What'new!!(サイト更新情報)

当サイトの更新情報です!

 *新着記事や、今までの記事についても、ここで更新情報をお知らせします。

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第10話レビュー (6/28) 

『死因不明社会2018 』発売!  (6/18) 

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第9話レビュー (6/18) 

「玉村警部補の巡礼」 海堂尊 著 レビュー  (6/14) 

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第8話レビュー (6/14) 

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第7話レビュー (6/7) 

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第6話レビュー (5/29) 

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第5話レビュー (5/20) 

J-WAVEのラジオで別所哲也さんが海堂さんをゲストに招いてお話を聞いています。テーマは「『ブラックペアン』原作者・海堂尊が四国お遍路にハマった理由」 (5/14) 

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第4話レビュー (5/14)  

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第3話レビュー (5/7) 

宝島社「海堂ニュース」が更新されています! (5/6) 

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第2話レビュー (5/2) 

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第1話レビュー (4/21) 

『玉村警部補の巡礼』  Amazonで予約開始!  (3/20) 

「ブラックペアン」ドラマ 追加キャスト発表! (2/21) 

「菩提のヘレシー(邪教)」(『このミステリーがすごい!』大賞作家 書き下ろしBOOK vol.19掲載)レビュー!  (2/11) 

『スリジエセンター1991』 文庫 Amazonで予約開始! (2/7) 

二宮和也さん、初の外科医役でTBS日曜劇場「ブラックペアン」主演! にTBS公式サイトのリンクを追加 (2/4) 

『スカラムーシュ・ムーン』 文庫 Amazonで予約開始!  (2/2) 

二宮和也さん、初の外科医役でTBS日曜劇場「ブラックペアン」主演! (2/2) 

「 ゲバラ漂流 ポーラースター 」 海堂尊 著 レビュー  (1/9) 



“What'new!!(サイト更新情報)”の続きを読む>>
スポンサーサイト
海堂さんニュース | 2037-10-24(Sat) 00:00:00 | トラックバック:(2) | コメント:(31)

海堂尊作品&関連商品リスト

海堂尊作品&関連商品リスト

ニコニコ。 正面 単行本(小説)

チーム・バチスタの栄光  レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

ナイチンゲールの沈黙   レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

ジェネラル・ルージュの凱旋   レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

螺鈿迷宮    レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

ブラックペアン1988   レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

夢見る黄金地球儀  レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

医学のたまご  レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

ジーン・ワルツ  レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

ひかりの剣   レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

イノセント・ゲリラの祝祭  レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

ジェネラル・ルージュの伝説 海堂尊ワールドのすべて  レビュー はこちら  登場人物作品関連図はこちら

極北クレイマー  レビュー はこちら  登場人物作品関連図はこちら

マドンナ・ヴェルデ  レビュー はこちら  登場人物作品関連図はこちら

ブレイズメス1990  レビュー はこちら  登場人物作品関連図はこちら 

アリアドネの弾丸  レビューはこちら   登場人物作品関連図はこちら 

モルフェウスの領域  レビューはこちら    登場人物作品関連図はこちら

ナニワ・モンスター  レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら  

極北ラプソディ  レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

玉村警部補の災難  レビューはこちら

ケルベロスの肖像  レビューはこちら 登場人物作品関連図はこちら

スリジエセンター1991 レビューはこちら 登場人物作品関連図はこちら

輝天炎上 レビューはこちら 登場人物作品関連図はこちら 

ガンコロリン  レビューはこちら

カレイドスコープの箱庭 レビューはこちら 登場人物作品関連図はこちら

アクアマリンの神殿  レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

スカラムーシュ・ムーン レビューはこちら  登場人物作品関連図はこちら

ポーラースター ゲバラ・覚醒  レビューはこちら

ゲバラ漂流 ポーラースター レビューはこちら

玉村警部補の巡礼


ニコッ♪ 文庫

チーム・バチスタの栄光(上)

チーム・バチスタの栄光(下)

ナイチンゲールの沈黙(上)

ナイチンゲールの沈黙(下)

螺鈿迷宮 上

螺鈿迷宮 下

ジェネラル・ルージュの凱旋(上)

ジェネラル・ルージュの凱旋(下)

夢見る黄金地球儀 (創元推理文庫) 

ブラックペアン1988(上) (講談社文庫) 

ブラックペアン1988(下) (講談社文庫) 

イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫) 

イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫) 

ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫)

ジーン・ワルツ (新潮文庫)

ひかりの剣 (文春文庫)  

極北クレイマー 上 (朝日文庫) 

