MRIを守るため、故意に磁場を調節したのだった。

 その夜、斑鳩のもとに逃亡中の宇佐見から電話が。「松崎が犯人じゃないなら、一体誰が20年前女子高生を殺したんですか」と訴える宇佐見。すると斑鳩は答えた。「お前の言う通り、事件は終わってなんかいない。俺たちは北山さんの遺志を引き継ぐべきだ。そうだろ、宇佐見?」

その数日後、女子高生が川原の土手で何者かに襲われ…。


救急車

ぐっちー、無事でよかったです。もちろん無事とは思っていたけど♪

そして三船さん、労災かどうかって!!労災でしょう!
労災って勤務時間が関係するんですねー。

「松崎事件」での斑鳩の会見、警察を守るためとはいえ・・・。
でもうまくかわしましたね。マスコミを。
北山さんの死、無駄にしなかったですね。ほんとに。
でも私はぐっちーと同じく、斑鳩は本当に北山さんの死を無念に悲しく思っていると思いますね。

それにしてもDNA鑑定のミスによる冤罪事件については、本当に現在取りざたされているので
なんともいえない気持ちです。

斑鳩が見ていた少年の写真・・・あれは誰?・・・と思っていたら
なんとびっくり。松崎の息子でした・・・。
そしてそれが島津先生。
えぇー。それってなんか、2時間ドラマみたいやん。
しかも、来週以降、まだまだこの話でひっぱりそうです。
松崎事件の再犯って!犯人だれよ?宇佐見??

島津の言葉で、いつも冷静な斑鳩がキレましたね・・・。
北山さんのこと、警察のこと、やっぱり・・・。
記者会見の時、言葉に詰まってたのもやはり北山さんの死を無念に思っていたんですよね・・。

「警察は常に正しい」そう思えるから市民は安心して暮らせる。
北山さんがそう言っていたという斑鳩。
すみれ先生にはふられちゃったし、なんか斑鳩、かわいそうになってきた。


それにしてもすごいなー。白鳥。
磁場の中心が通常より下にずれていることを見抜き、
島津先生がやったことを暴いちゃいました。
これ、犯罪ですよね。北山さんたちの計画を知っていながらそういうことするの。
でも、父親を誤認逮捕された恨み、よくわかりますよね・・・。
いつも斜に構えてた冷たい感じの島津先生、生い立ち聞いたら、納得かも。
松崎に「ごめん」といった時の表情、よかったですね。

で、白鳥に戻りますが、
「日経おとなのOFF おとなのミステリ」で古今東西名探偵特集ってのがありまして
そこに、なんと白鳥圭輔、のってました!

えぇっ、白鳥、名探偵だったんだ・・・。とその時は驚いたんですが
今日は納得です。白鳥、あなたは名探偵に近いぞ!!



スポンサーサイト
海堂尊-テレビドラマ | 2011-08-30(Tue) 21:38:25 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

テレビドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」第7話レビュー

テレビドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」第7話レビュー


第7話   「真犯人」            2011.8.23.O.A


 *以下は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。


本 内容(関西テレビHPより抜粋)

北山(尾美としのり)を殺害した弾丸は、拳銃から発射されたものではなかった。では誰が、一体どうやって北山の脳内に弾丸を撃ち込んだのか?島津(安田顕)逮捕まであと1日。証拠品の拳銃と弾丸を調べた田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)は、ある殺害トリックに気づく。

 斑鳩(高橋克典)や宇佐見(福士誠治)に「事件のからくりがわかったのでMRI室に来てほしい」と告げる2人。そして約束の時間、笹井(小西真奈美)や須賀(市川知宏)も現れ、ついに事件が解き明かされてゆく。

 すべての答えは北山が絶命していた縦型MRIにあった。MRIの周りには拳銃も吸い寄せるほど強力な磁場が存在する。北山の殺害に使われた弾丸は、通常の鉛ではなく鉄で作られたものだった。白鳥は、犯人がMRIの磁力を利用して、頭部で骨の最も薄い目の部分を射抜いたと推理。室内にあった塩化ビニール管を使い、一方の端から弾丸を放てば間違いなく目を狙うことは可能だ。

 そして、犯人のほかに管のもう一端を握って目の位置に固定していた共犯者こそ、北山本人だという白鳥の言葉に、笹井らは騒然となる。

 なぜ北山は自ら手を貸したのか?「その答えを知っているのは君以外にいないよね」と宇佐見に告げる白鳥。そこへ斑鳩が現れた。島津が“無実の証拠”として「ショスタコーヴィチ 交響曲第五番・第三楽章」という謎のキーワードを田口らに託したというのだ。

 殺されたMRI技師・友野(矢柴俊博)のパソコンのパスワードだと気づいた田口らは、暗号を解読してロックを解除。殺害当日に作成された音声ファイルを見つける。そこには、北山と宇佐見の密談が録音されていた。Aiセンターを潰すため、MRI室で島津の犯行に見せかけて自分を殺せと命じる北山。「密談を聞かれ、友野を口封じのため殺したのか」と告げる白鳥。斑鳩も詰め寄るが…。

 北山は20年前、DNA鑑定を信じ冤罪を生んでしまったことを心底悔やんでいた。自分の死をもって警察の大失態を償い、しかも警察のAiセンターつぶしの切り札にするため、今回の計画を宇佐見に強行させたのだった。「できません」と何度も逡巡する宇佐見。「撃て、宇佐見」――それが北山からの最後の命令だった。

 「誰にもわからない…」宇佐見は一同を拳銃で脅すと、田口を人質に取って逃走。田口は宇佐見を説得しようとするが、追ってきた白鳥が現れた次の瞬間、白鳥を狙った宇佐見の銃弾は田口を直撃し…。


救急車

いやー、大変ですね!!
原作とトリックは同じようなものの、宇佐見が犯人ってのも他にはいないだろ・・・ってわかってたものの。

ぐっちー、最後、宇佐見を説得し、自首って形で、大活躍で終わるかと思いきや、
あぁ、なんというタイミングの悪さ!
白鳥があと数分、来るのが遅ければ、違う結果になってたかもね。

来週はチーム・ジェネラルが出陣!
もちろんぐっちーが死ぬはずないですよね。
そのへんは安心してますが
予告の「弾丸が貫通している?」という白鳥のセリフ・・・

来週は、もう一人の真犯人・・・ですよ。
「バチスタ」ドラマのときもそうでしたね。
氷室が犯人だけど・・・って引っ張って。
そんな感じですねー。
誰だ?もう一人の真犯人は?

斑鳩は、北山と宇佐見の計画を知っていたんでしょうか?
そして斑鳩はどこまで関与しているの?

島津せんせもまだ怪しさ残ってるし。

今まで登場してない人がもう一人の真犯人とかありえないし
っていうと、一番ありえない人・・・
笹井せんせか、須賀くん??
そして、真犯人の意味は??

来週も楽しみです!






海堂尊-テレビドラマ | 2011-08-23(Tue) 21:51:57 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

テレビドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」第5話レビュー

テレビドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」第6話レビュー


第6話   「完全犯罪のメロディー」            2011.8.16.O.A


 *以下は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。


本 内容(関西テレビHPより抜粋)

笹井(小西真奈美)が北山(尾美としのり)の解剖で一瞬手を止めたのは、真犯人に不利な証拠を見つけたからではないか。
 斑鳩(高橋克典)が田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)に与えた猶予はあと2日。笹井への疑惑が濃くなる中、事件発生時の音声を聞き直していた田口と白鳥は、MRI室にあるはずのないCDの曲が流れていたことに気づく。白鳥は犯人が曲と一緒に銃声を録音したCDをかけ、殺害時刻を偽装したと推理。犯人が銃声よりも前に北山を殺して島津に罪を着せ、現場から逃げたと考える。

 さらに犯人が隠したと思われるCDを探す中、2人はMRI室と法医学教室を繋ぐ小部屋を発見。密室と思われていたMRI室に、法医学教室から誰にも気づかれずに出入りすることが可能だったのだ。

笹井は部屋の存在など知らないと容疑を否定。しかし、警察の都合のいいように斑鳩に利用されているのではないかと言われ、いつになく激しい怒りを露わにする。

 実は笹井自身、自分が斑鳩に利用されているのではないかと感じ始めていたのだった。真摯に問いかけてきた田口に、笹井は遺体の不審な点について密かに調べていることを明かし、結果が出れば田口にも報告すると約束する。