極北クレイマー 下 (朝日文庫)  

新装版 ブラックペアン1988 (講談社文庫) 

ブレイズメス1990 (講談社文庫)

アリアドネの弾丸(上) (宝島社文庫) 

アリアドネの弾丸(下) (宝島社文庫) 

マドンナ・ヴェルデ (新潮文庫)

モルフェウスの領域 (角川文庫) 

新装版 螺鈿迷宮 (角川文庫) 

新装版 極北クレイマー (朝日文庫)  

極北ラプソディ (朝日文庫)  

ケルベロスの肖像 (宝島社文庫)

輝天炎上 (角川文庫)

ナニワ・モンスター (新潮文庫)

玉村警部補の災難 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

カレイドスコープの箱庭 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 

新装版 チーム・バチスタの栄光 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

新装版 ナイチンゲールの沈黙 (宝島社文庫 「このミス」大賞シリーズ) 

新装版 ジェネラル・ルージュの凱旋 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)  

新装版 イノセント・ゲリラの祝祭 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

ランクA病院の愉悦

アクアマリンの神殿 (角川文庫)

新装版 アリアドネの弾丸 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

スカラムーシュ・ムーン(新潮文庫) 

スリジエセンター1991(講談社文庫)



アップロードファイル 短編小説(雑誌・小説誌掲載分)

東京都二十三区内外殺人事件(書き下ろし短編として『このミステリーがすごい! 2008年版』に収録されてます)  レビューはこちら

野性時代 第62号 62331-63 KADOKAWA文芸MOOK 
 総力特集 海堂尊解体新書
ロングインタビュー、作品&キャラクター相関図、本人による全作品解説、桜宮病院ナビMAP
Ai最新情報、海堂ワールド用語辞典、最新短編小説ほか
                          特集内容はこちら          
                          短編「モルフェウスの領域」レビューはこちら

オール讀物 2009年 01月号  に短編「平和的祭典北京五輪」を収録。 レビューはこちら

このミステリーがすごい! 2009年版 海堂さん特別書き下ろしのミステリー短編「青空迷宮」掲載  レビューはこちら

ダ・ヴィンチ 2009年 04月号 [雑誌]  海堂尊特集!短編「君去りし後」も収録  レビューはこちら

ミステリマガジン 2009年 12月号 [雑誌] 別宮葉子が作家・海堂尊にインタビューした?

野性時代 第73号 KADOKAWA文芸MOOK 62331-75 (KADOKAWA文芸MOOK 75) 「モルフェウスの領域」続編の短編「インソムニアの回廊」掲載!   レビューはこちら

このミステリーがすごい! 2010年版 短編「四兆七千億分の一の憂鬱」掲載! レビューはこちら
 
小説現代 2010年 12月号 [雑誌] 医療小説特集。短編「緑剥樹の下で」掲載。  レビューはこちら

『このミステリーがすごい!』大賞STORIES2011年11月 (別冊宝島) (別冊宝島 1711 カルチャー&スポーツ)に「『真説・リョーマ伝』縁起由来」掲載。

小説新潮 2011年 11月号 医療小説特集。短編「被災地の空へ―DMATのジェネラル」掲載。 レビューはこちら

オール讀物 2012年 02月号 [雑誌] 「コマンダンテの海」前編掲載!

オール讀物 2012年 03月号 [雑誌] 「コマンダンテの海」後編掲載!

『このミステリーがすごい!』大賞10周年記念 10分間ミステリー (宝島SUGOI文庫)

『このミステリーがすごい! 』大賞作家書き下ろしmagazine (別冊宝島)に「ケルベロスの肖像(抄)が掲載!  プチ感想はこちら  

「野性時代 第103号」で「輝天炎上」連載開始。  プチ感想はこちら 

「小説新潮 2012年 06月号」で短編「健康増進モデル事業」掲載。

「IN★POCKET 2012年 5月号」で短編「医療小説特集騒動記」掲載。

『このミステリーがすごい!』大賞作家書き下ろしBOOKで「チェ・ゲバラ、その生と死』という短文紀行文掲載。

小説新潮 2013年 06月号 [雑誌] で、短編「ガンコロリン騒動記」とエッセー「医療小説宣言」掲載。

【テレビドラマ化】このミステリーがすごい! 四つの謎  レビューはこちら 

小説 野性時代 第136号 (新野性時代) で短編「鉄仮面の微笑」掲載! レビューはこちら  

『このミステリーがすごい!』大賞作家 書き下ろしBOOK vol.8 で短編「発心のアリバイ」掲載!  レビューはこちら

『このミステリーがすごい!』大賞作家 書き下ろしBOOK vol.9 で短編「修行のタイムリミット」掲載! レビューはこちら! 

オール讀物 2015年 07 月号 [雑誌] で「私のテーマ曲」に登場。

『オール讀物 2015年 08 月号 』で「ポーラースター」連載開始!

10分間ミステリー THE BEST



本 その他書籍(小説以外)

死因不明社会 (ブルーバックス 1578)  レビューはこちら

100万人のオートプシー・イメージング(Ai)入門 海堂さんが本名で出版している本です。

外科医 須磨久善 レビューはこちら 

トリセツ・カラダ からだの説明書! レビューはこちら

ゴーゴーAi アカデミズム闘争4000日  レビューはこちら 

外科医 須磨久善 (講談社文庫)  

死因不明社会2 なぜAiが必要なのか (ブルーバックス) 

救命―東日本大震災、医師たちの奮闘 レビューはこちら 

医療防衛 なぜ日本医師会は闘うのか? レビューはこちら 

日本の医療 この人を見よ(海堂ラボ書籍) レビューはこちら

ほんとうの診断学: 「死因不明社会」を許さない (新潮選書)

日本の医療 この人が動かす 「海堂ラボ」vol.2 (PHP新書)

トリセツ・ヤマイ 

日本の医療 知られざる変革者たち 「海堂ラボ」vol.3 (PHP新書)  

救命: 東日本大震災、医師たちの奮闘 (新潮文庫)  

いまさらですが、無頼派宣言。 

死因不明社会2018






“海堂尊作品&関連商品リスト”の続きを読む>>
海堂尊-小説 | 2037-10-22(Thu) 22:05:15 | トラックバック:(1) | コメント:(1)

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 最終回第10話レビュー

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 最終回第10話レビュー


TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 最終回第10話  2018.6.24 OA

本 内容(TBS公式HPより抜粋)
倒れた佐伯教授(内野聖陽)の緊急手術を行った渡海(二宮和也)。しかしこれはあくまでも応急処置。渡海は、完治させるための再手術を行う条件として、自分が探している“飯沼達次”の居場所を明らかにすることを佐伯に求める。しかし佐伯は「命よりも大事なものがある」とそれを拒み、外科学会に出席するために無理を押して東京に向かう。
一方東城大では、美和(葵わかな)が藤原師長(神野三鈴)の命令で秘密裏に担当していたある患者の容体が急変する。それは高階(小泉孝太郎)や香織(加藤綾子)の知るところとなり・・・。そして、ブラックペアンの真実は渡海の手で白日の下にさらされる・・・。

 *以下は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。

救急車レビュー

最終回。
このドラマで初めて涙しました。
何回も。

ペアンがなぜ体内に残されたままだったのかという点は原作と同じでしたが
かなり心揺さぶる展開でした。
真実を知った渡海の表情、体全体から伝わる気持ち。
心臓が止まってしまった佐伯教授のもとへ行き
冷静に処置しながらも脈の戻ってこない佐伯教授に対し、皆に
「声かけてやれ」
といい、皆が必死に呼びかけ、渡海自身も
「戻ってこい」
というシーン。

佐伯教授の意識が戻った時そばにいた渡海との会話。
佐伯教授がなぜあんな風に渡海に接していたのかという思いがわかり
また涙。今回の内野さんの演技はすごかった。
さすが内野さん!!
それに対するニノの演技も。もはや渡海にしか見えないです。
佐伯教授のもとから去ろうとする渡海の言葉。

「そのままでいい。普通でいい。医者は患者のことだけを考えろ。救え、ただ人を救え、俺の尊敬する、尊敬する医者の言葉です。」

この言葉をきいた佐伯教授が涙を流すところでも
また私も涙。

最終的に渡海は東城大を去ってしまったのですが
その後の話で、渡海が受け取っていたお金は医療過誤で苦しむ人たちへ寄付されていたことがわかり
あぁやっぱりそういう使われ方だったと納得。
新たに入金があったという情報から、
どこかで渡海が今までと同じように、誰かの尻拭いでお金を受け取っていることも匂わせてましたね。
理事長になった佐伯教授はすぐに辞任してましたけど
それは、今回いろいろあって、後進の育成に力を入れようと決めたからなんでしょうかね。

あ、そうそう。理事長選といえば、
池永編集長の演説もよかったですねー。
変わらないのは、西崎教授だけ?