 その夜、北山の通夜が行われた。島津(安田顕)の逮捕を先延ばしにする斑鳩に激しく詰め寄る宇佐見(福士誠治)。そこに現れた白鳥と田口に、斑鳩は拘束中の島津の様子を教える。島津は北山の遺体のAi鑑定が行われたかどうかを気にしていたというのだ。

「僕らが見逃していたヒントがAiに写っているのかもしれない」――田口と白鳥は急いで東城医大に戻ると、北山の脳の画像からある重要なことに気づく。拳銃で撃たれた脳の画像には弾道の周囲に火薬が写っている。ところが、北山の画像には火薬が写っていなかったのだ。駆けつけた笹井もまた、弾道の傷の異常に気づいていたと明かす。弾が進むにつれて広がるはずの傷が、なぜかほぼ同じ大きさで脳幹まで達していたのだ。
ついに田口と白鳥は、島津が北山を拳銃で撃ったとする警察の判断を真っ向から否定する結論にたどり着く――「この弾丸は、拳銃から発射されたものじゃない」。
 
同じ頃、警察庁では、島津が斑鳩に自分の無実を訴えていた。しかし島津が思わず口にした一言で事態は急変する。
「Aiしたらわかったはずだ。火薬が写っていなかっただろう!」
ハッとして口をつぐむ島津。詰め寄る斑鳩。…それは、犯人しか知りえない情報だった。


救急車


きゃー!ぐっちーが撃たれた!!
誰に?なんで?来週は怒涛の展開のようですね!!見逃せませんよ!
とうとうトリックも分かりそうです。

しかし、宇佐見は今回、どういう役どころなんでしょうね。
「いついかなる時も感情を殺せ。命令を遂行せよ。」
北山の言いつけを守る宇佐見。
「一度くらい涙を流してもいいのでは」というぐっちーに、
「私が涙を流すのは警察官を辞める時です。」
という宇佐見。
なんか暴走しそうです。

MRI室と扉でつながっていたのは法医学教室でしたが、
でもそんなの警察が見つけてないとおかしいでしょ!
警察何してんだ?

そして島津はなんで拳銃で撃たれたのではないと知っていたんでしょう・・・。
トリック自体は、原作と同じかもしれませんが・・・。




海堂尊-テレビドラマ | 2011-08-16(Tue) 21:44:59 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!

宝島社「海堂ニュース」が更新されています!


宝島社「海堂ニュース」が8/8に更新されています。

タイトルは「石巻警察署のAi導入拒否と映像化不能作品」
ドラマ『アリアドネの弾丸』の話や、『イノセント・ゲリラの祝祭』が映像化されない理由なども書かれています。


以下、海堂先生の近況を抜粋。

1)文庫版『外科医・須磨久善』は好調、重版中。

2)8月下旬、新潮社から刊行される『救命――東日本大震災、医師たちの奮闘』を一文を寄せ、監修。

3)8月中旬、講談社ブルーバックス『死因不明社会2 なぜAiが必要なのか』を出版。

4)市民公開セミナー「医療と消費税」で基調講演を予定。8月21日、14時から場所は日比谷公会堂。




宝島社「海堂ニュース」はこちら!





海堂さんニュース | 2011-08-15(Mon) 21:59:26 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

テレビドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」第5話レビュー

テレビドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」第5話レビュー


第5話   「20年目の復讐」            2011.8.9.O.A


 *以下は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。


本 内容(関西テレビHPより抜粋)

東城医大のMRI室で北山(尾美としのり)の他殺体が発見され、そばに拳銃を手にした島津(安田顕)が倒れていた。第一発見者の宇佐見(福士誠治)は、島津が発砲してきたため気絶させたと証言。北山殺しは収賄疑惑を追及された末の犯行に違いないと断言する。

 白鳥(仲村トオル)は、友野(矢柴俊博)に続き収賄絡みで島津が連続殺人を犯した可能性があると告げ、田口(伊藤淳史)をがく然とさせる。そんな中、斑鳩(高橋克典)が解剖の担当医に笹井(小西真奈美)を指名。2人が何かを隠そうとしているとにらんだ白鳥は、解剖前の遺体を密かに運び出してAiを決行するが、島津の疑いを晴らす証拠は見つからなかった。

 事件が明るみになれば、東城医大は存続の危機を免れない。田口らは最大のピンチに身構えるが、翌朝、事件がマスコミに報じられることはなかった。斑鳩が警察の情報をコントロールし、故意に事件を隠蔽したのだ。

田口と白鳥が解剖室に乗り込むと、そこには斑鳩の姿が。白鳥が笹井との関係を追及するが、斑鳩は恋人だとあっさり告白。解剖でも、笹井の手が一瞬止まったかに見えたものの、結果は警察の推定通り、銃弾による頭蓋内損傷による死だった。

 まだ島津の犯行だと信じられない田口は斑鳩に訴え、島津逮捕まで3日間の猶予を取り付ける。早速、事件の再調査を開始する2人。すると、2人はある事実に気づく。銃弾が誤ってMRIに当たれば、内部にあったヘリウムが急激に気化し、爆発が起こる。その危険を知っているはずの島津がMRI室で発砲などするはずがないのだ。よくよく振り返れば、一発目の銃声がした時、北山が撃たれる現場を見ている者は誰もいない。

 一方、事件を報道させない斑鳩にしびれを切らした宇佐見は須賀(市川知宏)に接近。斑鳩が笹井を利用していると吹きこみ、解剖所見を自分に流すよう言い含め…。

 そんな中、田口と白鳥は斑鳩が事件を隠そうとした理由に気づく。斑鳩が2人に猶予を与えた3日後とは、DNA鑑定ミスで冤罪を招いた20年前の「松崎事件」の再審判決の日だったのだ。斑鳩はその日に島津逮捕というスキャンダルをぶつけ、警察の失態報道を抑え込もうとしたのだった。

 さらに2人は衝撃的な事実を知る。当時、DNA鑑定を担当した法医学教授は冤罪を招いたことを苦に自殺。その教授の娘こそ笹井であり、また、教授の反対を押し切り、20年前逮捕に踏み切ったのが北山だったのだ。だとすれば、笹井が、父親を自殺に追い込んだ北山を恨んでいてもおかしくはないではないか――?


救急車

どうも宇佐見は島津先生が北山を本当に殺したと思ってますねー。
そしてスマートな表情に隠された凶暴性が出てきてます。
須賀くんに迫ってたとき、なんか怖かったですよね。

斑鳩の信念はすごいですねぇ。
講義での話は、かなり偏ってますよね。「我々こそが正義なのだ」
あれはどっから来てるんでしょう。
斑鳩の過去こそ知りたいですね。

今日は笹井先生と付き合っていると言っちゃいましたが
あれ、ほんとなんでしょうかね。
ブラフっぽい気もします。

北山の司法解剖で、笹井は何かに気づいたっぽいですが
何も言わなかったですよね。あれは何でしょうね。
病気のことかなぁ・・・。

白鳥とぐっちーはどうやって解決していくんでしょうね。
原作のトリックとは違うんでしょうか。

そして白鳥って厚労省に出勤しなくていいのか??
ぐっちーも心療内科、全くしてないけどいいのか??

来週も楽しみですー。





海堂尊-テレビドラマ | 2011-08-09(Tue) 21:27:37 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

テレビドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」第4話レビュー

テレビドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」第4話レビュー


第4話   「2人目の不審死」            2011.8.2.O.A


 *以下は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。


本 内容(関西テレビHPより抜粋)

友野(矢柴俊博)が亡くなった夜、斑鳩(高橋克典)が東城医大で笹井(小西真奈美)と会っていたことを知った白鳥(仲村トオル)は斑鳩を追及。
だが、斑鳩はとりあわず、Aiの推進に躍起になる白鳥に別の思惑があるのではないかと挑発する。

 その頃、Aiセンターに新たな依頼が舞い込んでいた。
 遺体は、東桜宮病院で前立腺がんの手術を受けた翌日、脳梗塞を起こして急死した杉山和夫(竹内宣二)。
遺族に医療ミスを疑われた院長が、死後に撮ったCT画像の鑑定を依頼してきたのだ。