世良も成長しましたよね。
渡海の実家に行って、お母さんの話を聞き、渡海の部屋にある
膨大な数の外科結びを見て、
これだけの努力をしたからこそ今の渡海があることも
わかったでしょうね。

いやー、本当にとてもいい最終回でした!

今回、ドラマの公式サイトも良かったです。
山岸先生の解説もわかりやすく、最終回の解説やあとがきでは
ご自身のことも書かれていました。
この解説があったからこそ、このドラマの凄さ、役者さんたちの努力や凄さが伝わりました。

ドラマに関わった皆さん、ありがとうございました!
とてもいいドラマでした!

もう一度、原作も読もうっと!


TBS「ブラックペアン」公式サイトはこちら!



海堂尊-テレビドラマ | 2018-06-28(Thu) 11:32:53 | トラックバック:(0) | コメント:(5)

『死因不明社会2018 』  発売!



死因不明社会2018


文庫: 359ページ
出版社: 講談社 (2018/6/14)

●内容(「BOOK」データベースより)
解剖率は先進国中最低レベルという日本の状況を変えようと、Ai(死亡時画像診断)の導入を訴える著者が、ブルーバックス『死因不明社会』を刊行してから10年。その後Aiの理解と導入は進んだが、いまだ死因不明社会は解消されていない。その原因とは。文庫化に際し、この10年を振り返る新章を書き下ろし。


「死因不明社会2018」はこちら





海堂さんニュース | 2018-06-18(Mon) 15:28:37 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第9話レビュー

TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第9話レビュー


TBS日曜劇場 「ブラックペアン」 第9話  2018.6.17 OA

本 内容(TBS公式HPより抜粋)
佐伯教授(内野聖陽)が倒れた!検査の結果、心臓部に疾患が見つかる。早急に対応が必要だが、この難しいオペができるのは東城大では渡海(二宮和也)しかいない。そのころ、渡海はある患者を探して、さくら病院に乗り込んでいた。しかし目当ての患者はおらず、そのカギを握るのは佐伯のみ。渡海は佐伯を助けたあとに真の目的を達成する、と世良(竹内涼真)に宣言する。ところが、佐伯は渡海の執刀を拒み、国産の手術支援ロボット・カエサルでの手術を提案する。しかし帝華大の西崎教授(市川猿之助)の指示で、これまで蓄積されていたカエサルのデータはすべて持ち去られており、黒崎(橋本さとし)をはじめとする東城大のスタッフたちは暗中模索の日々を送ることに・・・。

 *以下は、基本的に管理人のネタバレメモです。お気を付け下さい。

救急車レビュー
今回の展開はすごかったですね!
渡海が佐伯教授を助けるだろうとは思ってましたが、まさか遠隔操作とは。
オペに立ち入らせないと言われて、医局からシミュレーター経由でオペ室のカエサルの遠隔操作をするなんて!
カエサル担当の高階が諦めた状況で、渡海が世良につながせて遠隔操作を行い、佐伯式をカエサルで行ってしまいました。
渡海は自らの手で手術するだけでなく、機械も操作マニュアルを見るだけで使えてしまうんですよ。
天才!

そして今回、世良が号泣する場面があるんですが、ここはねぇ、私もうるっときました!
世良の情けないけど真摯な姿勢に感動です。
真正面からの世良の思いが、池永編集長にも届きました。
その前に高階と西崎教授のやり取りを聞いていて、違和感を覚えていたこともあったんですが
論文の本来の目的を思い出してくれて良かったです。

さらに、今回おおっと思ったのが、佐伯教授の読みの鋭さです。
医局を観たいとカメラを設置させたんですが、それは
医局のみんなが佐伯教授の命を救うために一致団結しているところを観たかったわけでなく
オペ執刀や立ち入り禁止を命じられた渡海が、自分の命を救うためにカエサルの遠隔操作機能を使うだろうことを予測してのことでした。
その一部始終をカメラに収め、論文に添え、外科ジャーナルに掲載するという驚きの戦法に
インパクトファクターはもらった!勝った!と喜んでいた西崎教授も怒ってましたねぇ。
佐伯教授の方が何枚も上手でした。

飯沼達次さんのペアン置忘れ。
世良と花房が黒崎から話を聞き、とうとうクライマックスに近づいてきました。
予告で「地獄の扉を開けてしまったな」という佐伯教授の声がしたので
原作と同じ流れということもわかりましたね。

とうとう最終回です!


TBS「ブラックペアン」公式サイトはこちら!





海堂尊-テレビドラマ | 2018-06-18(Mon) 14:31:30 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

Copyright © 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
SEO対策: SEO対策:海堂尊 SEO対策:ドラマ SEO対策:小説