 島津(安田顕)はAiの結果、手術にミスはなかったと診断。
笹井の解剖結果も、島津と同じく病院側に問題は見当たらないというものだった。


 しかし、院内で手術を急かされている患者の話を耳にした白鳥は不審を抱き、患者の手術前と後のCT画像の比較を島津に依頼。
その結果、驚くべきことがわかった。
手術前の画像に、がんが見当たらなかったのだ。


 東桜宮病院は悪徳医療コンサルタントの餌食となって借金返済に追われた末、虚偽の診断で患者に必要のない手術を受けさせ、診療報酬を騙し取っていた。我を忘れ、いつになく激しく院長を責める白鳥の姿に、何か引っかかる田口。



一方、Aiが犯罪を暴いたことで注目を浴びる島津。
そこへ、北山(尾美としのり)と宇佐見(福士誠治)が訪ねてきた。北山は、島津がAiセンター着任の条件として縦型MRIを導入した際、業者から賄賂を受け取ったのではないかと指摘。
島津は否定するが、明らかに取り乱した様子を見せる。


 そんな中、一同が会したAiセンター運営会議に、斑鳩が現れた。斑鳩は田口らの前で、白鳥が10年前に恋人を亡くし、その死因に医療ミスの疑いがあったことを暴露。医療と患者を守るためではなく、Aiで医療ミスを暴き、恋人を死なせた医療に復讐することこそが、白鳥の本当の目的だと言い放つ。言葉を失う白鳥。

 斑鳩の言う通り、自分は医療を憎んでいるだけかもしれないと認める白鳥。しかし田口は言う。「目的なんて関係ない。大事なのは何を作るかでしょう?」 患者にも医療にも公平なAiセンターを一緒に作ろう、と。

 そんな二人のもとに、友野の死に関して話があると宇佐見から連絡が入った。MRI室の前で待ち合わせた三人。友野が死んだのは、島津の収賄を知ったからではないかと話す宇佐見。
その時、1発の銃声が響いた。宇佐見の後を追ってMRI室に駆け込んだ田口と白鳥は、衝撃の光景を目にする。
床には銃を握った島津が倒れ、縦型MRIの椅子で左目を撃ち抜かれた北山が息絶えていたのだ…!




救急車

今回も冒頭から斑鳩です。
斑鳩が登場してるとバチスタシリーズとは思えないですねー。ほんとに。
斑鳩と白鳥が相対していると、白鳥のやさぐれ度が上がる感じがしますね。
そして、友野くんの死については、北山も知らない感じでした・・・。
ん?原作と犯人は違うのか??

今回は、東桜宮病院で手術した患者が脳梗塞で亡くなった・・・
遺族からあんなに元気だったのに・・とAIと解剖を行って調べるのですが
手術と脳梗塞の因果関係は見つかりません。
そこへ、白鳥が患者の生前のCT画像を持ってくるんですねぇ。
生前の画像と死後の画像を比較できるところがAIのいいところなんだそうな。

結果、びっくり!
画像を見たら、もともと前立腺がんがなかったっていうじゃーないですかっ!!
病院が借金まみれだからって、必要のない手術をするなんて、
なんとまぁ!
にしても、白鳥とぐっちーに問い詰められた担当医師がすぐに告白しちゃうなんて!
前から思ってましたけど、白鳥とぐっちーって、「北風と太陽」みたいですよね。

今回の白鳥はかなり激しいです。

10年前、白鳥の恋人が亡くなっていた・・・
その時から白鳥は医療不信になっていて、
AIで医療に復讐しようとしていると、AIセンターの会議で斑鳩が暴露します・・・。
そうか、それが白鳥の過去だったのね。
まぁ流れとしては、そんな感じかなとは思いましたね。

他人の過去をほじくり返すのはさいてー。こういうのは大っ嫌いと、笹井が斑鳩に言うんですけど
すごく気持ちのいい言い方でしたねー。

会議後、白鳥がぐっちーに過去の話をするんですけど
その時のぐっちーの言葉もいいですね。
じーんときちゃいました。

とうとう、北山審議官、死んじゃいましたよ!
なぜか島津先生が銃を持って・・・。
でもどう見ても宇佐見、怪しいよ。おかしいでしょう。

どうなのー??



海堂尊-テレビドラマ | 2011-08-02(Tue) 21:41:07 | トラックバック:(1) | コメント:(4)

Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説